ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク



PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Mayaのシェーディングノードの区分
ファンの力
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ゴジラ三昧
Mayaのレンダリング アトリビュート
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
3D復元技術の情報リンク集
Mayaのプラグイン開発
ラクガキの立体化 進捗
ZBrush 4R7
天体写真の3D動画
ZBrushのお勉強
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Open Shading Language (OSL)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Oculus Goを購入!
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Blenderでよく使うaddon
この連休でZBrushの スキルアップを…
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
なんかすごいサイト
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Raytracing Wiki
ラクガキの立体化 胴体の追加
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
3DCGのモデルを立体化するサービス
CGのためのディープラーニング

コメント