ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
Unityをレンダラとして活用する
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Maya API Reference
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
CEDEC 3日目
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
9月の振り返り
2019年の振り返り
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
OpenMayaRender
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
まだまだ続く空想科学読本
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
TOHOシネマズ新宿
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
2020年1月 振り返り
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Adobe Photoshop CS5の新機能
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Ambient Occlusionを解析的に求める
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
参考書
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
書籍『メモの魔力』読了
GMKゴジラの口接着
Blenderでよく使うaddon
ラクガキの立体化 目標設定
Mayaのレンダリング アトリビュート
ゴジラ トレーディングバトル
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』

コメント