Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン

何かすごく誰得なMayaプラグイン見つけたw
 
とはいえ、Autodeskが公式で出してるものらしい。MayaとLeap Motionを繋いで、Maya上のオブジェクトをジェスチャーで操作できる。
Plug-in for Autodesk Maya 2014

本物の3D空間内で素手を用いて3Dシーンと相互作用するための完全に新しい方法を提供するAutodesk Maya 2014用のプラグイン。
3Dアニメーション、モデリング、彫刻、シミュレーション、ペイント効果、カメラコントロールなどのAutodesk Mayaを用いた様々なシナリオを実行するためにLeap Motion Controllerと併用する際のインテラクションをこれまでになく簡単にカスタマイズできます!
このプラグインはMayaのC++, MelとPython APIsを通じて、MayaユーザーにLeap Motionコントロール用インターフェースとSDKへの強力で使いやすいアクセスを提供します。

機能
Leap Motion Controllerを用いてMayaのほとんど全てのアスペクトをコントロールできます
・あなた独自のLeap Motion用カスタムMayaツールを作成できます
・MayaのC++, MelとPython APIs を用いた簡単なスクリプティング統合


スポンサーリンク


スポンサーリンク
Leap Motion Plug-in for Autodesk Maya 2014

 
モーションキャプチャ用途なのかなぁ。。
 
ダウンロードはこちらから
 

そういや、最近Leap Motionの書籍が出たね。
LeapMotionプログラミングガイド (I・O BOOKS)
 


スポンサーリンク

関連記事

Mayaのポリゴン分割ツールの進化
WordPressプラグインの作り方
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
MeshroomでPhotogrammetry
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ファンの力
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
顔のモデリング
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
3D復元技術の情報リンク集
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
自前のShaderがおかしい件
Maya API Reference
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
HD画質の無駄遣い その2
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ポイントクラウドコンソーシアム
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Paul Debevec
参考になりそうなサイト

コメント