疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
タダでRenderManを体験する方法
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
布のモデリング
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Paul Debevec
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
GoogleのDeep Learning論文
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Mayaのプラグイン開発
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
ZBrush キャラクター&クリーチャー
この本読むよ
Vancouver Film Schoolのデモリール
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
CreativeCOW.net
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
海外ドラマのChromaKey
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Unite 2014の動画
SIGGRAPH論文へのリンクサイト

コメント