Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール

Webサイトをデザインする際、ページレイアウトや機能設計など、最初に作るWebサイトの骨組みのことを「ワイヤーフレーム」と呼ぶらしい。
CG上がりの自分は、ワイヤーフレームと言うと内挿補間していないポリゴンを連想してしまうのだが、この「Webサイトのワイヤーフレーム」は要するに「画面設計」みたいなものだろうか。
画面設計と呼ぶと途端にエクセル方眼紙みたいなイメージがわくけど、こっちはSEやプログラマー用語なんだろうか。

このワイヤーフレームを作るためのオンラインツールというものがいくつか存在するらしい。
iPlotz
Gliffy
mockingbird
参考:オンラインで使えるワイヤーフレーム作成ツール


スポンサーリンク

ちょっと触ってみたけど、単純にレイアウトや色味などをデザインしたいなら、PhotoshopやIllustratorの方が良さそう。たぶんWebサイト設計で問題となるのは「機能」なんだろうな、と改めて思う。
デザインとは言っても、Webサイトの場合は完全にゼロから自由に始めることはほとんどなくて、使うインフラやライブラリはすでに検討をつけてあり、必然的に制約が担保される。
Webサイトのデザイン作業において、機能をアイコン表記するだけで成り立つのは、「全く新しい機能」なんてものはほとんど導入しないから。
また、業務システムの設計がエクセル方眼紙でそこそこ成り立つのも同じで「UIはいつものパターン」という共通認識が出来上がっているから。業務システムでまず注力するのはビジネスロジックであって、UIやUXではない。
UIデザインと機能デザインを同時平行して「全く新しいもの」なんてなかなか作れるもんじゃない。
と、昔の業務システム開発の経験を振り返ったのであった。(何が言いたかったんだ?)


スポンサーリンク

関連記事

WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
クラスの基本
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Managing Software Requirements: A Unified Approach
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
WordPress on Windows Azure
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ニューラルネットワークで画像分類
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
Google App Engineのデプロイ失敗
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Quartus II
C++始めようと思うんだ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
定数
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
AMIMOTO HHVMのパッケージを3.9へ更新
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
現在公開されているWeb API一覧
まだ続くブログの不調
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Raspberry Pi
WordPressプラグインの作り方
マルコフ連鎖モンテカルロ法
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
ROSの薄い本
実は頻発しているブログの不具合
Model View Controller

コメント