ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
2019年9月 行動振り返り
偏愛マップ
2020年10月 振り返り
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
操演という仕事
TVML (TV program Making language)
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
3DCG Meetup #4に行ってきた
2016年 観に行った映画振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
Photogrammetry (写真測量法)
Open Shading Language (OSL)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Adobe Photoshop CS5の新機能
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
iPhone5S → iPhone6S
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
TOHOシネマズ新宿
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ゴジラの造形
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
2020年1月 振り返り
Houdiniのライセンスの種類
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
clearcoat Shader
フルCGのウルトラマン!?
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
プログラムによる景観の自動生成
そのアプローチは帰納的か演繹的か
2020年9月 振り返り

コメント