Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク

そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。

器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事