ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活

怪獣大進撃はホビージャパンのムックの特撮系のガレージキット&トイカタログで、毎年刊行されていた。このムック本はオイラがガレージキットというものの存在を知るきっかけだったんだけど、GMKの頃を最後に終了してしまった。その後、ファンによる非公式のWeb版というのもあったな。
後年はホントにただのカタログみたいな内容ばっかりでHowToが少なかったけど、オイラは古本屋を巡ってバックナンバーを集めたりしたのである。初期の頃はフルスクラッチやガレージキット制作の記事が結構あったのだ。

そして今年、ゴジラの復活とともについに新刊登場ですよ。

怪獣大進撃 The Modeling of GODZILLA (ホビージャパンMOOK 579)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ゴジラ誕生 60 周年、そして待望の新作ゴジラ映画『GODZILLA』の公開を記念して、ホビージャパンが誇る怪獣専門 MOOK「怪獣大進撃」が復活。
今回は「The Modelling of GODZILLA」と題し、少数生産ながらハイクオリティーな造型が魅力のガレージキット、多彩なラインナップがコレクター心をくすぐるアクションフィギュア、懐かしのソフビ人形など、さまざまな立体物を通して、半世紀以上も日本人に愛され続けるゴジラと東宝怪獣の魅力に迫ります。

今回はホントにゴジラだらけの一冊になっている。ゴジラのフィギュアを使ったジオラマ制作記事では、モデラーの思い出話も充実(笑)
最後に各原型師達の作業場写真が載っていて、表紙を飾っている酒井ゆうじさん原型制作の初代ゴジラができるまでの連写もある。


スポンサーリンク

関連記事

プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
TOHOシネマズ新宿
仕事の速いファンアート
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
SFX技術のドキュメンタリー番組『ムービー・マジック』
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
ゴジラの音楽
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
映画『ピーターラビット』を観た
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
夕刊ゴジラ
『ウルトラマンG』と『ウルトラマンパワード』のBlu-ray BOX
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
ラクガキの立体化 胴体の追加
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
映像ビジネスの未来
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
映画『この世界の片隅に』を観た
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編

コメント