NICOGRAPHって有名?

初めて知ったんだけどNICOGRAPHなんてものがあるんだね。

NICOGRAPHは、今から20年以上も前の1983年に第1回が開催された伝統あるCGのイベントです。CGおよびマルチメディアに関する論文コンテストがあり、CGの分野における唯一ともいえる論文発表の場として発足し、現在に至っています。


スポンサーリンク

春、秋さらにINTERNATIOALの年に3回開催され,CG/VRさらにコンテンツ関連の論文コンテストとしてすっかり定着しました。毎回、優秀な論文が一堂に集まり、日本におけるSIGGRAPH論文コンテストとしての役割を担っています。

誰かWikipediaに説明のっけといてくれよ。

追記:査読はあるけど、論文出せばほとんど通る程度の位置づけらしい。ドクターコースの方はここを最後の手段としてとっておくと良いとか。


スポンサーリンク

関連記事

2019年の振り返り
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
豚インフルエンザ
キャリアの振り返り
Mr.ビーン
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
必見!就活リサーチ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
2020年5月 振り返り
ZBrush 2018での作業環境を整える
2017年の振り返り
単純に遊びに行くのはだめなのか?
マジョーラ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
2018年4月〜5月 振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
2019年5月 行動振り返り
こんなところで身体を壊している場合じゃない
この本読むよ
HDDの温度
2019年7月 行動振り返り
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
11月の振り返り
映像ビジネスの未来
CEDEC 3日目
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Paul Debevec
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
UnityのGlobal Illumination
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
機械から情報の時代へ
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenMayaのPhongShaderクラス

コメント