ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
日本でMakersは普及するだろうか?
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
2012のメイキングまとめ(途中)
Blender 2.8がついに正式リリース!
ZBrush キャラクター&クリーチャー
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushのZScript入門
ゴジラ三昧
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
恐竜造形の指南書
書籍『天才を殺す凡人』読了
2015年の振り返り
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
仮面ライダー4号の最終話を観た
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
1週間のサイクル
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
副業の基本と常識
Open Shading Language (OSL)
無料で使える人体3DCG作成ツール
プログラミングスキルとは何か?
Web配信時代のコンテンツ構成
3D復元技術の情報リンク集
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Houdiniのライセンスの種類
Raytracing Wiki
書籍『コンテンツの秘密』読了
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
注文してた本が届いた
マジョーラ
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
感じたことを言語化する

コメント