ZBrushのお勉強

ZBrush持っているのにあんまり触れてない。



フルHD解像度の動画が個人で手軽に制作できて、当たり前のようにアップロードできてしまうのに時代を感じる。


スポンサーリンク


ZBrushの体験版を触り始めた頃はPCのメモリが足りなくてほとんどディティールは作り込めなかったけど、使っていたディスプレイの解像度も低かったし、短時間で概形が出来上がるのが楽しかった。

ドクロ

ビオゴジもどき

ミレゴジもどき

ファンタジーっぽいの

dragonSkall

今はスマホもフルHDを超える解像度の撮影・表示ができてしまう。コンテンツに求められるディティールも増すばかりだ。

田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)ZBrush キャラクタークリエーション - 高度なスカルプティングテクニック -(DVD付)ZBrush スタジオプロジェクト: リアルゲームキャラクター~DVD付~


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
無能の作り方
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
adskShaderSDK
アニゴジ関連情報
Unityで360度ステレオVR動画を作る
こんなところで身体を壊している場合じゃない
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Stanford Bunny
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
素敵なパーティクル
2020年3月 振り返り
Houdiniのライセンスの種類
頭がいい人
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
線画を遠近法で描く
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Maya API Reference
ZBrushトレーニング
Open Shading Language (OSL)
2020年11月 振り返り
布のモデリング
Unityの薄い本
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
企画とエンジニア 時間感覚の違い
ZBrush キャラクター&クリーチャー
マジョーラ
ラクガキの立体化 目標設定
2020年2月 振り返り
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン

コメント