Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい

Point Cloud Libraryは、Kinectを触るようになってから使い始めた。
現状では、点群データを連番で吐き出すぐらいしか動画保存する手段がなかったので、動画フォーマットが追加されるのは嬉しいところ。

Point Cloud LibraryのGSoC’14 でのProposalが盛りだくさん

点群はCGだと思っている。


スポンサーリンク

KinectでPoint Cloud Library使う例が載ってたのがこの本。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Physically Based Rendering
デザインのリファイン再び
Unityをレンダラとして活用する
PolyPaint
顔画像処理技術の過去の研究
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
OpenGVのライブラリ構成
ジュラシック・パークのメイキング
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ZBrush 2018での作業環境を整える
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Photogrammetry (写真測量法)
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Adobe MAX 2015
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
注文してた本が届いた
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Maya API Reference
3Dグラフィックスの入門書
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加

コメント