Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン

何かすごく誰得なMayaプラグイン見つけたw
 
とはいえ、Autodeskが公式で出してるものらしい。MayaとLeap Motionを繋いで、Maya上のオブジェクトをジェスチャーで操作できる。
Plug-in for Autodesk Maya 2014

本物の3D空間内で素手を用いて3Dシーンと相互作用するための完全に新しい方法を提供するAutodesk Maya 2014用のプラグイン。
3Dアニメーション、モデリング、彫刻、シミュレーション、ペイント効果、カメラコントロールなどのAutodesk Mayaを用いた様々なシナリオを実行するためにLeap Motion Controllerと併用する際のインテラクションをこれまでになく簡単にカスタマイズできます!
このプラグインはMayaのC++, MelとPython APIsを通じて、MayaユーザーにLeap Motionコントロール用インターフェースとSDKへの強力で使いやすいアクセスを提供します。

機能
Leap Motion Controllerを用いてMayaのほとんど全てのアスペクトをコントロールできます
・あなた独自のLeap Motion用カスタムMayaツールを作成できます
・MayaのC++, MelとPython APIs を用いた簡単なスクリプティング統合


スポンサーリンク


スポンサーリンク


 
モーションキャプチャ用途なのかなぁ。。
 
ダウンロードはこちらから
 

そういや、最近Leap Motionの書籍が出たね。
LeapMotionプログラミングガイド (I・O BOOKS)
 


スポンサーリンク

関連記事

Paul Debevec
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ニューラルネットワークで画像分類
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Mayaのプラグイン開発
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
ディープラーニング
ポイントクラウドコンソーシアム
UnityでOpenCVを使うには?
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenGVの用語
自前のShaderがおかしい件
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenMayaのPhongShaderクラス
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
参考になりそうなサイト
3D復元技術の情報リンク集
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Maya LTのQuick Rigを試す
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Maya API Reference
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
顔のモデリング
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
SIGGRAPH ASIAのマスコット
clearcoat Shader
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...

コメント