オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』

結構、情報の可視化ってバカにならないと思う。適切に可視化して眺めることで新たな洞察が得られるし、上手く可視化することで物事が円滑に進んだりする。IT系のデスマーチ開発的な闇の大半は可視化で片付くんじゃないかと思っているぐらい。

暇なのでこういう本を読んだりもした。

情報を見える形にする技術 [情報可視化概論]

そして、Qittaを見てたらCytoscapeというものを見つけたのです。


スポンサーリンク

ネットワーク可視化プラットフォームCytoscapeの現状まとめ

Cytoscapeとは、欧米の研究機関によって開発されているオープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォームです。ネットワーク(数学の用語ではグラフ)可視化ソフトウェアとは、要するにデータを分析して、最終的には以下の様な描画を行うものです。

米国で開発に携わっているkeionoさんという方がQiitaに記事を投稿していて、すごくしっかりと記事にまとめている。


スポンサーリンク

Cytoscapeやネットワーク解析・可視化に関する情報の集め方

プログラマーが効果的な可視化を作成する (前編)
プログラマーが効果的な可視化を作成する (中編)

使用例として鉄道路線データを可視化するチュートリアル(?)を同じ方が投稿している。
鉄道路線データをグラフとしてCytoscapeで可視化する 1
鉄道路線データをグラフとしてCytoscapeで可視化する 2
鉄道路線データをグラフとしてCytoscapeで可視化する 3

keionoさんの過去のスライドとか。


スポンサーリンク

関連記事

Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Raytracing Wiki
甲虫の色とか
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
顔のモデリング
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Blender 2.8がついに正式リリース!
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
シン・ゴジラのファンアート
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
デザインのリファイン再び
ZBrushのUV MasterでUV展開
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ミニ四駆で電子工作
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
CreativeCOW.net
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
透明標本
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
タマムシ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
生物の骨格
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
クライマックスヒーローズ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ

コメント