マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。

Transformers: Age of Extinction Official Trailer

ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ


スポンサーリンク
Transformers / Transforming Deluxe [1080p]

トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
テスト
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
映画『BRAVE STORM』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
2019年の振り返り
仮面ライダーバトライド・ウォー
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ゴジラの造形
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
すてる英語学習本『ずるいえいご』
マインドマップ作成ツール『MindNode』
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
8月の振り返り
Maya 2015から標準搭載されたMILA
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
タマムシ
瞬発力の時代
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
タイミングとクオリティ
3月の振り返り
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
Mayaのレンダリング アトリビュート
トランスフォーマー:リベンジ
天体写真の3D動画
スクラッチとマッシュアップ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
5月の振り返り
無料で使える人体3DCG作成ツール
ほっこり日常まんが
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整

コメント