Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

自前Shaderの件 解決しました
ZBrush 2018での作業環境を整える
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
2012のメイキングまとめ(途中)
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Blender 2.8がついに正式リリース!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
MFnDataとMFnAttribute
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
HD画質の無駄遣い
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Raytracing Wiki
AfterEffectsプラグイン開発
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
HD画質の無駄遣い その2
iPhone欲しいなぁ
Mayaのシェーディングノードの区分
紅葉 その4
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ラクガキの立体化 進捗
ゴジラ三昧
ZBrushの練習 手のモデリング
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Adobe MAX 2015
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Blenderでよく使うaddon
PureRef:リファレンス画像専用ビューア

コメント