Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

顔のモデリング
布地のシワの法則性
adskShaderSDK
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
MFnMeshクラスのsplit関数
海外ドラマのChromaKey
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
この本読むよ
ZBrushで基本となるブラシ
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushのZScript入門
注文してた本が届いた
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
3Dグラフィックスの入門書
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
『ピクサー展』へ行ってきた
UnityでLight Shaftを表現する
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
紅葉 その4
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
マジョーラ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
フルCGのウルトラマン!?
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
立体視を試してみた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Maya 2015から標準搭載されたMILA
自前のShaderがおかしい件
Raytracing Wiki

コメント