ニンテンドー3DSのGPU PICA200

ニンテンドー3DSに搭載するプロセッサのグラフィック部分は株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)の3DグラフィックスIPコア『PICA200』を採用するらしい。

デモ映像↓


スポンサーリンク
DMP Pica200 Mikage demo (Nintendo 3DS GPU)

PICA200はOPENGL ES 1.1の命令セットに対応しつつ、+αとしてDMP独自のMAESTROテクノロジーというものを搭載している。このMAESTROテクノロジーではパーピクセルライティング、トゥーンレンダリング、プロシージャルテクスチャ、屈折マッピング、サブディビジョンプリミティブ、シャドウ、ガスオブジェクト描画などの処理を低消費電力・省メモリで実現可能とか。
このDMPという会社は日本のベンチャー企業で、TwitterのTLを見ると、GPUに日本の会社の技術が採用されたのを驚く声も。(大方の予想はNVIDIAだったらしい)

以下、関連記事リンク。
任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」に搭載されたグラフィックチップセットの正体が明らかに:Gigazine
ニンテンドー3DSのグラフィック技術判明、DMP製「PICA200」コア:engadget日本版
SIGGRAPH 2006 – 日本発のGPUテクノロジー「PICA200」が公開:マイコミジャーナル
ニンテンドー3DSのGPUの正体が明らかに!:(善)力疾走

追記:ニンテンドー3DSにDMPの3DグラフィックスIPコア「PICA200」が採用された理由:マイコミジャーナル


スポンサーリンク

関連記事

フォトンの放射から格納までを可視化した動画
色んな三面図があるサイト
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
生物の骨格
プログラムによる景観の自動生成
Unityの薄い本
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
MFnDataとMFnAttribute
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushの作業環境を見直す
ZBrushCore
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrush 2018での作業環境を整える
UnityでARKit2.0
ZBrushで基本となるブラシ
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Unite 2014の動画
マジョーラ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
MeshroomでPhotogrammetry
ジュラシック・パークのメイキング
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Subsurface scatteringの動画
Maya LTのQuick Rigを試す
布地のシワの法則性

コメント