Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
『ピクサー展』へ行ってきた
マジョーラ
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
HD画質の無駄遣い その2
Paul Debevec
ジュラシック・パークのメイキング
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
紅葉 その4
紅葉 その3
注文してた本が届いた
Oculus Goを購入!
顔のモデリング
HD画質の無駄遣い
シン・ゴジラのファンアート
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ゴジラ三昧
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Ambient Occlusionを解析的に求める
ラクガキの立体化 モールドの追加
素敵なパーティクル
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrush 4R7
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Adobe Photoshop CS5の新機能
Blender 2.8がついに正式リリース!
顔モデリングのチュートリアル

コメント