プログラムによる景観の自動生成

大都会の夜景をコンピューターによって完全自動で描画するムービー

Pixel City – Procedurally generated city

ソースコードも公開されている↓
https://github.com/skeeto/pixelcity/tree/master

これを見て、ピータージャクソン版キングコングのメイキングを思い出した。たしか、1930年代のニューヨークの俯瞰を作るために、その他大勢の建物をプログラムで自動生成してた気がする。


スポンサーリンク

関連記事

『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Boost オープンソースライブラリ
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
MRenderUtil::raytrace
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ゴジラの造形
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
スクレイピング
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
HD画質の無駄遣い
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Maya LTのQuick Rigを試す
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ラクガキの立体化 進捗
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
今年もSSII
Oculus Goを購入!
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
UnityのAR FoundationでARKit 3
Mayaのレンダリング アトリビュート
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』

コメント