Kinect for Windows V2のプレオーダー開始

Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まった。
Kinect for Windows v2 センサーとKinect for Windows SDK v2 のパブリックベータは7月にリリース。
ただし、日本でのプレオーダー開始は未定。

Screenshot of www.microsoft.com

日本での発売価格はすでに決まっていて、19,953円らしい。現行のKinect for Windowsより安い。
追記:日本発売価格が白紙になったw

Developer Preview版ではすでにUnityプラグインのサンプルも公開されている。こいつはColor画像、Depth画像、骨格座標がUnityから手軽に取得できるようにKinect SDKをラップしてある。


スポンサーリンク

最近の実感として、Leap MotionとかOculus Riftみたいに、デバイスメーカーが公式にUnityプラグインを用意するケースが増えてきている。メーカー公式に限らず、Unity Asset Storeでは、世界中の開発者が色々なデバイスのSDKをUnity用にラップしたプラグインを販売している。
よほどトリッキーな使い方をしない限り、開発者が低レベルな層をいじらなきゃいけない局面が減ってきていて、開発スピードがどんどん速くなっている。イマジネーションをダイレクトに発揮できる環境がどんどん整いつつあるね。

参考:Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まりました


スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
今年もSSII
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
OpenCV
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Arduinoで人感センサーを使う
ポイントクラウドコンソーシアム
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Active Appearance Models(AAM)
Raspberry PiでIoTごっこ
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Unityからkonashiをコントロールする
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...

コメント