ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク
DMP Pica200 Mikage demo (Nintendo 3DS GPU)

PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

なんかすごいサイト
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrush 4R7
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
参考書
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
マイケル・ベイの動画の感覚
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Mayaのプラグイン開発
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ジュラシック・パークのメイキング
SIGGRAPH Asia
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
MFnDataとMFnAttribute
ZBrush 4R8 リリース!
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushで基本となるブラシ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

コメント