Active Appearance Models(AAM)

勉強のためのメモ。
最近こちらの資料を見ていて、顔の器官を検出する手法っていっぱい研究されてるんだなぁ、と。


スポンサーリンク

そして、器官の検出の手法って、トラッキングとニアリーのようで。


スポンサーリンク
Active Appearance Models (AAM) Fitting in the IMM Database

器官の追跡は、ただのオプティカルフロートラッキングではなくて、顔に適した幾何学的制約を設けて推定するアプローチが基本みたい。
よく聞くAAM(Active Appearance Models)は、ある特徴点群の配置を基本形状として、その基本形状からのAppearance(見え方)の変化(歪み)を表現したモデル。
ある人の顔をAAMでモデル化しておくと、その人の表情変化した顔に対して顔の見え方(Appearance)がどのように変化した(歪んだ)かを知る事ができる。
AAMの構造はシンプルで、顔の形(shape)と見え方(appearance)がそれぞれ単純な線形結合として表現されている。

【チュートリアル】 Active Appearace Models(入門編)
Iain Matthews:映画Avatarの顔表情キャプチャシステムを開発した研究者


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
MeshroomでPhotogrammetry
UnityでOpenCVを使うには?
続・ディープラーニングの資料
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ポイントクラウドコンソーシアム
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ベイズ推定とグラフィカルモデル
PCA (主成分分析)
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
AfterEffectsプラグイン開発
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
GoogleのDeep Learning論文
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...

コメント