書籍『コンテンツの秘密』読了

ドワンゴの会長で、スタジオジブリのプロデューサー見習いをしていた川上量生さんの著書「コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと」を読んだ。
何かと積読ぎみのオイラですが、このは本は読みやすかったので積まずにすぐ読み終えた。



オイラは意外にも、川上氏の著書を読むのは今回が初めてだった。


スポンサーリンク


川上氏のWebのコラムやインタビュー記事は割と良く目にしていたのと、podcastで聞いているラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」にも川上氏がよく登場していたので、結構著書を読んでいるような気になっていた。


スポンサーリンク

冒頭で川上氏が「僕のジブリの卒論」と語っているように、この書籍は川上氏がスタジオジブリでプロデューサー見習いとして見てきたコンテンツ制作・ビジネスの世界を理論的に考察してまとめたもの。「経験」や「才能」と呼ばれる要素が重要視されるコンテンツ業界を、体系的な知識・理論として説明しようとしている。

コンテンツ」の質を説明するのにディープラーニングの例が登場するのは本書ぐらいでしょうね。「卒論」としてはやや長く、「書籍」としてはやや短いぐらいの文量で、論文というほど堅い文体・厳密な論理展開にはせず、書籍として読みやすいように配慮されている印象を受ける。

最初に「コンテンツ」と呼ばれているものの定義を確認し、それを作る人達「クリエイター」とは何を目指し、実際には何をしているのかを紐解いていく。
ご存知の通り、川上氏のドワンゴという会社は「ニコニコ動画」という「コンテンツを載せる仕組み」を運営しているため、そこから得たコンテンツの事実も引用しながら、観客はコンテンツの何に惹かれ、金曜ロードショーで何度放送されても飽きられないジブリ作品の秘密を分解していく。

この書籍を読んで改めて思ったのは、日本のアニメなどのコンテンツが世界で評価される中で、その質は個人個人の属人的な技能に頼りすぎてるんだろうな、ってこと。彼らのような大監督が亡くなったら、すぐに衰退してしまうような、とても脆い産業だ。
現場を知り、それを体系的な知識として後世に伝承しようってことを疎かにしてきたツケというか、日本という国は偶然登場する「職人」を作りがちだし、それに頼り過ぎているように感じる。
コンテンツに限らず、どの分野でも「人を育てる」ということをあまりにも軽視しているような。

この書籍で語られている内容が完全ではないとしても、こういう作業を続けることはとても重要だと思う。この書籍のように、「才能」や「経験」と呼ばれてブラックボックスとなっている「知」を、少しでも理論体系として世に広める習慣が根付けば良いな、と思う。


スポンサーリンク

関連記事

Mr.ビーン
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
2018年 観に行った映画振り返り
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
映画『この世界の片隅に』を観た
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観た
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
調べものは得意なのかもしれない
日本でMakersは普及するだろうか?
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
2018年4月〜5月 振り返り
2020年4月 振り返り
副業の基本と常識
実写版『進撃の巨人』を観た (ネタバレあり)
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
手軽にRAID環境が構築できる高機能ストレージケース『Drobo(ドロボ)』
2015年の振り返り
2021年11月 振り返り
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
映画『ダウンサイズ』を観た
HackerスペースとMakerスペース
2019年11月 行動振り返り
生物の骨格
2019年 観に行った映画振り返り
『ピクサー展』へ行ってきた
機械から情報の時代へ
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
透明標本
PCの自作
仮面ライダークウガ 20周年
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
マイケル・ベイの動画の感覚
他人に水面下の苦労は見えない
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
2020年1月 振り返り
あの頃で止まった時間
2020年の振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する

コメント