WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて

たったの1週間ではあるけど、WordPressをGoogle App Engineで動かしてみた感想。

Google App Engine上でわざわざWordPress動かすってのがややズレた使い方っぽいことが分かってきた。(笑)
WordPressを使う場合、Google App Engineの「アプリによるシステムディレクトリへの書き込みが許可されていない」って制約が地味に不便。
デプロイするのはGUIのランチャーを使えて楽なんだが、WordPressは既存のテーマやプラグインが豊富なんで、そもそもコードを書く必要がほぼ無いし、システムディレクトリに書き込みが許可されていれば管理画面から簡単にインストールできるはず。
SEO的な各種プラグインはシステムディレクトリにファイルを置いたりする仕様だったりして、Google App Engine上では使えなかった。SEO対策しないと全く検索結果に出てこないみたい。その点、はてなはすごかったんだなぁ。

課金の問題。アプリが動作するインスタンスは無料プラン枠で動かしているけど、データベースとして使っているCloud SQLは有料。今は一番容量の少ないやつでデータベースへのアクセス数に応じた従量課金にしてる。ほぼ自分しかアクセスしていないのに5ドルほど取られたね。
そして、Google App Engineだと独自ドメインでのSSLは結構な料金が取られるみたい。


スポンサーリンク

応答速度の問題。アプリとデータベース、どちらの問題かわからないけど、このままのプランだと、サイトの応答がメチャクチャ遅くて使い物にならない。この辺はデベロッパーコンソールで解析すればどこがボトルネックかわかるのかも。
実用面を考えると、Google App EngineでwordPress製のサイトの応答速度を上げるにはそれなりに課金しないとダメみたい。こいつは遊ぶにはちょっと高くつきそうなのである。

ということで、他のクラウドサービスと比べてみようと思い始めた。クラウドサービスで他に知っているのはAmazon Web Servicesぐらいなので次はそっちを触ってみようと思う。また同じようにWordPressを入れて…
Amazon EC2 に WordPress をインストール
Amazon Web Services にWordpressを入れてみる

このブログはしばらく続けるけど、もしかしたらそっくり別のクラウドサービスへ移行するかも。その時はまだ同じドメインhttps://blog.negativemind.com/で設定し直すかな。ナンバーポータビリティならぬ、ドメインポータビリティか。


スポンサーリンク

関連記事

プログラミングスキルとは何か?
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
書籍『ROSプログラミング』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ブログの復旧が難航してた話
C++の抽象クラス
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Unityの薄い本
Google Chromecast
続・ディープラーニングの資料
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
仮想関数
Iterator
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
konashiのサンプルコードを動かしてみた
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
このブログのデザインに飽きてきた
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
iPhoneをSSHクライアントとして使う
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
UnityからROSを利用できる『ROS#』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
AfterEffectsプラグイン開発
クラスの基本
Konashiを買った
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
html5のcanvasの可能性
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

コメント