Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン

何かすごく誰得なMayaプラグイン見つけたw
 
とはいえ、Autodeskが公式で出してるものらしい。MayaとLeap Motionを繋いで、Maya上のオブジェクトをジェスチャーで操作できる。
Plug-in for Autodesk Maya 2014

本物の3D空間内で素手を用いて3Dシーンと相互作用するための完全に新しい方法を提供するAutodesk Maya 2014用のプラグイン。
3Dアニメーション、モデリング、彫刻、シミュレーション、ペイント効果、カメラコントロールなどのAutodesk Mayaを用いた様々なシナリオを実行するためにLeap Motion Controllerと併用する際のインテラクションをこれまでになく簡単にカスタマイズできます!
このプラグインはMayaのC++, MelとPython APIsを通じて、MayaユーザーにLeap Motionコントロール用インターフェースとSDKへの強力で使いやすいアクセスを提供します。

機能
Leap Motion Controllerを用いてMayaのほとんど全てのアスペクトをコントロールできます
・あなた独自のLeap Motion用カスタムMayaツールを作成できます
・MayaのC++, MelとPython APIs を用いた簡単なスクリプティング統合


スポンサーリンク


スポンサーリンク


 
モーションキャプチャ用途なのかなぁ。。
 
ダウンロードはこちらから
 

そういや、最近Leap Motionの書籍が出たね。
LeapMotionプログラミングガイド (I・O BOOKS)
 


スポンサーリンク

関連記事

Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
機械学習について最近知った情報
UnityでPoint Cloudを表示する方法
参考になりそうなサイト
続・ディープラーニングの資料
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
立体視を試してみた
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Kinect for Windows v2の日本価格決定
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
今年もSSII
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
機械学習手法『Random Forest』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
GoogleのDeep Learning論文
Maya API Reference
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
統計的な顔モデル
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
adskShaderSDK
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植

コメント