疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できるように

この前書いたばかりの『Seene』ですが、次のアップデートで完全な3Dテクスチャモデルを作成できるようになるらしい。これまで疑似3Dだったものが、ついに本当の3Dに。


スポンサーリンク
Seene Full 3D Capture preview

他に外部センサーやハードウェアの類は必要なく、すべてiPhoneだけで完結する。
技術のジャンルとしては多視点画像からの3次元復元で、動画を見る限り、画像間の対応にはオプティカルフローを使ってるっぽい。
iPhoneで写真を複数枚撮ってクラウド上で演算するタイプの3D化はAutodeskからAutodesk 123D Catch が出てるけど、SeeneはiPhoneだけで演算を完了するんだろうか。

「Seene」の神アップデートで、iPhoneだけでフル3Dモデルが撮影できるように(ギズモード・ジャパン)


スポンサーリンク

関連記事

レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ラクガキの立体化 胴体の追加
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
Oculus Goを購入!
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
機械学習について最近知った情報
色んな三面図があるサイト
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
布地のシワの法則性
MFnMeshクラスのsplit関数
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
AfterEffectsプラグイン開発
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Unite 2014の動画
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
ZBrushで基本となるブラシ
3DCGのモデルを立体化するサービス
OpenGVのライブラリ構成
Mayaのシェーディングノードの区分
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZScript

コメント