ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
書籍『具体と抽象』読了
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
HD画質の無駄遣い
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
2018年 観に行った映画振り返り
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
模型をターンテーブルで撮影
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
2021年5月 振り返り
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
エアブラシの思い出
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
企画とエンジニア 時間感覚の違い
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
素敵なパーティクル
UnityでPoint Cloudを表示する方法
2020年8月 振り返り
2019年 観に行った映画振り返り
頭がいい人
3D復元技術の情報リンク集
clearcoat Shader
2015年10月21日
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
ZBrushで基本となるブラシ
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...

コメント