Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

以前OpenCVで動画の手振れ補正をするソースコードを見たけど、
https://blog.negativemind.com/2014/06/05/opencv%E3%81%A7%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%AE%E6%89%8B%E6%8C%AF%E3%82%8C%E8%A3%9C%E6%AD%A3/

ソフトウェア処理による手振れ補正機能なんてものは、当然Adobeのツールにも実装されているわけです。
Adobe Premiere ProとAdobe AfterEffectsでは、手振れ補正機能がワープスタビライザーという名前のエフェクトとして搭載されているので、手軽に試すことができる。

そんで、Adobe公式のFocus In BlogでAfterEffectsのワープスタビライザー機能の解説記事を見つけた↓
https://blogs.adobe.com/creativestation/warp_stabilizer

Adobe After Effects CS5.5の新機能「ワープスタビライザー」は、強力な手ぶれ補正機能が簡単に利用できるということで発表当初から高い評価をいただいています。このワープスタビライザーの機能の裏側で何が行われているのでしょうか??


スポンサーリンク


スポンサーリンク

素材動画

特徴点のトラッキング

手振れ補正結果

古い手法での手振れ補正結果


スポンサーリンク

関連記事

Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Adobe MAX 2015
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Active Appearance Models(AAM)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
CGのためのディープラーニング
ポイントクラウドコンソーシアム
続・ディープラーニングの資料
ディープラーニング
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
AfterEffectsプラグイン開発
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
顔画像処理技術の過去の研究
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
PCA (主成分分析)
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する

コメント