Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
参考書
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrush 2018へのアップグレード
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
タダでRenderManを体験する方法
HD画質の無駄遣い その2
Subsurface scatteringの動画
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Mayaのシェーディングノードの区分
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ラクガキの立体化
Oculus Goを購入!
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
2018年に購入したiPad Proのその後
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
PythonでBlenderのAdd-on開発
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
なんかすごいサイト
ラクガキの立体化 目標設定
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushで基本となるブラシ
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
布地のシワの法則性

コメント