mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_skin_maya』

mentalray for Mayaのmisss_fast_skin_mayaは結構昔からあるけど、あんまりパラメータを理解してなかった。
最近良い参考サイトを見つけたので整理しておく。

misss_fast_skin_mayaはSpecular, Overall, Ambient, Diffuse, Epidermal, Subdermal, Backの7つのレイヤーで構成されている。
Epidermal, Subdermal, Backが肌の内部を表すパラメータとなる。

参考
『misss_fast_skin_maya』ノード その1
『misss_fast_skin_maya』ノード その2
『misss_fast_skin_maya』ノード その3


スポンサーリンク

アルゴリズムについてはこの本。


スポンサーリンク

肌のチュートリアル動画







スポンサーリンク

関連記事

ZScript
Adobe Photoshop CS5の新機能
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
UnityでARKit2.0
Unityの薄い本
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
3DCG Meetup #4に行ってきた
PolyPaint
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Ambient Occlusionを解析的に求める
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush 2018へのアップグレード
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
自前Shaderの件 解決しました
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
注文してた本が届いた
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Mayaのレンダリング アトリビュート
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
自前のShaderがおかしい件
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Raytracing Wiki
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
AfterEffectsプラグイン開発
ラクガキの立体化 反省
タマムシっぽい質感

コメント