ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

インフラがアウトプットの質を左右する
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Unityの薄い本
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
SIGGRAPH ASIAのマスコット
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
プログラムによる景観の自動生成
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
ZBrushでアマビエを作る その2
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrushのUV MasterでUV展開
PowerPointによるプレゼン
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
2020年4月 振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Vancouver Film Schoolのデモリール
UnityでARKit2.0
ハードルの下げ方を学べば続けられる
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
2018年の振り返り
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Oculus Goを購入!
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
キャリアの振り返り
Structured Approach
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
『さらば あぶない刑事』を観た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
参考になりそうなサイト
HD画質の無駄遣い
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
エアブラシの思い出
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
ZBrushのお勉強
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー

コメント