ゴジラ(2014)のメイキング

またゴジラネタですが。YouTubeにメイキングが公開されている。


スポンサーリンク
Godzilla: Creating the Animalistic and Masculine Kaiju Monster-Design FX-WIRED

メイキング動画は他にもたくさん公開されているけど、まだゴジラの姿が出てくるものがほとんど無い。コンポジットのブレイクダウン的なのがあるのはこれぐらいだった。
キャラクターの姿がコンピュータ上で作られてるから仕方ないね。完成形を知らずにCG制作の途中経過見せられても動画として映えないし。


スポンサーリンク


パシフィックリムでもそうだったけど、怪獣の表現手段が着ぐるみじゃなくてCGになると世間的には味気なく見えるのかな。特撮のメインがCGに移ってから、ミニチュア並べてそうな手作り感というか、箱庭感が失われて見えてしまうのは理解できるんだよね。頑張れば真似できそうな、少年の工作の延長ような感覚。
映像の専門家でもない限り、どうやって作っているのか想像できなくなってきた。本来それで良いと思うんだが、「温もりが無い」とか「伝統が失われた」とか言わる一因にもなってそう。

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
SIGGRAPH ASIAのマスコット
生物の骨格
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
立体視を試してみた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ラクガキの立体化 目標設定
2018年 観に行った映画振り返り
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
CEDEC 3日目
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ゴジラの日
Ambient Occlusionを解析的に求める
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
ZBrush 4R8 リリース!
CreativeCOW.net
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
MFnDataとMFnAttribute
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』

コメント