マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。



ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ



トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ゴジラ トレーディングバトル
仮面ライダーバトライド・ウォー
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
動画配信ぐらい当たり前の時代
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
3DCG Meetup #4に行ってきた
IBM Watsonで性格診断
天体写真の3D動画
Unreal Engine 5の情報が公開された!
職場におけるセルフブランディング
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ミニ四駆のラジコン化情報
海外ドラマのChromaKey
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
HackerスペースとMakerスペース
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ゴジラの造形
シン・ゴジラのファンアート
MRenderUtil::raytrace
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
フルCGのウルトラマン!?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
プロダクトデザイン概論
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
生物の骨格
Paul Debevec

コメント