顔画像処理技術の過去の研究

最近、コンピュータビジョンの歴史を追いかけています。KinectとかIntel Real Senseでも当然のようにSDKに搭載されている顔認識系技術だけど、そのバックグラウンドを知りたいのだ。

2009年までのまとめ↓
顔画像処理技術の研究動向と応用事例

顔画像処理技術

顔検出

画像の中から漏れなく誤りなくリアルタイムで顔の位置を検出する技術。動画処理時にはトラッキングも必要。
ViolaとJonesによるHaarタイプの特徴量を用いた高速顔検出手法をベースとして多くの改善手法が提案されている。


スポンサーリンク

顔特徴点検出

顔の性別、年齢を含めた属性推定や個人識別を行うために、顔の各器官の特徴点の検出を行う技術。
多種特徴点抽出に対応したCootesらのActive Shape Model(ASM)やActive Appearance Model(AAM)が有名。拡張・改良に関する提案多数。

顔認識

検出された顔特徴点位置に基づき、個人を特定するための個人特徴量を生成する技術。
検出された特徴点間の配置の関係や特徴点付近のローカルな特徴記述子に基づくFeature-basedアプローチと、顔全体の輝度情報に基づき各特徴点を3次元的に正規化した顔パタンの抽出を行うAppearance-basedアプローチに分けられる。

顔属性・表情推定技術

顔から性別、年齢などの属性を推定する技術、顔の向きや視線を測定する技術、顔の表情を推定する技術。

それ以後から急速に発展してたりして…


スポンサーリンク

関連記事

写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
海外ドラマのChromaKey
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
MeshroomでPhotogrammetry
顔モデリングのチュートリアル
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenGVのライブラリ構成
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Kinect for Windows v2の日本価格決定
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
続・ディープラーニングの資料
ニューラルネットワークで画像分類
ベイズ推定とグラフィカルモデル
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
PCA (主成分分析)
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
統計的な顔モデル
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

コメント