Kinect for Windows V2のプレオーダー開始

Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まった。
Kinect for Windows v2 センサーとKinect for Windows SDK v2 のパブリックベータは7月にリリース。
ただし、日本でのプレオーダー開始は未定。

Screenshot of www.microsoft.com

日本での発売価格はすでに決まっていて、19,953円らしい。現行のKinect for Windowsより安い。
追記:日本発売価格が白紙になったw

Developer Preview版ではすでにUnityプラグインのサンプルも公開されている。こいつはColor画像、Depth画像、骨格座標がUnityから手軽に取得できるようにKinect SDKをラップしてある。


スポンサーリンク

最近の実感として、Leap MotionとかOculus Riftみたいに、デバイスメーカーが公式にUnityプラグインを用意するケースが増えてきている。メーカー公式に限らず、Unity Asset Storeでは、世界中の開発者が色々なデバイスのSDKをUnity用にラップしたプラグインを販売している。
よほどトリッキーな使い方をしない限り、開発者が低レベルな層をいじらなきゃいけない局面が減ってきていて、開発スピードがどんどん速くなっている。イマジネーションをダイレクトに発揮できる環境がどんどん整いつつあるね。

参考:Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まりました


スポンサーリンク

関連記事

CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
今年もSSII
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
PCA (主成分分析)
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Arduinoで人感センサーを使う
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Paul Debevec
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
ポイントクラウドコンソーシアム
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Photogrammetry (写真測量法)
Adobe MAX 2015

コメント