顔画像処理技術の過去の研究

最近、コンピュータビジョンの歴史を追いかけています。KinectとかIntel Real Senseでも当然のようにSDKに搭載されている顔認識系技術だけど、そのバックグラウンドを知りたいのだ。

2009年までのまとめ↓
顔画像処理技術の研究動向と応用事例

顔画像処理技術

顔検出

画像の中から漏れなく誤りなくリアルタイムで顔の位置を検出する技術。動画処理時にはトラッキングも必要。
ViolaとJonesによるHaarタイプの特徴量を用いた高速顔検出手法をベースとして多くの改善手法が提案されている。


スポンサーリンク

顔特徴点検出

顔の性別、年齢を含めた属性推定や個人識別を行うために、顔の各器官の特徴点の検出を行う技術。
多種特徴点抽出に対応したCootesらのActive Shape Model(ASM)やActive Appearance Model(AAM)が有名。拡張・改良に関する提案多数。

顔認識

検出された顔特徴点位置に基づき、個人を特定するための個人特徴量を生成する技術。
検出された特徴点間の配置の関係や特徴点付近のローカルな特徴記述子に基づくFeature-basedアプローチと、顔全体の輝度情報に基づき各特徴点を3次元的に正規化した顔パタンの抽出を行うAppearance-basedアプローチに分けられる。

顔属性・表情推定技術

顔から性別、年齢などの属性を推定する技術、顔の向きや視線を測定する技術、顔の表情を推定する技術。

それ以後から急速に発展してたりして…


スポンサーリンク

関連記事

FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Paul Debevec
Active Appearance Models(AAM)
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Kinect for Windows v2の日本価格決定
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ニューラルネットワークで画像分類
Photogrammetry (写真測量法)
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
統計的な顔モデル
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ディープラーニング
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenGVのライブラリ構成
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
機械学習について最近知った情報
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収

コメント