タイミングとクオリティ

最近の雑感。

ソフトウェア製品のリリースのタイミングと、そのクオリティについての話。クオリティってのは、機能の作り込みとか、ベンチマーク可能な性能のこと。

特にWebサービスで顕著だけど、ソフトウェアのリリースには、クオリティよりもタイミングが重要なケースが増えてきている気がする。
これは、ソフトウェアというものが、「製品」というよりも「サービス」というポジションで人間の周りに浸透しているからかもしれない。スマホなどのモバイル端末が普及して、以前よりもユーザーとソフトウェアの接点が小粒になってきていることが影響してそう。小粒になるほど、気遣い的な要素が増えてきて、密なやり取りが求められるようになる。できれば無意識か、より自然な形で。

こういうさりげない気遣いみたいな要素は、接客業だと従業員の腕次第なんだけど、上手い従業員は客の隙間にうまく滑りこんでくる。この、入り込むタイミングを逃さないことが、大きな差を生む。客のお気に入りになればちょっとしたブランドになってしまう。従来、これは本当に「サービス」の分野だけの話だった。だが、ソフトウェア技術の性能差がそこそこコモディティ化してくると、ソフトウェアの価値に「サービス」的な要素を強く求められるようになってきた。


スポンサーリンク


さて、世の中を見渡せば、ソフトウェアでもこの「タイミング」を重視し、決めごとを後ろ倒しにできる開発環境がどんどん整っている。クラウドなんてまさにそう。まずは門を作って、部屋の大きさは客の入りを見ながら変化させるというやり方。早いと見せかけて、実は運営しながら中身を作り続けている。

決め事は徹底的に後ろ倒し、機械的に決まった処理は徹底的に前倒してキャッシュする。入り込むタイミングの見極めが勝敗を決めるようになっていくのだろうな。

マーク・ザッカーバーグの言葉


スポンサーリンク

完璧を目指すよりまず終わらせろ
Done is better than perfect

ってのはこのことを指しているのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

2019年6月 行動振り返り
『今年の新入社員』入社年度別新入社員タイプ一覧
素敵な本を買いました
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
草食男子必見だってさ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
書籍『天才を殺す凡人』読了
豚インフルエンザ
世界で最も正確な性格テスト
企画とエンジニア 時間感覚の違い
調べものは得意なのかもしれない
文系・理系・それ以外
2018年の振り返り
他人に水面下の苦労は見えない
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
タマムシ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
PCの自作
歯を食いしばって見るべき動画
頭がいい人
2019年3月~4月 行動の振り返り
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
2018年1月~3月 振り返り
こんなところで身体を壊している場合じゃない
ファンの力
自分のスキルセット
なりたい自分?
エニアグラム
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
インフラがアウトプットの質を左右する
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
シュールな光景
東京オリンピックと案内表示
2017年 観に行った映画振り返り
ペーパーカンパニーを作ってみたい
最近思ったこと
アメブロをしばらく放置してみた

コメント