プログラムによる景観の自動生成

大都会の夜景をコンピューターによって完全自動で描画するムービー



ソースコードも公開されている↓
https://github.com/skeeto/pixelcity/tree/master

これを見て、ピータージャクソン版キングコングのメイキングを思い出した。たしか、1930年代のニューヨークの俯瞰を作るために、その他大勢の建物をプログラムで自動生成してた気がする。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでLight Shaftを表現する
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
AfterEffectsプラグイン開発
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
OpenCVで動画の手ぶれ補正
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
BlenderのRigifyでリギング
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Quartus II
オーバーロードとオーバーライド
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・Meshを扱うライブラリ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
ZBrush 2018へのアップグレード
C++始めようと思うんだ
布地のシワの法則性
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
Unityをレンダラとして活用する
WebGL開発に関する情報が充実してきている
clearcoat Shader
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
ゴジラの造形
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
OANDAのfxTrade API
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ガメラ生誕50周年
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
MRenderUtil::raytrace
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!

コメント