PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る

以前、C++でLocatorノードやShaderノードを作ったことはあったけど、C++はビルドの依存関係が結構面倒。もっと手軽に作りたくて、最近はPythonで書く方法を調べてる。
プラグイン開発の大枠はすでに理解してるんで、まあ、できるだろうと。書籍Maya Python 完全リファレンスも出てるし。

とりあえずロケーター作成の記事を見てみたら、やっぱり全体像はC++と同じみたい。
https://dftalk.jp/?p=3175

そんで、MayaのPython APIはバージョン1.0と2.0があることを知った。2.0はMaya 2012から使えるようになったらしい。
大きな違いはOpenMaya周りっぽい。→Maya Python API 2.0 Reference


スポンサーリンク


今回はShapeノードを作ってみたいんだけど、公開されているサンプルコードはAPI 1.0で書かれていたので、それに倣って今回はAPI 1.0で作ることにする。
ShapeノードのPythonサンプルコードは以下2つ。(C++のリファレンスに混じってて見つけにくい)

さて、試しにこれらのサンプルをロードしてみると、一応Shapeノードとしてロードされるが、compute関数が空なので、ジオメトリはビューポート上に表示されるだけでレンダラには渡されない。つまり、Locatorと大差ないってこと。
全てのMayaノードはcompute関数を心臓部としていて、ここでoutputとなる情報を生成して出力のプラグに繋いでやる必要がある。Shaderの場合は、この出力がレンダラに渡す色になるわけ。
ということで、ちゃんとShapeノードとして機能させるには、ジオメトリのoutputアトリビュートを作ってcompute関数で値を生成してやる必要がある。
ここで参考になるのはC++の方のShapeノードのサンプル。apiMeshShape/~で始まるサンプルコードね。


スポンサーリンク

結局C++を読む羽目になってるけど気にしない。
今日はここまで。

ところで、この手の書籍って何でノードよりもコマンドプラグインの解説が充実してるんだろう。

Maya Python 完全リファレンス (Maya Python for Games and Film)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのUV MasterでUV展開
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Houdiniのライセンスの種類
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ZBrushでカスタムUIを設定する
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Raytracing Wiki
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Maya API Reference
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Raspberry PiでIoTごっこ
OpenGVの用語
日本でMakersは普及するだろうか?
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
HerokuでMEAN stack
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
『ピクサー展』へ行ってきた
UnityのGlobal Illumination
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ガメラ生誕50周年
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
UnityでOpenCVを使うには?
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』

コメント