Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
2012のメイキングまとめ(途中)
紅葉 その4
ラクガキの立体化 進捗
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Ambient Occlusionを解析的に求める
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
参考書
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
HD画質の無駄遣い その2
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
UnityでARKit2.0
プログラムによる景観の自動生成
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
サンプルコードにも間違いはある?
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
注文してた本が届いた
顔のモデリング
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
Raytracing Wiki
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
2018年に購入したiPad Proのその後
Unite 2014の動画
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
アニゴジ関連情報
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
Maya API Reference
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

コメント