Kinect for Windows v2の日本価格決定

Kinect for Windows v2の日本販売価格がやっと発表された。

日本での販売価格は19,980円(税込21,578円)
前のKinectよりも安いね。

Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)


スポンサーリンク

Kinect for Windows SDK 2.0 では、C++、C#、VB.Net、Cx、JavaScript をベースとしたアプリケーションを開発できます。

Kinect for Windows v2 Developer Preview Programの時は、参加費用399ドル(約40,000円)と言っておきながら、日本法人窓口を通すと59,200円になっちゃってたから、もっと値上がりするかと思ったけど、これで一安心。(何がだ)

Developer Preview Programの支払いはクレジットカードだったけど、カード番号を電話口で言うっていう、個人情報の扱い的に危険なことをした。
さて、今回はどうなんでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
GoogleのDeep Learning論文
統計的な顔モデル
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
ディープラーニング
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenCV
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
機械学習手法『Random Forest』
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
続・ディープラーニングの資料
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Paul Debevec
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Photogrammetry (写真測量法)
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
機械学習について最近知った情報
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...

コメント