ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク



PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
プログラムによる景観の自動生成
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Blenderでよく使うaddon
なんかすごいサイト
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Mayaのプラグイン開発
ZBrushのUV MasterでUV展開
ジュラシック・パークのメイキング
3D復元技術の情報リンク集
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
MRenderUtil::raytrace
UnityのGlobal Illumination
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushの練習 手のモデリング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
AfterEffectsプラグイン開発
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushCore
ゴジラ三昧
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushの作業環境を見直す
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ラクガキの立体化 反省
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整

コメント