ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushトレーニング
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
2015年10月21日
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
書籍『メモの魔力』読了
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
アニゴジ関連情報
2018年6月~7月 振り返り
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
プログラミングスキルとは何か?
2020年 観に行った映画振り返り
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
天体写真の3D動画
情報の編集
Mayaのレンダリング アトリビュート
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
フルCGのウルトラマン!?
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
Physically Based Rendering
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ラクガキの立体化 モールドの追加
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計

コメント