Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

以前OpenCVで動画の手振れ補正をするソースコードを見たけど、



ソフトウェア処理による手振れ補正機能なんてものは、当然Adobeのツールにも実装されているわけです。
Adobe Premiere ProとAdobe AfterEffectsでは、手振れ補正機能がワープスタビライザーという名前のエフェクトとして搭載されているので、手軽に試すことができる。

そんで、Adobe公式のFocus In BlogでAfterEffectsのワープスタビライザー機能の解説記事を見つけた↓
https://blogs.adobe.com/creativestation/warp_stabilizer


スポンサーリンク

Adobe After Effects CS5.5の新機能「ワープスタビライザー」は、強力な手ぶれ補正機能が簡単に利用できるということで発表当初から高い評価をいただいています。このワープスタビライザーの機能の裏側で何が行われているのでしょうか??


スポンサーリンク

素材動画

特徴点のトラッキング

手振れ補正結果

古い手法での手振れ補正結果


スポンサーリンク

関連記事

CGのためのディープラーニング
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
OpenCV
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
今年もSSII
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Adobe MAX 2015
PCA (主成分分析)
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Active Appearance Models(AAM)
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ポイントクラウドコンソーシアム
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
ニューラルネットワークで画像分類
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Paul Debevec
AfterEffectsプラグイン開発

コメント