ゴジラ(2014)のメイキング

またゴジラネタですが。YouTubeにメイキングが公開されている。


スポンサーリンク
Godzilla: Creating the Animalistic and Masculine Kaiju Monster-Design FX-WIRED

メイキング動画は他にもたくさん公開されているけど、まだゴジラの姿が出てくるものがほとんど無い。コンポジットのブレイクダウン的なのがあるのはこれぐらいだった。
キャラクターの姿がコンピュータ上で作られてるから仕方ないね。完成形を知らずにCG制作の途中経過見せられても動画として映えないし。


スポンサーリンク


パシフィックリムでもそうだったけど、怪獣の表現手段が着ぐるみじゃなくてCGになると世間的には味気なく見えるのかな。特撮のメインがCGに移ってから、ミニチュア並べてそうな手作り感というか、箱庭感が失われて見えてしまうのは理解できるんだよね。頑張れば真似できそうな、少年の工作の延長ような感覚。
映像の専門家でもない限り、どうやって作っているのか想像できなくなってきた。本来それで良いと思うんだが、「温もりが無い」とか「伝統が失われた」とか言わる一因にもなってそう。

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushのお勉強
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
映像ビジネスの未来
ZBrush 2018へのアップグレード
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
TVML (TV program Making language)
今年も怪獣大進撃
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
ZBrushで基本となるブラシ
日本でMakersは普及するだろうか?
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ラクガキの立体化 モールドの追加
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
映画『破裏拳ポリマー』を観た
映画『この世界の片隅に』を観た
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
clearcoat Shader
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
ファンの力
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ゴジラのガレージキットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
なんかすごいサイト
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理

コメント