Kinect for Windows v2の日本価格決定

Kinect for Windows v2の日本販売価格がやっと発表された。

日本での販売価格は19,980円(税込21,578円)
前のKinectよりも安いね。

Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)


スポンサーリンク

Kinect for Windows SDK 2.0 では、C++、C#、VB.Net、Cx、JavaScript をベースとしたアプリケーションを開発できます。

Kinect for Windows v2 Developer Preview Programの時は、参加費用399ドル(約40,000円)と言っておきながら、日本法人窓口を通すと59,200円になっちゃってたから、もっと値上がりするかと思ったけど、これで一安心。(何がだ)

Developer Preview Programの支払いはクレジットカードだったけど、カード番号を電話口で言うっていう、個人情報の扱い的に危険なことをした。
さて、今回はどうなんでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV バージョン4がリリースされた!
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
OpenCV
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
コンピュータビジョンの技術マップ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
海外ドラマのChromaKey
3D復元技術の情報リンク集
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
CGのためのディープラーニング
機械学習手法『Random Forest』
今年もSSII
ベイズ推定とグラフィカルモデル
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Adobe MAX 2015
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
統計的な顔モデル
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...

コメント