Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

素敵なパーティクル
サンプルコードにも間違いはある?
デザインのリファイン再び
PolyPaint
ZBrushの作業環境を見直す
iPhone欲しいなぁ
Open Shading Language (OSL)
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrush 2018へのアップグレード
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrush 4R8 リリース!
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
色んな三面図があるサイト
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
プログラムによる景観の自動生成
『ピクサー展』へ行ってきた
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Oculus Goを購入!
ZBrushCore
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
布のモデリング
ZBrushのお勉強
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Mayaのプラグイン開発
3D復元技術の情報リンク集
UnityでLight Shaftを表現する
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
無料で使える人体3DCG作成ツール
マイケル・ベイの動画の感覚
ラクガキの立体化 胴体の追加

コメント