PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る

以前、C++でLocatorノードやShaderノードを作ったことはあったけど、C++はビルドの依存関係が結構面倒。もっと手軽に作りたくて、最近はPythonで書く方法を調べてる。
プラグイン開発の大枠はすでに理解してるんで、まあ、できるだろうと。書籍Maya Python 完全リファレンスも出てるし。

とりあえずロケーター作成の記事を見てみたら、やっぱり全体像はC++と同じみたい。
https://dftalk.jp/?p=3175

そんで、MayaのPython APIはバージョン1.0と2.0があることを知った。2.0はMaya 2012から使えるようになったらしい。
大きな違いはOpenMaya周りっぽい。→Maya Python API 2.0 Reference


スポンサーリンク


今回はShapeノードを作ってみたいんだけど、公開されているサンプルコードはAPI 1.0で書かれていたので、それに倣って今回はAPI 1.0で作ることにする。
ShapeノードのPythonサンプルコードは以下2つ。(C++のリファレンスに混じってて見つけにくい)

さて、試しにこれらのサンプルをロードしてみると、一応Shapeノードとしてロードされるが、compute関数が空なので、ジオメトリはビューポート上に表示されるだけでレンダラには渡されない。つまり、Locatorと大差ないってこと。
全てのMayaノードはcompute関数を心臓部としていて、ここでoutputとなる情報を生成して出力のプラグに繋いでやる必要がある。Shaderの場合は、この出力がレンダラに渡す色になるわけ。
ということで、ちゃんとShapeノードとして機能させるには、ジオメトリのoutputアトリビュートを作ってcompute関数で値を生成してやる必要がある。
ここで参考になるのはC++の方のShapeノードのサンプル。apiMeshShape/~で始まるサンプルコードね。


スポンサーリンク

結局C++を読む羽目になってるけど気にしない。
今日はここまで。

ところで、この手の書籍って何でノードよりもコマンドプラグインの解説が充実してるんだろう。

Maya Python 完全リファレンス (Maya Python for Games and Film)


スポンサーリンク

関連記事

pythonもかじってみようかと
マイケル・ベイの動画の感覚
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
WordPressプラグインの作り方
Raspberry Pi
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
機械学習手法『Random Forest』
SIGGRAPH Asia
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
iPhone欲しいなぁ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Unreal Engineの薄い本
ZBrushCore
ゴジラ三昧
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
HD画質の無駄遣い
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
服飾デザインツール『CLO』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
生物の骨格
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
WinSCP
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング

コメント