Kinect for Windows V2のプレオーダー開始

Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まった。
Kinect for Windows v2 センサーとKinect for Windows SDK v2 のパブリックベータは7月にリリース。
ただし、日本でのプレオーダー開始は未定。

Screenshot of www.microsoft.com

日本での発売価格はすでに決まっていて、19,953円らしい。現行のKinect for Windowsより安い。
追記:日本発売価格が白紙になったw

Developer Preview版ではすでにUnityプラグインのサンプルも公開されている。こいつはColor画像、Depth画像、骨格座標がUnityから手軽に取得できるようにKinect SDKをラップしてある。


スポンサーリンク

最近の実感として、Leap MotionとかOculus Riftみたいに、デバイスメーカーが公式にUnityプラグインを用意するケースが増えてきている。メーカー公式に限らず、Unity Asset Storeでは、世界中の開発者が色々なデバイスのSDKをUnity用にラップしたプラグインを販売している。
よほどトリッキーな使い方をしない限り、開発者が低レベルな層をいじらなきゃいけない局面が減ってきていて、開発スピードがどんどん速くなっている。イマジネーションをダイレクトに発揮できる環境がどんどん整いつつあるね。

参考:Kinect for Windows v2のプレオーダーが始まりました


スポンサーリンク

関連記事

人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenGVのライブラリ構成
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Paul Debevec
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
MeshroomでPhotogrammetry
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
東京オリンピックと案内表示
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
統計的な顔モデル
ポイントクラウドコンソーシアム
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
シフトカーを改造してラジコン化する人達
Active Appearance Models(AAM)
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ニューラルネットワークで画像分類
Adobe MAX 2015
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

コメント