Mayaのプラグイン開発

Mayaのプラグイン開発を学び始めたのは、修士論文がきっかけだった。
研究テーマは自分で決めたわけだけど、やたらと壮大な妄想を描いて、モデリング・アニメーション・レンダリング全てが実装されていないと実証できない内容だった。もちろん全て自分で実装する時間もスキルも全く持ち合わせていなかった。(当時そこで諦めなかったのはちょっとエライというか、無謀だったと思う)。
そこで、身近な統合CG制作ツールの力を借りようと思った。


スポンサーリンク


この本を買った↓



サンプルコードのページ

この書籍は英語版だと第2巻も出版されている。



それまではJavaを使ってレンダラを書いていてC++も初めてだったので、まず、本に載っているサンプルコードが読めなかった。C++の入門書を買って、短いサンプルを読むところから始めた。

サンプルコードをいじって、だんだんプラグインのお作法が分かってきたところで、もともと専門だったレンダリング関係のプラグインを書こうと思い、Shaderを作ってみた。Maya標準レンダラには無い、Cook Torranceモデルを実装したShader。当時としてはまだ珍しいフルHD解像度でYouTubeにアップしてみた。↓


スポンサーリンク

その時書いたコードはあんまりキレイじゃないけど、とりあえずGitHubに上げておく。

書籍はもう絶版になっちゃったけど、最近はネット上でMayaプラグイン開発に関する日本語の情報が結構手に入る。デジタルフロンティアさんのブログ記事が参考になるかも。
はじめてC++で書くMayaプラグイン

2014 6/23追記:
この書籍にShaderの書き方は載っていません。書籍はMayaのソフトウェア構造の解説がメインで、コマンド・ノードPluginの例が載っている。ノードPluginのお作法が解ると、応用でShaderノードも書けるようになるという話。
今時Maya Rendererはあんまり使わないんで、実用目的のShaderならmentalrayとかで実装した方が良いです。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでARKit2.0
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
OpenCVで動画の手振れ補正
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
HD画質の無駄遣い
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Paul Debevec
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ROSの薄い本
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
テスト
CEDEC 3日目
Stanford Bunny
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
注文してた本が届いた
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
UnityでLight Shaftを表現する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
タダでRenderManを体験する方法
機械学習手法『Random Forest』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
天体写真の3D動画
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
自前Shaderの件 解決しました
ディープラーニング
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ゴジラ(2014)のメイキング
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
NICOGRAPHって有名?
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!

コメント