iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

何か、オイラの周りではちっとも流行ってないんだけど、iPhoneで3D写真が撮影できる「Seene」って無料アプリがある。
Seene: Share life in 3D
開発したのは、イギリス ロンドンを拠点とするスタートアップのObvious Engineering。

被写体にカメラを向け、カメラを上下左右に移動させて別の角度からも撮影すると、アプリが3Dに合成してくれる。
局所特徴量を使って特徴点のオプティカルフローを追っかけて視点移動を捉えてるっぽい。光沢のある被写体は苦手。


スポンサーリンク

そして、このアプリで撮った3D写真はWebページに埋め込めるのである。
ということで香港で食べたスペアリブ炒飯3D(チョイスが悪い…)

ビューアも秀逸だと思う。iPhoneでは端末の傾きと連動、PCではマウスの動きと連動して被写体の角度が変化する。


スポンサーリンク

関連記事

Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
AfterEffectsプラグイン開発
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
機械学習について最近知った情報
OpenCV
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
OpenGVのライブラリ構成
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
コンピュータビジョンの技術マップ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ディープラーニング
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
GoogleのDeep Learning論文
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
PCA (主成分分析)
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
統計的な顔モデル
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる

コメント