Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

以前OpenCVで動画の手振れ補正をするソースコードを見たけど、
https://blog.negativemind.com/2014/06/05/opencv%E3%81%A7%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%AE%E6%89%8B%E6%8C%AF%E3%82%8C%E8%A3%9C%E6%AD%A3/

ソフトウェア処理による手振れ補正機能なんてものは、当然Adobeのツールにも実装されているわけです。
Adobe Premiere ProとAdobe AfterEffectsでは、手振れ補正機能がワープスタビライザーという名前のエフェクトとして搭載されているので、手軽に試すことができる。

そんで、Adobe公式のFocus In BlogでAfterEffectsのワープスタビライザー機能の解説記事を見つけた↓
https://blogs.adobe.com/creativestation/warp_stabilizer

Adobe After Effects CS5.5の新機能「ワープスタビライザー」は、強力な手ぶれ補正機能が簡単に利用できるということで発表当初から高い評価をいただいています。このワープスタビライザーの機能の裏側で何が行われているのでしょうか??


スポンサーリンク


スポンサーリンク

素材動画

特徴点のトラッキング

手振れ補正結果

古い手法での手振れ補正結果


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ディープラーニング
OpenGVの用語
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
PCA (主成分分析)
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Adobe MAX 2015
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ポイントクラウドコンソーシアム
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
OpenCV
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ニューラルネットワークと深層学習
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
海外ドラマのChromaKey
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Pix2Pix:CGANによる画像変換
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVで顔のモーフィングを実装する

コメント