Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール

Webサイトをデザインする際、ページレイアウトや機能設計など、最初に作るWebサイトの骨組みのことを「ワイヤーフレーム」と呼ぶらしい。
CG上がりの自分は、ワイヤーフレームと言うと内挿補間していないポリゴンを連想してしまうのだが、この「Webサイトのワイヤーフレーム」は要するに「画面設計」みたいなものだろうか。
画面設計と呼ぶと途端にエクセル方眼紙みたいなイメージがわくけど、こっちはSEやプログラマー用語なんだろうか。

このワイヤーフレームを作るためのオンラインツールというものがいくつか存在するらしい。
iPlotz
Gliffy
mockingbird
参考:オンラインで使えるワイヤーフレーム作成ツール


スポンサーリンク

ちょっと触ってみたけど、単純にレイアウトや色味などをデザインしたいなら、PhotoshopやIllustratorの方が良さそう。たぶんWebサイト設計で問題となるのは「機能」なんだろうな、と改めて思う。
デザインとは言っても、Webサイトの場合は完全にゼロから自由に始めることはほとんどなくて、使うインフラやライブラリはすでに検討をつけてあり、必然的に制約が担保される。
Webサイトのデザイン作業において、機能をアイコン表記するだけで成り立つのは、「全く新しい機能」なんてものはほとんど導入しないから。
また、業務システムの設計がエクセル方眼紙でそこそこ成り立つのも同じで「UIはいつものパターン」という共通認識が出来上がっているから。業務システムでまず注力するのはビジネスロジックであって、UIやUXではない。
UIデザインと機能デザインを同時平行して「全く新しいもの」なんてなかなか作れるもんじゃない。
と、昔の業務システム開発の経験を振り返ったのであった。(何が言いたかったんだ?)


スポンサーリンク

関連記事

UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
AMIMOTO HHVMのパッケージを3.9へ更新
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
まだ続くブログの不調
ブログをSSL化
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
OANDAのfxTrade API
UnityからROSを利用できる『ROS#』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
生物の骨格
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
C++の抽象クラス
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Mayaのプラグイン開発
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

コメント