疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
OpenGVのライブラリ構成
自前Shaderの件 解決しました
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Ambient Occlusionを解析的に求める
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Open Shading Language (OSL)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
今年もSSII
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
布地のシワの法則性
Active Appearance Models(AAM)
ガメラ生誕50周年
ZBrushのUV MasterでUV展開
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Photogrammetry (写真測量法)
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
PCA (主成分分析)
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
『ピクサー展』へ行ってきた
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
サンプルコードにも間違いはある?
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
CGのためのディープラーニング
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
AfterEffectsプラグイン開発

コメント