Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

Adobe Photoshop CS4 Extendedを手に入れたので試してみた。
前バージョンから3Dファイルの読み込みに対応したのは知ってたけど、実際に触るのは初めて。

読み込めるデータ形式

読み込める3Dのデータ形式は
U3D(.u3d), Wavefront OBJ(.obj), GoogleEarth 4(kmz),Collada(.dae)
※Mac版では3D Studio(.3ds)も読み込めるらしい。


スポンサーリンク

いじってみた

ということでMayaで作ったobjファイルを読み込んでみた。
すると、直接ブラシツールや鉛筆ツールでドラッグするだけで3Dモデルにペイントすることができる。んだけど、やっぱりUVの展開は別途やっておかないといけないみたい。UVの展開がテキトーだと、うまくペイントできない。(当然、境目や解像度に問題が出るから)
そこはMayaのペイント機能とかと一緒。(Photoshopの豊富なブラシ機能がそのまま使えるってのがメリットなんだろうな)


スポンサーリンク

3Dファイルを読み込むとdefaultで三つのライト(追加・削除可能)が配置されて、レンダリングされる。作業画面では簡易的なレンダリングで影も表示されないので、正しい結果を見るには「最終出力用のレンダリング」を実行する。今回のバージョンからはレイトレース機能が加わったらしい。レイトレースモードだと作業画面でもシャドウが表示されるみたい。

さて、Photoshopはどこへ向かうのか。


スポンサーリンク

関連記事

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ZBrushの練習 手のモデリング
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
UnityでLight Shaftを表現する
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenMayaRender
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
シン・ゴジラのファンアート
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Ambient Occlusionを解析的に求める
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ZBrushのZScript入門
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ラクガキの立体化
ラクガキの立体化 進捗
Unityで360度ステレオVR動画を作る
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
参考書
Mayaのシェーディングノードの区分
顔のモデリング
Adobe Photoshop CS5の新機能
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』

コメント