マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。



ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ



トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
2020年11月 振り返り
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
2020年6月 振り返り
頭がいい人
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
映画『この世界の片隅に』を観た
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
2018年4月〜5月 振り返り
10月の振り返り
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
ウルトラ×ライダー
WebGL開発に関する情報が充実してきている
顔のモデリング
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
タダでRenderManを体験する方法
2020年12月 振り返り
4月の振り返り
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
副業の基本と常識
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
テスト
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」

コメント