Kinect for Windows v2の日本価格決定

Kinect for Windows v2の日本販売価格がやっと発表された。

日本での販売価格は19,980円(税込21,578円)
前のKinectよりも安いね。

Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)


スポンサーリンク

Kinect for Windows SDK 2.0 では、C++、C#、VB.Net、Cx、JavaScript をベースとしたアプリケーションを開発できます。

Kinect for Windows v2 Developer Preview Programの時は、参加費用399ドル(約40,000円)と言っておきながら、日本法人窓口を通すと59,200円になっちゃってたから、もっと値上がりするかと思ったけど、これで一安心。(何がだ)

Developer Preview Programの支払いはクレジットカードだったけど、カード番号を電話口で言うっていう、個人情報の扱い的に危険なことをした。
さて、今回はどうなんでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
UnityでOpenCVを使うには?
OpenGVの用語
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
CGのためのディープラーニング
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
ニューラルネットワークと深層学習
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
PCA (主成分分析)
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ベイズ推定とグラフィカルモデル
続・ディープラーニングの資料
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Active Appearance Models(AAM)
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
顔画像処理技術の過去の研究
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)

コメント