Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

以前OpenCVで動画の手振れ補正をするソースコードを見たけど、



ソフトウェア処理による手振れ補正機能なんてものは、当然Adobeのツールにも実装されているわけです。
Adobe Premiere ProとAdobe AfterEffectsでは、手振れ補正機能がワープスタビライザーという名前のエフェクトとして搭載されているので、手軽に試すことができる。

そんで、Adobe公式のFocus In BlogでAfterEffectsのワープスタビライザー機能の解説記事を見つけた↓
https://blogs.adobe.com/creativestation/warp_stabilizer


スポンサーリンク

Adobe After Effects CS5.5の新機能「ワープスタビライザー」は、強力な手ぶれ補正機能が簡単に利用できるということで発表当初から高い評価をいただいています。このワープスタビライザーの機能の裏側で何が行われているのでしょうか??


スポンサーリンク

素材動画

特徴点のトラッキング

手振れ補正結果

古い手法での手振れ補正結果


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Active Appearance Models(AAM)
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
GoogleのDeep Learning論文
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ニューラルネットワークで画像分類
Adobe MAX 2015
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
MeshroomでPhotogrammetry
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ディープラーニング
続・ディープラーニングの資料
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Paul Debevec
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た

コメント