ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク
DMP Pica200 Mikage demo (Nintendo 3DS GPU)

PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
この本読むよ
ゴジラ(2014)のメイキング
ラクガキの立体化 反省
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
CreativeCOW.net
BlenderのRigifyでリギング
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ゴジラ三昧
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
3Dグラフィックスの入門書
Physically Based Rendering
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
CGのためのディープラーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
OpenMayaRender
UnityのAR FoundationでARKit 3
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
AfterEffectsプラグイン開発
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrush キャラクター&クリーチャー
MFnMeshクラスのsplit関数
単純に遊びに行くのはだめなのか?
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

コメント