ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像

アニメと実写が区別困難なレベルに到達、2年かけて制作されたハリウッド版パイロット映像「GAIKING」メイキング話を開発者が語る:Gigazine



え?このコクピットシーンって本当に全部CGなの?ほとんど実写にしか見えないんだけど。


スポンサーリンク


映画『アバター』のCG技術(Light Stage)で『大空魔竜ガイキング』が完成!東京国際アニメフェア2010で衝撃スーパーロボット映像を披露!!!

Light Stage技術とは、最新のモーションキャプチャー技術で人の微細な表情までをも再現できるフェイシャル・レンダリング・システムです。映画『アバター』でも証明されたとおり、リアルな表情再現を可能にした技術です。


スポンサーリンク

Light Stageに関しては、実写撮影した映像のRelighting技術だと認識してたんだけど、それだけじゃないのかな?(さらに進化してるとか?)
そんで、こんな動画を見つけた。(USC ICTのYouTubeチャンネルより)



これ見ると、やっぱり実写をCG背景の照明空間になじませるための技術にしか見えないね。

Gigazineの記事の写真を見ると、たぶんコレと併用してるってことなんだろうな。



ところで個人的な考えなんだけど、Image-Basedのアプローチってハリウッドの労働環境で無ければ到底商業利用できない気がするんだ。
デモ映像を見るとすごくスマートにキャプチャーされているように見えるけど、もとの情報がimageである以上、かなりのノイズが乗る気がする。勝手な想像だけど、取得したデータの編集(ノイズ除去等)に相当なマンパワーを使ってるんじゃないかと思うんだ。(もとがimageなら、画像処理技術が発達したところで完全に自動化するのはほぼ不可能だし)
Image-Basedな手法はもとの情報量がとことん多いから、編集でかなりそぎ落としても十分な効果が得られているんだと思う。設備と人件費(もちろん時間も)を湯水のように投入しないと上手く回らないような手法が貧乏映像大国日本で浸透するはずないよね。

と、上手く言いたいことがまとまらないけど、要するに『Image-Basedな手法を祭り上げすぎるのは危険だ』って言いたいんです、はい。
さて、アニメのガイキングはオリジナルもリメイクも見たこと無いわけだが…。

https://blog.negativemind.com/2014/09/27/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E9%A1%94%E3%82%92%E3%81%9D%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BEcg%E3%81%A7%E5%BE%A9%E5%85%83%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8Edigital-emily-project/


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnityのAR FoundationでARKit 3
Unite 2014の動画
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
Unityの薄い本
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ZBrushで基本となるブラシ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・Meshを扱うライブラリ
ゴジラ三昧
MFnDataとMFnAttribute
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Paul Debevec
Vancouver Film Schoolのデモリール
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
天体写真の3D動画
ガメラ生誕50周年
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrushでカスタムUIを設定する

コメント