マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。

Transformers: Age of Extinction Official Trailer

ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ


スポンサーリンク
Transformers / Transforming Deluxe [1080p]

トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

2015年の振り返り
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
『ピクサー展』へ行ってきた
サイドスワイプ
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
10月の振り返り
胡散臭いデザインの参考サイト
5月の振り返り
Structured Approach
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
顔のモデリング
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
iPhone欲しいなぁ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
テスト
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
6月の振り返り
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
トランスフォーマー/リベンジ
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
CM
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ガメラ生誕50周年
2017年 観に行った映画振り返り
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
タマムシっぽい質感
東京オリンピックと案内表示
9月の振り返り
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
SFX技術のドキュメンタリー番組『ムービー・マジック』
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

コメント