オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』

結構、情報の可視化ってバカにならないと思う。適切に可視化して眺めることで新たな洞察が得られるし、上手く可視化することで物事が円滑に進んだりする。IT系のデスマーチ開発的な闇の大半は可視化で片付くんじゃないかと思っているぐらい。

暇なのでこういう本を読んだりもした。

情報を見える形にする技術 [情報可視化概論]

そして、Qittaを見てたらCytoscapeというものを見つけたのです。


スポンサーリンク

ネットワーク可視化プラットフォームCytoscapeの現状まとめ

Cytoscapeとは、欧米の研究機関によって開発されているオープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォームです。ネットワーク(数学の用語ではグラフ)可視化ソフトウェアとは、要するにデータを分析して、最終的には以下の様な描画を行うものです。

米国で開発に携わっているkeionoさんという方がQiitaに記事を投稿していて、すごくしっかりと記事にまとめている。


スポンサーリンク

Cytoscapeやネットワーク解析・可視化に関する情報の集め方

プログラマーが効果的な可視化を作成する (前編)
プログラマーが効果的な可視化を作成する (中編)

使用例として鉄道路線データを可視化するチュートリアル(?)を同じ方が投稿している。
鉄道路線データをグラフとしてCytoscapeで可視化する 1
鉄道路線データをグラフとしてCytoscapeで可視化する 2
鉄道路線データをグラフとしてCytoscapeで可視化する 3

keionoさんの過去のスライドとか。


スポンサーリンク

関連記事

PythonでBlenderのAdd-on開発
CreativeCOW.net
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
新年の衝動買い
OpenMayaのPhongShaderクラス
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
まだまだ続く空想科学読本
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Raytracing Wiki
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
UnityでARKit2.0
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushのお勉強
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
顔モデリングのチュートリアル
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
なんかすごいサイト
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
NICOGRAPHって有名?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
深海魚
Pix2Pix:CGANによる画像変換
素敵なパーティクル
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
マイケル・ベイの動画の感覚
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
CGのためのディープラーニング

コメント