ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク



PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

3D復元技術の情報リンク集
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
Blenderでよく使うaddon
Vancouver Film Schoolのデモリール
タダでRenderManを体験する方法
Photogrammetry (写真測量法)
シン・ゴジラのファンアート
なんかすごいサイト
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Maya API Reference
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Unityをレンダラとして活用する
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrush 2018へのアップグレード
Blender 2.8がついに正式リリース!
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
フルCGのウルトラマン!?
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ファンの力
Mayaのプラグイン開発
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
布地のシワの法則性
布のモデリング
ZBrushの練習 手のモデリング
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushで人型クリーチャー
Unite 2014の動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み

コメント