タイミングとクオリティ

最近の雑感。

ソフトウェア製品のリリースのタイミングと、そのクオリティについての話。クオリティってのは、機能の作り込みとか、ベンチマーク可能な性能のこと。

特にWebサービスで顕著だけど、ソフトウェアのリリースには、クオリティよりもタイミングが重要なケースが増えてきている気がする。
これは、ソフトウェアというものが、「製品」というよりも「サービス」というポジションで人間の周りに浸透しているからかもしれない。スマホなどのモバイル端末が普及して、以前よりもユーザーとソフトウェアの接点が小粒になってきていることが影響してそう。小粒になるほど、気遣い的な要素が増えてきて、密なやり取りが求められるようになる。できれば無意識か、より自然な形で。

こういうさりげない気遣いみたいな要素は、接客業だと従業員の腕次第なんだけど、上手い従業員は客の隙間にうまく滑りこんでくる。この、入り込むタイミングを逃さないことが、大きな差を生む。客のお気に入りになればちょっとしたブランドになってしまう。従来、これは本当に「サービス」の分野だけの話だった。だが、ソフトウェア技術の性能差がそこそこコモディティ化してくると、ソフトウェアの価値に「サービス」的な要素を強く求められるようになってきた。


スポンサーリンク


さて、世の中を見渡せば、ソフトウェアでもこの「タイミング」を重視し、決めごとを後ろ倒しにできる開発環境がどんどん整っている。クラウドなんてまさにそう。まずは門を作って、部屋の大きさは客の入りを見ながら変化させるというやり方。早いと見せかけて、実は運営しながら中身を作り続けている。

決め事は徹底的に後ろ倒し、機械的に決まった処理は徹底的に前倒してキャッシュする。入り込むタイミングの見極めが勝敗を決めるようになっていくのだろうな。

マーク・ザッカーバーグの言葉


スポンサーリンク

完璧を目指すよりまず終わらせろ
Done is better than perfect

ってのはこのことを指しているのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
2020年4月 振り返り
2015年の振り返り
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
ネタとしてはあり
PCの自作
Konashiを買った
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
2018年4月〜5月 振り返り
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
遺伝子検査で自己分析
すてる英語学習本『ずるいえいご』
服飾デザインツール『CLO』
情報の編集
シフトカーを改造してラジコン化する人達
2018年10月~11月 振り返り
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
界王拳って実は必須スキルなのかも
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
2019年3月~4月 行動の振り返り
タイトルが記事の見出しみたい
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
自分への質問
HDDの温度
2019年10月 行動振り返り
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
PowerPointによるプレゼン
OpenCV
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
まだまだ続く空想科学読本
ブログをWordpressに引っ越して1周年
クライマックスヒーローズ
最近思ったこと
マジョーラ
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
二次創作というやつ
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
2020年5月 振り返り
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
2020年10月 振り返り

コメント