ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク
DMP Pica200 Mikage demo (Nintendo 3DS GPU)

PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Open Shading Language (OSL)
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ガメラ生誕50周年
無料で使える人体3DCG作成ツール
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
フルCGのウルトラマン!?
ラクガキの立体化 胴体の追加
CEDEC 3日目
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
3Dグラフィックスの入門書
ゴジラの造形
MRenderUtil::raytrace
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
デザインのリファイン再び
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
CreativeCOW.net
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
iPhone欲しいなぁ
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
『ピクサー展』へ行ってきた
Unityの薄い本
Oculus Goを購入!
BlenderのRigifyでリギング
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む

コメント