Kinect for Windows V2のプレオーダー開始

Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まった。
Kinect for Windows v2 センサーとKinect for Windows SDK v2 のパブリックベータは7月にリリース。
ただし、日本でのプレオーダー開始は未定。

Screenshot of www.microsoft.com

日本での発売価格はすでに決まっていて、19,953円らしい。現行のKinect for Windowsより安い。
追記:日本発売価格が白紙になったw

Developer Preview版ではすでにUnityプラグインのサンプルも公開されている。こいつはColor画像、Depth画像、骨格座標がUnityから手軽に取得できるようにKinect SDKをラップしてある。


スポンサーリンク

最近の実感として、Leap MotionとかOculus Riftみたいに、デバイスメーカーが公式にUnityプラグインを用意するケースが増えてきている。メーカー公式に限らず、Unity Asset Storeでは、世界中の開発者が色々なデバイスのSDKをUnity用にラップしたプラグインを販売している。
よほどトリッキーな使い方をしない限り、開発者が低レベルな層をいじらなきゃいけない局面が減ってきていて、開発スピードがどんどん速くなっている。イマジネーションをダイレクトに発揮できる環境がどんどん整いつつあるね。

参考:Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まりました


スポンサーリンク

関連記事

Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
UnityのuGUIチュートリアル
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
コンピュータビジョンの技術マップ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ポイントクラウドコンソーシアム
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
ミニ四駆で電子工作
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
インターフェイスは世界を規定する
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
OpenGVのライブラリ構成
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法

コメント