Kinect for Windows v2の日本価格決定

Kinect for Windows v2の日本販売価格がやっと発表された。

日本での販売価格は19,980円(税込21,578円)
前のKinectよりも安いね。

Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)


スポンサーリンク

Kinect for Windows SDK 2.0 では、C++、C#、VB.Net、Cx、JavaScript をベースとしたアプリケーションを開発できます。

Kinect for Windows v2 Developer Preview Programの時は、参加費用399ドル(約40,000円)と言っておきながら、日本法人窓口を通すと59,200円になっちゃってたから、もっと値上がりするかと思ったけど、これで一安心。(何がだ)

Developer Preview Programの支払いはクレジットカードだったけど、カード番号を電話口で言うっていう、個人情報の扱い的に危険なことをした。
さて、今回はどうなんでしょうね。


スポンサーリンク

関連記事

C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Adobe MAX 2015
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OpenGVの用語
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCV
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
統計的な顔モデル
ニューラルネットワークと深層学習
Active Appearance Models(AAM)
CGのためのディープラーニング
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ポイントクラウドコンソーシアム
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
MeshroomでPhotogrammetry
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ディープラーニング
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

コメント