ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク
DMP Pica200 Mikage demo (Nintendo 3DS GPU)

PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

Mayaのシェーディングノードの区分
clearcoat Shader
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ラクガキの立体化 胴体の追加
UnityのAR FoundationでARKit 3
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushのUV MasterでUV展開
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Ambient Occlusionを解析的に求める
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
タダでRenderManを体験する方法
Oculus Goを購入!
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
服飾デザインツール『CLO』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
参考になりそうなサイト
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ガメラ生誕50周年
Blender 2.8がついに正式リリース!
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ファンの力
デザインのリファイン再び
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン

コメント