Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい

Point Cloud Libraryは、Kinectを触るようになってから使い始めた。
現状では、点群データを連番で吐き出すぐらいしか動画保存する手段がなかったので、動画フォーマットが追加されるのは嬉しいところ。

Point Cloud LibraryのGSoC’14 でのProposalが盛りだくさん

点群はCGだと思っている。


スポンサーリンク

KinectでPoint Cloud Library使う例が載ってたのがこの本。


スポンサーリンク

関連記事

UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
コンピュータビジョンの技術マップ
Blender 2.8がついに正式リリース!
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
タマムシっぽい質感
Maya LTのQuick Rigを試す
Mayaのプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Blenderでよく使うaddon
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Stanford Bunny
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
MFnMeshクラスのsplit関数
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 進捗
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
CreativeCOW.net
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
参考になりそうなサイト
SIGGRAPH ASIAのマスコット
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrush 2018での作業環境を整える
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
今年もSSII
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ラクガキの立体化 モールドの追加
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Mayaのポリゴン分割ツールの進化

コメント