マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。

Transformers: Age of Extinction Official Trailer

ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ


スポンサーリンク
Transformers / Transforming Deluxe [1080p]

トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでリメッシュとディティールの転送
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
黒歴史
文章を書く時の相手との距離感
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
消費の記録
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された!
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
ZBrush 4R7
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
偏愛マップ
布地のシワの法則性
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
言葉が支配する世界
シフトカーの改造
2020年7月 振り返り
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
日米の働き方をコミカルに比較した動画
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
映画『パワーレンジャー』を観た (ややネタバレ)
進化するスタースクリーム
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Blender 2.8がついに正式リリース!

コメント