ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像

アニメと実写が区別困難なレベルに到達、2年かけて制作されたハリウッド版パイロット映像「GAIKING」メイキング話を開発者が語る:Gigazine

GAIKING – Teaser Trailer

え?このコクピットシーンって本当に全部CGなの?ほとんど実写にしか見えないんだけど。


スポンサーリンク


映画『アバター』のCG技術(Light Stage)で『大空魔竜ガイキング』が完成!東京国際アニメフェア2010で衝撃スーパーロボット映像を披露!!!

Light Stage技術とは、最新のモーションキャプチャー技術で人の微細な表情までをも再現できるフェイシャル・レンダリング・システムです。映画『アバター』でも証明されたとおり、リアルな表情再現を可能にした技術です。

Light Stageに関しては、実写撮影した映像のRelighting技術だと認識してたんだけど、それだけじゃないのかな?(さらに進化してるとか?)
そんで、こんな動画を見つけた。(USC ICTのYouTubeチャンネルより)

Light Stage 5 from USC ICT

これ見ると、やっぱり実写をCG背景の照明空間になじませるための技術にしか見えないね。

Gigazineの記事の写真を見ると、たぶんコレと併用してるってことなんだろうな。


スポンサーリンク
CG Emily, Image Metrics, and the Uncanny Valley

ところで個人的な考えなんだけど、Image-Basedのアプローチってハリウッドの労働環境で無ければ到底商業利用できない気がするんだ。
デモ映像を見るとすごくスマートにキャプチャーされているように見えるけど、もとの情報がimageである以上、かなりのノイズが乗る気がする。勝手な想像だけど、取得したデータの編集(ノイズ除去等)に相当なマンパワーを使ってるんじゃないかと思うんだ。(もとがimageなら、画像処理技術が発達したところで完全に自動化するのはほぼ不可能だし)
Image-Basedな手法はもとの情報量がとことん多いから、編集でかなりそぎ落としても十分な効果が得られているんだと思う。設備と人件費(もちろん時間も)を湯水のように投入しないと上手く回らないような手法が貧乏映像大国日本で浸透するはずないよね。

と、上手く言いたいことがまとまらないけど、要するに『Image-Basedな手法を祭り上げすぎるのは危険だ』って言いたいんです、はい。
さて、アニメのガイキングはオリジナルもリメイクも見たこと無いわけだが…。

https://blog.negativemind.com/2014/09/27/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E9%A1%94%E3%82%92%E3%81%9D%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BEcg%E3%81%A7%E5%BE%A9%E5%85%83%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8Edigital-emily-project/


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
色んな三面図があるサイト
布地のシワの法則性
参考になりそうなサイト
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
サンプルコードにも間違いはある?
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
3D復元技術の情報リンク集
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ラクガキの立体化 胴体の追加
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Mayaのシェーディングノードの区分
OpenMayaのPhongShaderクラス
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Photogrammetry (写真測量法)
CGのためのディープラーニング
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
素敵なパーティクル
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
マイケル・ベイの動画の感覚
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
3DCG Meetup #4に行ってきた
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
MeshroomでPhotogrammetry
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrush 4R7
ゴジラ(2014)のメイキング
Unreal Engine 5の情報が公開された!
NICOGRAPHって有名?
ZBrushトレーニング
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ

コメント