ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像

アニメと実写が区別困難なレベルに到達、2年かけて制作されたハリウッド版パイロット映像「GAIKING」メイキング話を開発者が語る:Gigazine

GAIKING – Teaser Trailer

え?このコクピットシーンって本当に全部CGなの?ほとんど実写にしか見えないんだけど。


スポンサーリンク


映画『アバター』のCG技術(Light Stage)で『大空魔竜ガイキング』が完成!東京国際アニメフェア2010で衝撃スーパーロボット映像を披露!!!

Light Stage技術とは、最新のモーションキャプチャー技術で人の微細な表情までをも再現できるフェイシャル・レンダリング・システムです。映画『アバター』でも証明されたとおり、リアルな表情再現を可能にした技術です。

Light Stageに関しては、実写撮影した映像のRelighting技術だと認識してたんだけど、それだけじゃないのかな?(さらに進化してるとか?)
そんで、こんな動画を見つけた。(USC ICTのYouTubeチャンネルより)

Light Stage 5 from USC ICT

これ見ると、やっぱり実写をCG背景の照明空間になじませるための技術にしか見えないね。

Gigazineの記事の写真を見ると、たぶんコレと併用してるってことなんだろうな。


スポンサーリンク
CG Emily, Image Metrics, and the Uncanny Valley

ところで個人的な考えなんだけど、Image-Basedのアプローチってハリウッドの労働環境で無ければ到底商業利用できない気がするんだ。
デモ映像を見るとすごくスマートにキャプチャーされているように見えるけど、もとの情報がimageである以上、かなりのノイズが乗る気がする。勝手な想像だけど、取得したデータの編集(ノイズ除去等)に相当なマンパワーを使ってるんじゃないかと思うんだ。(もとがimageなら、画像処理技術が発達したところで完全に自動化するのはほぼ不可能だし)
Image-Basedな手法はもとの情報量がとことん多いから、編集でかなりそぎ落としても十分な効果が得られているんだと思う。設備と人件費(もちろん時間も)を湯水のように投入しないと上手く回らないような手法が貧乏映像大国日本で浸透するはずないよね。

と、上手く言いたいことがまとまらないけど、要するに『Image-Basedな手法を祭り上げすぎるのは危険だ』って言いたいんです、はい。
さて、アニメのガイキングはオリジナルもリメイクも見たこと無いわけだが…。

https://blog.negativemind.com/2014/09/27/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E9%A1%94%E3%82%92%E3%81%9D%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BEcg%E3%81%A7%E5%BE%A9%E5%85%83%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8Edigital-emily-project/


スポンサーリンク

関連記事

adskShaderSDK
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
BlenderのRigifyでリギング
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Mayaのレンダリング アトリビュート
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
布のモデリング
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Physically Based Rendering
ZBrushCore
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
この連休でZBrushの スキルアップを…
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
OpenMayaRender
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenMayaのPhongShaderクラス
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Blender 2.8がついに正式リリース!
Blenderでよく使うaddon
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Mayaのプラグイン開発
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ZBrush 4R7
注文してた本が届いた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

コメント