ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

キャリアの振り返り
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Physically Based Rendering
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Subsurface scatteringの動画
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushCore
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
2015年の振り返り
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
2019年10月 行動振り返り
CreativeCOW.net
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
HerokuでMEAN stack
ゴジラ三昧
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
なりきり玩具と未来のガジェット
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
CEDEC 3日目
NICOGRAPHって有名?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrush 2018での作業環境を整える
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
PolyPaint
副業の基本と常識

コメント