プログラムによる景観の自動生成

大都会の夜景をコンピューターによって完全自動で描画するムービー

Pixel City – Procedurally generated city

ソースコードも公開されている↓
https://github.com/skeeto/pixelcity/tree/master

これを見て、ピータージャクソン版キングコングのメイキングを思い出した。たしか、1930年代のニューヨークの俯瞰を作るために、その他大勢の建物をプログラムで自動生成してた気がする。


スポンサーリンク

関連記事

CreativeCOW.net
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
UnityからROSを利用できる『ROS#』
UnityでOpenCVを使うには?
3DCGのモデルを立体化するサービス
OpenMayaのPhongShaderクラス
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
WinSCP
動的なメモリの扱い
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Verilog HDL
ZBrushのUV MasterでUV展開
Google App EngineでWordPress
ZScript
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
OpenCVで動画の手振れ補正
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Raspberry Pi
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Maya LTのQuick Rigを試す
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ZBrushで基本となるブラシ
生物の骨格
HD画質の無駄遣い その2

コメント