Mayaのレンダリング アトリビュート

しばらく知らずに、サンプルコードから闇雲にコード打ってたおバカな自分。なのでメモ。

またMayaオンラインヘルプ→レンダリング アトリビュート
いままで、Shading Groupsで必要な出力アトリビュートサンプル単位で使用可能なレンダリング アトリビュートの一部しか知らなかった。フレーム単位で使用可能なレンダリング アトリビュートはほとんどカメラ関係だね。


スポンサーリンク

注:シェーディング プロセスでは、アトリビュートにロング ネームを使用します。したがって、ショート ネームがどんな名前でも関係ありません。

ショートネームって、一体どこで使われるの?
さて、任意の領域のサンプリングはどうやるんだろう。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
AfterEffectsプラグイン開発
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
定数
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
3DCG Meetup #4に行ってきた
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
UnityでPoint Cloudを表示する方法
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
自前のShaderがおかしい件
Oculus Goを購入!
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Ambient Occlusionを解析的に求める
機械学習手法『Random Forest』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ラクガキの立体化 反省
クラスの基本
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
clearcoat Shader
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Stanford Bunny
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント