Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ガメラ生誕50周年
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrush 2018へのアップグレード
TVML (TV program Making language)
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
この本読むよ
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
デザインのリファイン再び
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Subsurface scatteringの動画
Adobe Photoshop CS5の新機能
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
参考書
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
NICOGRAPHって有名?
アニゴジ関連情報
Maya API Reference
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Maya 2015から標準搭載されたMILA
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushのお勉強
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』

コメント