ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク



PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Mayaのシェーディングノードの区分
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushのZScript入門
Houdiniのライセンスの種類
ゴジラの造形
3DCGのモデルを立体化するサービス
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
ZScript
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
テスト
ZBrushで人型クリーチャー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
MFnDataとMFnAttribute
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
MeshroomでPhotogrammetry
なんかすごいサイト
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
CGのためのディープラーニング
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Maya LTのQuick Rigを試す
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
SIGGRAPH Asia
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
SIGGRAPH ASIAのマスコット

コメント