プログラムによる景観の自動生成

大都会の夜景をコンピューターによって完全自動で描画するムービー

Pixel City – Procedurally generated city

ソースコードも公開されている↓
https://github.com/skeeto/pixelcity/tree/master

これを見て、ピータージャクソン版キングコングのメイキングを思い出した。たしか、1930年代のニューヨークの俯瞰を作るために、その他大勢の建物をプログラムで自動生成してた気がする。


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Maya 2015から標準搭載されたMILA
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
PolyPaint
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
オープンソースの取引プラットフォーム
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
CEDEC 3日目
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCV
定数
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでLight Shaftを表現する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
マジョーラ
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる

コメント