ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い その2
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
プログラミングスキルとは何か?
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
無能の作り方
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
恐竜造形の指南書
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
文章を書く時の相手との距離感
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
なりきり玩具と未来のガジェット
無料で使える人体3DCG作成ツール
Pix2Pix:CGANによる画像変換
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 マスキング・シルバー塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
2020年2月 振り返り
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
2020年10月 振り返り
2018年8月~9月 振り返り
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
立体視を試してみた
11月の振り返り
この本読むよ
ラクガキの立体化 目標設定
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
2019年1月~2月 振り返り
ZBrushの作業環境を見直す
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
マジョーラ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
ジュラシック・パークのメイキング
2015年10月21日
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始

コメント