PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る

以前、C++でLocatorノードやShaderノードを作ったことはあったけど、C++はビルドの依存関係が結構面倒。もっと手軽に作りたくて、最近はPythonで書く方法を調べてる。
プラグイン開発の大枠はすでに理解してるんで、まあ、できるだろうと。書籍Maya Python 完全リファレンスも出てるし。

とりあえずロケーター作成の記事を見てみたら、やっぱり全体像はC++と同じみたい。
pythonを使ったmayaプラグインの作り方 -Locatorノード編-

そんで、MayaPython APIはバージョン1.0と2.0があることを知った。2.0はMaya 2012から使えるようになったらしい。
大きな違いはOpenMaya周りっぽい。→Maya Python API 2.0 Reference


スポンサーリンク



今回はShapeノードを作ってみたいんだけど、公開されているサンプルコードはAPI 1.0で書かれていたので、それに倣って今回はAPI 1.0で作ることにする。
ShapeノードのPythonサンプルコードは以下2つ。(C++のリファレンスに混じってて見つけにくい)
scripted/basicShape.py
scripted/instanceShape.py

さて、試しにこれらのサンプルをロードしてみると、一応Shapeノードとしてロードされるが、compute関数が空なので、ジオメトリはビューポート上に表示されるだけでレンダラには渡されない。つまり、Locatorと大差ないってこと。
全てのMayaノードはcompute関数を心臓部としていて、ここでoutputとなる情報を生成して出力のプラグに繋いでやる必要がある。Shaderの場合は、この出力がレンダラに渡す色になるわけ。
ということで、ちゃんとShapeノードとして機能させるには、ジオメトリのoutputアトリビュートを作ってcompute関数で値を生成してやる必要がある。
ここで参考になるのはC++の方のShapeノードのサンプル。apiMeshShape/~で始まるサンプルコードね。
apiMeshShape/apiMeshShape.h
apiMeshShape/apiMeshShape.cpp
apiMeshShape/apiMeshShapeUI.h
apiMeshShape/apiMeshShapeUI.cpp
apiMeshShape/apiMeshData.h
apiMeshShape/apiMeshData.cpp
apiMeshShape/apiMeshGeom.h
apiMeshShape/apiMeshGeom.cpp
apiMeshShape/api_macros.h
apiMeshShape/apiMeshCreator.h
apiMeshShape/apiMeshCreator.cpp
apiMeshShape/apiMeshGeometryOverride.h
apiMeshShape/apiMeshGeometryOverride.cpp
apiMeshShape/apiMeshIterator.h
apiMeshShape/apiMeshIterator.cpp
apiMeshShape/apiMeshSubSceneOverride.h
apiMeshShape/apiMeshSubSceneOverride.cpp

結局C++を読む羽目になってるけど気にしない。
今日はここまで。

ところで、この手の書籍って何でノードよりもコマンドプラグインの解説が充実してるんだろう。

Maya Python 完全リファレンス (Maya Python for Games and Film)


スポンサーリンク


Also published on Medium.