Mayaのプラグイン開発

Mayaのプラグイン開発を学び始めたのは、修士論文がきっかけだった。
研究テーマは自分で決めたわけだけど、やたらと壮大な妄想を描いて、モデリング・アニメーション・レンダリング全てが実装されていないと実証できない内容だった。もちろん全て自分で実装する時間もスキルも全く持ち合わせていなかった。(当時そこで諦めなかったのはちょっとエライというか、無謀だったと思う)。
そこで、身近な統合CG制作ツールの力を借りようと思った。


スポンサーリンク


この本を買った↓



サンプルコードのページ

この書籍は英語版だと第2巻も出版されている。



それまではJavaを使ってレンダラを書いていてC++も初めてだったので、まず、本に載っているサンプルコードが読めなかった。C++の入門書を買って、短いサンプルを読むところから始めた。

サンプルコードをいじって、だんだんプラグインのお作法が分かってきたところで、もともと専門だったレンダリング関係のプラグインを書こうと思い、Shaderを作ってみた。Maya標準レンダラには無い、Cook Torranceモデルを実装したShader。当時としてはまだ珍しいフルHD解像度でYouTubeにアップしてみた。↓


スポンサーリンク

その時書いたコードはあんまりキレイじゃないけど、とりあえずGitHubに上げておく。

書籍はもう絶版になっちゃったけど、最近はネット上でMayaプラグイン開発に関する日本語の情報が結構手に入る。デジタルフロンティアさんのブログ記事が参考になるかも。
はじめてC++で書くMayaプラグイン

2014 6/23追記:
この書籍にShaderの書き方は載っていません。書籍はMayaのソフトウェア構造の解説がメインで、コマンド・ノードPluginの例が載っている。ノードPluginのお作法が解ると、応用でShaderノードも書けるようになるという話。
今時Maya Rendererはあんまり使わないんで、実用目的のShaderならmentalrayとかで実装した方が良いです。


スポンサーリンク

関連記事

ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ファンの力
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OANDAのfxTrade API
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushCore
手を動かしながら学ぶデータマイニング
この本読むよ
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenCV
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
『ピクサー展』へ行ってきた
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Google Chromecast
Mayaのレンダリング アトリビュート
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Google App EngineでWordPress
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
clearcoat Shader
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
UnityでARKit2.0
PolyPaint
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』

コメント