Mayaのレンダリング アトリビュート

しばらく知らずに、サンプルコードから闇雲にコード打ってたおバカな自分。なのでメモ。

またMayaオンラインヘルプ→レンダリング アトリビュート
いままで、Shading Groupsで必要な出力アトリビュートサンプル単位で使用可能なレンダリング アトリビュートの一部しか知らなかった。フレーム単位で使用可能なレンダリング アトリビュートはほとんどカメラ関係だね。


スポンサーリンク

注:シェーディング プロセスでは、アトリビュートにロング ネームを使用します。したがって、ショート ネームがどんな名前でも関係ありません。

ショートネームって、一体どこで使われるの?
さて、任意の領域のサンプリングはどうやるんだろう。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
SIGGRAPH Asia
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
無料で使える人体3DCG作成ツール
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
自前のShaderがおかしい件
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ジュラシック・パークのメイキング
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
OpenCVで動画の手ぶれ補正
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ZBrushのお勉強
今年もSSII
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
プログラムによる景観の自動生成
日本でMakersは普及するだろうか?
機械学習手法『Random Forest』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenGVの用語
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
clearcoat Shader
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
マイケル・ベイの動画の感覚
3DCG Meetup #4に行ってきた
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
PolyPaint
OpenGVのライブラリ構成
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Open Shading Language (OSL)

コメント