Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
UnityでARKit2.0
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Photogrammetry (写真測量法)
色んな三面図があるサイト
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
紅葉 その4
ジュラシック・パークのメイキング
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Vancouver Film Schoolのデモリール
天体写真の3D動画
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
参考書
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Adobe Photoshop CS5の新機能
ラクガキの立体化 胴体の追加
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Ambient Occlusionを解析的に求める
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
TVML (TV program Making language)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
タダでRenderManを体験する方法
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Maya 2015から標準搭載されたMILA
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ファンの力
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
adskShaderSDK
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrush 2018へのアップグレード
Unreal Engineの薄い本
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
シン・ゴジラのファンアート
自前Shaderの件 解決しました

コメント