WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて

たったの1週間ではあるけど、WordPressをGoogle App Engineで動かしてみた感想。

Google App Engine上でわざわざWordPress動かすってのがややズレた使い方っぽいことが分かってきた。(笑)
WordPressを使う場合、Google App Engineの「アプリによるシステムディレクトリへの書き込みが許可されていない」って制約が地味に不便。
デプロイするのはGUIのランチャーを使えて楽なんだが、WordPressは既存のテーマやプラグインが豊富なんで、そもそもコードを書く必要がほぼ無いし、システムディレクトリに書き込みが許可されていれば管理画面から簡単にインストールできるはず。
SEO的な各種プラグインはシステムディレクトリにファイルを置いたりする仕様だったりして、Google App Engine上では使えなかった。SEO対策しないと全く検索結果に出てこないみたい。その点、はてなはすごかったんだなぁ。

課金の問題。アプリが動作するインスタンスは無料プラン枠で動かしているけど、データベースとして使っているCloud SQLは有料。今は一番容量の少ないやつでデータベースへのアクセス数に応じた従量課金にしてる。ほぼ自分しかアクセスしていないのに5ドルほど取られたね。
そして、Google App Engineだと独自ドメインでのSSLは結構な料金が取られるみたい。


スポンサーリンク

応答速度の問題。アプリとデータベース、どちらの問題かわからないけど、このままのプランだと、サイトの応答がメチャクチャ遅くて使い物にならない。この辺はデベロッパーコンソールで解析すればどこがボトルネックかわかるのかも。
実用面を考えると、Google App EngineでwordPress製のサイトの応答速度を上げるにはそれなりに課金しないとダメみたい。こいつは遊ぶにはちょっと高くつきそうなのである。

ということで、他のクラウドサービスと比べてみようと思い始めた。クラウドサービスで他に知っているのはAmazon Web Servicesぐらいなので次はそっちを触ってみようと思う。また同じようにWordPressを入れて…
Amazon EC2 に WordPress をインストール
Amazon Web Services にWordpressを入れてみる

このブログはしばらく続けるけど、もしかしたらそっくり別のクラウドサービスへ移行するかも。その時はまだ同じドメインhttps://blog.negativemind.com/で設定し直すかな。ナンバーポータビリティならぬ、ドメインポータビリティか。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでPoint Cloudを表示する方法
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
Python2とPython3
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ROSの薄い本
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WinSCP
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
まだ続くブログの不調
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
UnityでLight Shaftを表現する
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
書籍『ROSプログラミング』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
HD画質の無駄遣い
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
pythonもかじってみようかと
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

コメント