ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する。

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
『さらば あぶない刑事』を観た
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
AfterEffectsプラグイン開発
2018年の振り返り
2016年の振り返り
感じたことを言語化する
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
エアブラシの思い出
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
調べものは得意なのかもしれない
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Unite 2014の動画
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
OpenMayaRender
情報の編集
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
なんかすごいサイト
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
3月の振り返り
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
顔モデリングのチュートリアル
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
PCの自作
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
GMKゴジラの口接着
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

コメント