Mayaのレンダリング アトリビュート

しばらく知らずに、サンプルコードから闇雲にコード打ってたおバカな自分。なのでメモ。

またMayaオンラインヘルプ→レンダリング アトリビュート
いままで、Shading Groupsで必要な出力アトリビュートサンプル単位で使用可能なレンダリング アトリビュートの一部しか知らなかった。フレーム単位で使用可能なレンダリング アトリビュートはほとんどカメラ関係だね。


スポンサーリンク

注:シェーディング プロセスでは、アトリビュートにロング ネームを使用します。したがって、ショート ネームがどんな名前でも関係ありません。

ショートネームって、一体どこで使われるの?
さて、任意の領域のサンプリングはどうやるんだろう。


スポンサーリンク

関連記事

GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrush 4R7
OpenGVの用語
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Maya API Reference
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
HD画質の無駄遣い その2
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZScript
ZBrush 2018での作業環境を整える
clearcoat Shader
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrush 2018へのアップグレード
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
OpenGVのライブラリ構成
Photogrammetry (写真測量法)
Mayaのプラグイン開発
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
OpenCV バージョン4がリリースされた!
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Physically Based Rendering
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング

コメント