Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

以前OpenCVで動画の手振れ補正をするソースコードを見たけど、
https://blog.negativemind.com/2014/06/05/opencv%E3%81%A7%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%AE%E6%89%8B%E6%8C%AF%E3%82%8C%E8%A3%9C%E6%AD%A3/

ソフトウェア処理による手振れ補正機能なんてものは、当然Adobeのツールにも実装されているわけです。
Adobe Premiere ProとAdobe AfterEffectsでは、手振れ補正機能がワープスタビライザーという名前のエフェクトとして搭載されているので、手軽に試すことができる。

そんで、Adobe公式のFocus In BlogでAfterEffectsのワープスタビライザー機能の解説記事を見つけた↓
https://blogs.adobe.com/creativestation/warp_stabilizer


スポンサーリンク

Adobe After Effects CS5.5の新機能「ワープスタビライザー」は、強力な手ぶれ補正機能が簡単に利用できるということで発表当初から高い評価をいただいています。このワープスタビライザーの機能の裏側で何が行われているのでしょうか??


スポンサーリンク

素材動画

特徴点のトラッキング

手振れ補正結果

古い手法での手振れ補正結果


スポンサーリンク

関連記事

スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
顔画像処理技術の過去の研究
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Active Appearance Models(AAM)
OpenCV
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
海外ドラマのChromaKey
PCA (主成分分析)
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
3D復元技術の情報リンク集
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
CGのためのディープラーニング
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ディープラーニング
MeshroomでPhotogrammetry
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
今年もSSII
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ

コメント