マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。

Transformers: Age of Extinction Official Trailer

ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ


スポンサーリンク
Transformers / Transforming Deluxe [1080p]

トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
HackerスペースとMakerスペース
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
プログラムによる景観の自動生成
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
偏愛マップ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZScript
映画『ダウンサイズ』を観た
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
タマムシ
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
他人に水面下の苦労は見えない
Raspberry Pi
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ゴジラ三昧
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
映画『この世界の片隅に』を観た
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
瞬発力の時代
ハードルの下げ方を学べば続けられる
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
フルCGのウルトラマン!?
機械から情報の時代へ
ZBrush 2018での作業環境を整える
あの頃で止まった時間
頭がいい人
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ラクガキの立体化
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活

コメント