疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

UnityでARKit2.0
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ニューラルネットワークで画像分類
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Stanford Bunny
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
3DCG Meetup #4に行ってきた
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ラクガキの立体化
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrush 2018での作業環境を整える
HD画質の無駄遣い その2
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrushトレーニング
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
iPhone欲しいなぁ
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
『ピクサー展』へ行ってきた
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
注文してた本が届いた
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来

コメント