Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

参考になりそうなサイト
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
紅葉 その3
OpenMayaのPhongShaderクラス
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
海外ドラマのChromaKey
ラクガキの立体化 進捗
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
clearcoat Shader
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Stanford Bunny
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZScript
ZBrushのお勉強
CreativeCOW.net
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushの作業環境を見直す
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
素敵なパーティクル
ZBrushのUV MasterでUV展開
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
この連休でZBrushの スキルアップを…
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
生物の骨格
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
布地のシワの法則性

コメント