マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。



ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ



トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
2021年4月 振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
日本でMakersは普及するだろうか?
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
2017年8月 振り返り
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
2023年3月 振り返り
映画『ウルトラマンデッカー最終章 旅立ちの彼方へ』を観てきた
2019年 観に行った映画振り返り
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
過程を晒す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
3DCG Meetup #4に行ってきた
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
自前Shaderの件 解決しました
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
2021年 観に行った映画振り返り
2023年7月 振り返り
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
WebGL開発に関する情報が充実してきている
2021年12月 振り返り
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
CGのためのディープラーニング
ZBrush キャラクター&クリーチャー
OpenMayaRender

コメント