全脳アーキテクチャ勉強会

ここ最近、もうバズワードと化している「人工知能」ですが、人工知能って、機械学習の延長にあるのかな?
ディープラーニングについて調べてたら全脳アーキテクチャ勉強会というのを見つけた。

全脳アーキテクチャ勉強会とは?
全脳アーキテクチャ勉強会は,人間のように柔軟汎用な人工知能の実現に興味のある研究者,脳に興味のあるエンジニア,関連分野(神経科学,認知科学等)の研究者間での交流を促進し、全脳アーキテクチャを実現するために発足されました。

全脳アーキテクチャ勉強会に参加するには?
 全脳アーキテクチャ勉強会は,人間のように柔軟汎用な人工知能の実現に興味のある研究者や脳に興味のあるエンジニアなど誰でも参加できます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

その中で、全脳アーキテクチャ 若手の会というものがあるらしく、そこの第3回 ディープラーニング勉強会の資料をたまたまSlideShareで見つけたのである。

この勉強会、ドワンゴでやってたのね。


スポンサーリンク

関連記事

Pix2Pix:CGANによる画像変換
GoogleのDeep Learning論文
CLO:服飾デザインツール
まだまだ続く空想科学読本
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
生物の骨格
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
機械学習について最近知った情報
エニアグラム
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
SVM (Support Vector Machine)
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
マインドマップ作成ツール『MindNode』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
パルクール(Parkour)
ストレングス・ファインダー
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Houdiniのライセンスの種類
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
甲虫の色とか
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
透明標本
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』

コメント