ゴジラのプラモデルの組立動画

また外人のYoutube動画をご紹介。今回はゴジラのプラモデルの組立チュートリアルみたいな動画。やっぱり住環境の違いなのか、こういう制作過程を記録した動画は海外が強いですね。オイラもガレージのある家に住みたい。

さて、対象となったプラモデルはバンダイから発売されたThe特撮CollectionシリーズのNo.3の「1/350 ゴジラ モスラ幼虫付」。つまり、1964年公開のモスラ対ゴジラに登場したゴジラを再現したプラモデル。動画中にも出てくるけど、モスラの幼虫も付属している。このキットの発売開始は1983年で、実はオイラが生まれる前なのです。
このキットについてはこちらの記事が詳しい→バンダイ「1/350 ゴジラ (モスゴジ)」
バンダイ The 特撮 Collection 1/350 ゴジラ モスラ幼虫付

例によって、まだ買おうと思えばAmazonで買えることに驚いた。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

この動画では、ランナー状態から組立、塗装までおじさんが語りながら丁寧に進みます。すごく楽しそう。










さすがにインジェクションキットだと、モールドが甘くてツルツルなゴジラになっちゃうのね。怪獣ものの量産キットはプラモデルよりソフビキットの方がマシかも。
10年以上前だけど、一時期バンダイのソフビを改造してなんちゃってガレージキット気分を味わうのにハマってたことがある。ウルトラ怪獣をいくつか改造した。ある種の黒歴史だけど。いずれブログに載せようかな。

ところで、モスラ対ゴジラのブルーレイには特典映像で酒井ゆうじさんのゴジラ造形解説がついています。


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
まだまだ積んでるキット達
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
『大ゴジラ特撮王国』を見てきた
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ガレージキットのフィニッシャー
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版 公開
ゴジラのサウンドトラック
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
アニゴジ関連情報
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
ふなっしーのプラモデル
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
怪獣ガレージキット
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
『特撮のDNA』を見てきた
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製

コメント