ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する。

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

PCの自作
ブログをWordpressに引っ越して1周年
この連休でZBrushの スキルアップを…
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
黒澤映画
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
UnityでLight Shaftを表現する
Unityをレンダラとして活用する
9月の振り返り
ZBrushで基本となるブラシ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
東京おもちゃショー2017
ZBrushCore
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
参考書
2015年の振り返り
iPhone5S → iPhone6S
テスト
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Mr.ビーン
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
HackerスペースとMakerスペース
Unreal Engineの薄い本
3D復元技術の情報リンク集
Paul Debevec
Photogrammetry (写真測量法)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrushのお勉強
映像ビジネスの未来
Unite 2014の動画
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する

コメント