マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。

Transformers: Age of Extinction Official Trailer

ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ


スポンサーリンク
Transformers / Transforming Deluxe [1080p]

トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
サンプラー音源ツール『SampleTank』シリーズの最新フリー版『SampleTank 3 Fre...
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
SIGGRAPH ASIAのマスコット
あの頃で止まった時間
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
2018年4月〜5月 振り返り
エニアグラム
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
シフトカーを改造する人達
そのアプローチは帰納的か演繹的か
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Two Minute Papers:最新の研究論文を数分間で紹介するYouTubeチャンネル
スター・ウォーズ/フォースの覚醒を観た (ネタバレ無し)
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
HD画質の無駄遣い
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
3D復元技術の情報リンク集
ブログをWordpressに引っ越して1周年
無能の作り方
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
『スターウォーズ フォースの覚醒』の最新予告編
Open Shading Language (OSL)
ガメラ生誕50周年
顔のモデリング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
4月の振り返り
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
実写版『進撃の巨人』を観た (ネタバレあり)
アニメーション映画『GODZILLA』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007

コメント