Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール

Webサイトをデザインする際、ページレイアウトや機能設計など、最初に作るWebサイトの骨組みのことを「ワイヤーフレーム」と呼ぶらしい。
CG上がりの自分は、ワイヤーフレームと言うと内挿補間していないポリゴンを連想してしまうのだが、この「Webサイトのワイヤーフレーム」は要するに「画面設計」みたいなものだろうか。
画面設計と呼ぶと途端にエクセル方眼紙みたいなイメージがわくけど、こっちはSEやプログラマー用語なんだろうか。

このワイヤーフレームを作るためのオンラインツールというものがいくつか存在するらしい。
iPlotz
Gliffy
mockingbird
参考:オンラインで使えるワイヤーフレーム作成ツール


スポンサーリンク

ちょっと触ってみたけど、単純にレイアウトや色味などをデザインしたいなら、PhotoshopやIllustratorの方が良さそう。たぶんWebサイト設計で問題となるのは「機能」なんだろうな、と改めて思う。
デザインとは言っても、Webサイトの場合は完全にゼロから自由に始めることはほとんどなくて、使うインフラやライブラリはすでに検討をつけてあり、必然的に制約が担保される。
Webサイトのデザイン作業において、機能をアイコン表記するだけで成り立つのは、「全く新しい機能」なんてものはほとんど導入しないから。
また、業務システムの設計がエクセル方眼紙でそこそこ成り立つのも同じで「UIはいつものパターン」という共通認識が出来上がっているから。業務システムでまず注力するのはビジネスロジックであって、UIやUXではない。
UIデザインと機能デザインを同時平行して「全く新しいもの」なんてなかなか作れるもんじゃない。
と、昔の業務システム開発の経験を振り返ったのであった。(何が言いたかったんだ?)


スポンサーリンク

関連記事

RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCVで動画の手振れ補正
デザインのリファイン再び
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
続・ディープラーニングの資料
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
C++始めようと思うんだ
html5のcanvasの可能性
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
生物の骨格
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
3DCG Meetup #4に行ってきた
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
UnityのAR FoundationでARKit 3
Model View Controller
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
実は頻発しているブログの不具合
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OANDAのfxTrade API
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenGVの用語
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
3Dグラフィックスの入門書

コメント