ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する。

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った。↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Houdiniのライセンスの種類
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
この連休でZBrushの スキルアップを…
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
7月の振り返り
Adobe Photoshop CS5の新機能
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
NICOGRAPHって有名?
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
ブログをWordpressに引っ越して1周年
企画とエンジニア 時間感覚の違い
アニゴジ関連情報
自前Shaderの件 解決しました
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
MFnDataとMFnAttribute
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
かっこいい大人にはなれなかったけど
ZScript
Unreal Engineの薄い本
OpenMayaのPhongShaderクラス
無能の作り方
ガワコス
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ラクガキの立体化 反省
2018年の振り返り

コメント