顔画像処理技術の過去の研究

最近、コンピュータビジョンの歴史を追いかけています。KinectとかIntel Real Senseでも当然のようにSDKに搭載されている顔認識系技術だけど、そのバックグラウンドを知りたいのだ。

2009年までのまとめ↓
顔画像処理技術の研究動向と応用事例

顔画像処理技術

顔検出

画像の中から漏れなく誤りなくリアルタイムで顔の位置を検出する技術。動画処理時にはトラッキングも必要。
ViolaとJonesによるHaarタイプの特徴量を用いた高速顔検出手法をベースとして多くの改善手法が提案されている。


スポンサーリンク

顔特徴点検出

顔の性別、年齢を含めた属性推定や個人識別を行うために、顔の各器官の特徴点の検出を行う技術。
多種特徴点抽出に対応したCootesらのActive Shape Model(ASM)やActive Appearance Model(AAM)が有名。拡張・改良に関する提案多数。

顔認識

検出された顔特徴点位置に基づき、個人を特定するための個人特徴量を生成する技術。
検出された特徴点間の配置の関係や特徴点付近のローカルな特徴記述子に基づくFeature-basedアプローチと、顔全体の輝度情報に基づき各特徴点を3次元的に正規化した顔パタンの抽出を行うAppearance-basedアプローチに分けられる。

顔属性・表情推定技術

顔から性別、年齢などの属性を推定する技術、顔の向きや視線を測定する技術、顔の表情を推定する技術。

それ以後から急速に発展してたりして…


スポンサーリンク

関連記事

Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Active Appearance Models(AAM)
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Adobe MAX 2015
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
PCA (主成分分析)
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
統計的な顔モデル
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
AfterEffectsプラグイン開発
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
海外ドラマのChromaKey
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
UnityでOpenCVを使うには?
OpenGVの用語
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
機械学習について最近知った情報
OpenCV
GoogleのDeep Learning論文
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』

コメント