プログラムによる景観の自動生成

大都会の夜景をコンピューターによって完全自動で描画するムービー

Pixel City – Procedurally generated city

ソースコードも公開されている↓
https://github.com/skeeto/pixelcity/tree/master

これを見て、ピータージャクソン版キングコングのメイキングを思い出した。たしか、1930年代のニューヨークの俯瞰を作るために、その他大勢の建物をプログラムで自動生成してた気がする。


スポンサーリンク

関連記事

人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
OpenCV
ZBrushのZScript入門
ラクガキの立体化 反省
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Amazon Web ServicesでWordPress
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
ZBrushの練習 手のモデリング
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Houdiniのライセンスの種類
ROMOハッカソンに行ってきた
服飾デザインツール『CLO』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
仮想関数
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushで基本となるブラシ
OpenMayaRender
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ZBrushでカスタムUIを設定する
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
シン・ゴジラのファンアート
注文してた本が届いた
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
3DCGのモデルを立体化するサービス
色んな三面図があるサイト
Unityで学ぶC#
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編

コメント