大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』

プレミアムバンダイコンプリート セレクション モディフィケーション ディケイドライバーの予約受付が開始された。予約受付期間は2014年10月24日 11時~2015年1月6日 23時。
別売で対応カードも出るらしい。→コンプリート セレクション モディフィケーション ライダーカード
大人用の変身ベルトって、もうファイズの頃からあるんだけど、最近はオイラ自身が大人な金額に手が出せるようになってきたので、急に身近な存在になった。

もともと、ディケイド放送当時もすでに子供用の玩具がかなり洗練されていたのだけど。




スポンサーリンク


そういえば、このブログでは仮面ライダーについてあんまり書いてなかったけど、オイラ、平成ライダーはクウガから現在のドライブまで欠かさず見続けてる。
ディケイドが放送されていた頃、オイラは大学生だったけど、当時子供向けに販売されていたDXディケイドライバーを購入して学校に持って行った記憶がある。研究室でカメンライドしてたら教授が部屋に入ってきた。。。
主題歌もサントラも買って、ライドブッカーとかケータッチの玩具も買ったな。今回の大人用はライドブッカー無しなのかな?

当時はまだ平成ライダーがそれぞれ独立した世界観で、それぞれが共演するディケイドは結構衝撃的だった。そして、HD画質でクウガの姿が放送されたのはちょっと感慨深いものがあった。クウガ放送当時は「ハイビジョン撮影」ってふれこみで、放送はSD画質だったんだよね。
「大体分かった」でそれぞれのライダーの世界を巡るディケイド=門矢士は破壊力抜群だった。4月の映画ではまたメインで出てきたしね。

これは、注文してしまうなぁ。

https://www.youtube.com/watch?v=9rox1t94eDg

ところで、劇中での「音撃棒 烈火」の音声ってこんなにテンション高かったっけ?

12/2追記:後編が公開された。

https://www.youtube.com/watch?v=wzx1qf2Q-0k

結局オイラは3月発送分を予約したのでした。


スポンサーリンク

関連記事

プログラマブルなドローン『Phenox』
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
2016年の振り返り
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
ガワコス
シフトカーを改造する人達
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ブログをWordpressに引っ越して1周年
文献管理ツール『ReadCube』
深海魚
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
Profilograph
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
最高にカッコイイガラス細工
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
ぼくたちのトクサツ!
まだまだ続く空想科学読本
サンダーバード ARE GO
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Arduinoで人感センサーを使う
『さらば あぶない刑事』を観た
『ヒカリ展』に行ってきた
統計学に入門したい
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
甲虫の色とか
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工

コメント