Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

以前OpenCVで動画の手振れ補正をするソースコードを見たけど、
https://blog.negativemind.com/2014/06/05/opencv%E3%81%A7%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%AE%E6%89%8B%E6%8C%AF%E3%82%8C%E8%A3%9C%E6%AD%A3/

ソフトウェア処理による手振れ補正機能なんてものは、当然Adobeのツールにも実装されているわけです。
Adobe Premiere ProとAdobe AfterEffectsでは、手振れ補正機能がワープスタビライザーという名前のエフェクトとして搭載されているので、手軽に試すことができる。

そんで、Adobe公式のFocus In BlogでAfterEffectsのワープスタビライザー機能の解説記事を見つけた↓
https://blogs.adobe.com/creativestation/warp_stabilizer

Adobe After Effects CS5.5の新機能「ワープスタビライザー」は、強力な手ぶれ補正機能が簡単に利用できるということで発表当初から高い評価をいただいています。このワープスタビライザーの機能の裏側で何が行われているのでしょうか??


スポンサーリンク


スポンサーリンク

素材動画

特徴点のトラッキング

手振れ補正結果

古い手法での手振れ補正結果


スポンサーリンク

関連記事

海外ドラマのChromaKey
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
統計的な顔モデル
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCV
今年もSSII
機械学習について最近知った情報
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
Photogrammetry (写真測量法)
MeshroomでPhotogrammetry
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
3D復元技術の情報リンク集
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ディープラーニング
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ポイントクラウドコンソーシアム
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ

コメント