マイケル・ベイの動画の感覚

映画の話ばかりだけど、トランスフォーマーの新作もそろそろ公開。



ランボルギーニがモチーフのキャラが出てくるのね。もはや変形前の面影が皆無だけど。

マイケル・ベイ作品の魅力は、何と言っても映像のテンションだと思う。こういうVFXを駆使した、計画的に組み立てなきゃいけないジャンルでは、なかなか映像のテンションを維持できなかったりする。下手をすると、凝っているけど妙に落ち着いた「静」の画を羅列した紙芝居になってしまう。(マットペインティング的なアレを否定しているわけではないよ)


スポンサーリンク


マイケル・ベイ的な画作りは、絵画の感覚ではなく、動画の感覚で組み立てられている。1枚1枚の静止画として見ると、被写体がフレームに収まっていなかったり、ハレーションで見えなかったり、ブレまくってて何がなんだか分からないんだけど、繋がりが迫力を生む。プレビズやブレた実写映像にCGを合成する技術が発達したのも大きいけど、1作目のメイキング見たら手作業でトラッキングしてたね。
この動画の感覚がライブ感というか、当事者感というか、その場に居合わせて被写体を捉えているような臨場感を高めているように思う。
J・J・エイブラムスのスタートレックも似た感覚。この人達は俯瞰の画でも説明的になりすぎない。

こういう動画の感覚を無視して文学的(?)な視点に立つと、マイケル・ベイ作品は何の中身も無い作品に見えちゃうんだけど、映像産業ではすごく大事なのかなって思う。個人的に、カオスな状況で登場人物が怒鳴り合ってるシチュエーションとかが好き。

最後に、トランスフォーマー変形シーン詰め合わせ



トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム


スポンサーリンク

関連記事

黒澤映画
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』を観た
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
自分を育てる技術
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
シン・ゴジラのファンアート
ZBrush 2018での作業環境を整える
深海魚
文章を書く時の相手との距離感
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
フルCGのウルトラマン!?
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
BlenderのRigifyでリギング
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
日米の働き方をコミカルに比較した動画
Mayaのプラグイン開発
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
2021年5月 振り返り
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
ミニ四駆で電子工作
映画『ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突』を観てきた
2020年の振り返り
アニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の予告編が公開された!
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
新年の衝動買い
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010

コメント