Kinect for Windows v2の日本価格決定

Kinect for Windows v2の日本販売価格がやっと発表された。

日本での販売価格は19,980円(税込21,578円)
前のKinectよりも安いね。

Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)


スポンサーリンク

Kinect for Windows SDK 2.0 では、C++、C#、VB.Net、Cx、JavaScript をベースとしたアプリケーションを開発できます。

Kinect for Windows v2 Developer Preview Programの時は、参加費用399ドル(約40,000円)と言っておきながら、日本法人窓口を通すと59,200円になっちゃってたから、もっと値上がりするかと思ったけど、これで一安心。(何がだ)

Developer Preview Programの支払いはクレジットカードだったけど、カード番号を電話口で言うっていう、個人情報の扱い的に危険なことをした。
さて、今回はどうなんでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

ベイズ推定とグラフィカルモデル
OpenCV バージョン4がリリースされた!
OpenCVで動画の手ぶれ補正
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
海外ドラマのChromaKey
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
OpenGVのライブラリ構成
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
PCA (主成分分析)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ニューラルネットワークと深層学習
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCV
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
AfterEffectsプラグイン開発
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ディープラーニング
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
ポイントクラウドコンソーシアム
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料

コメント