ZBrushのお勉強

ZBrush持っているのにあんまり触れてない。


スポンサーリンク
ZBrush Creature Modeling

フルHD解像度の動画が個人で手軽に制作できて、当たり前のようにアップロードできてしまうのに時代を感じる。


スポンサーリンク


ZBrushの体験版を触り始めた頃はPCのメモリが足りなくてほとんどディティールは作り込めなかったけど、使っていたディスプレイの解像度も低かったし、短時間で外形が出来上がるのが楽しかった。

ドクロ

ビオゴジもどき

ミレゴジもどき

ファンタジーっぽいの

dragonSkall

今はスマホもフルHDを超える解像度の撮影・表示ができてしまう。コンテンツに求められるディティールも増すばかりだ。

田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)ZBrush キャラクタークリエーション - 高度なスカルプティングテクニック -(DVD付)ZBrush スタジオプロジェクト: リアルゲームキャラクター~DVD付~


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
色んな三面図があるサイト
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
最近のフィギュアの製造工程
こんなところで身体を壊している場合じゃない
ラクガキの立体化
2015年10月21日
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
MFnMeshクラスのsplit関数
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
Raytracing Wiki
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
進撃のタカラトミー
2019年1月~2月 振り返り
Mr.ビーン
UnityでARKit2.0
2018年1月~3月 振り返り
3DCG Meetup #4に行ってきた
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
2017年の振り返り
SIGGRAPH ASIAのマスコット
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Unreal Engineの薄い本
9月の振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
言葉が支配する世界
書籍『天才を殺す凡人』読了
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushの練習 手のモデリング
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
Houdiniのライセンスの種類
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
Stanford Bunny
AfterEffectsプラグイン開発
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
8月の振り返り

コメント