Mayaのレンダリング アトリビュート

しばらく知らずに、サンプルコードから闇雲にコード打ってたおバカな自分。なのでメモ。

またMayaオンラインヘルプ→レンダリング アトリビュート
いままで、Shading Groupsで必要な出力アトリビュートサンプル単位で使用可能なレンダリング アトリビュートの一部しか知らなかった。フレーム単位で使用可能なレンダリング アトリビュートはほとんどカメラ関係だね。


スポンサーリンク

注:シェーディング プロセスでは、アトリビュートにロング ネームを使用します。したがって、ショート ネームがどんな名前でも関係ありません。

ショートネームって、一体どこで使われるの?
さて、任意の領域のサンプリングはどうやるんだろう。


スポンサーリンク

関連記事

BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
PolyPaint
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
Oculus Goを購入!
ゴジラの造形
ZBrushの練習 手のモデリング
Maya 2015から標準搭載されたMILA
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Unite 2014の動画
クラスの基本
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
マジョーラ
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Unreal Engine 5の情報が公開された!
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ラクガキの立体化 反省
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ラクガキの立体化 モールドの追加
顔モデリングのチュートリアル
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料

コメント