頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

また面白そうなの見つけた。

考古学の分野の話らしい。事前に用意したモデルを用いて、頭蓋骨の情報から顔の形状を復元する手法ってことかな。
Revealing faces from skulls with the help of MakeHuman.
MakeHuman – Tests with facial reconstruction and human evolution

私はDr. Paulo Miamotoと共同で、事前に構造化されたモデルに基づく顔の再構築手法を開発した。
我々は、3Dの顔の彫刻スキル習得のために何年も勉強しなくても、初心者が手軽に利用できることを目標に研究している。


スポンサーリンク

そして、この再構築手法を使うと、猿人の頭蓋骨からも顔の形状を復元できるみたい。
デフォームアニメーションすると人類の進化過程が可視化できる。

このDr. Paulo Miamotoって何者だろうと思って調べてみたけど、ポルトガル語分かんないや。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrush 4R7
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Paul Debevec
PythonでBlenderのAdd-on開発
ZBrushのお勉強
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
海外ドラマのChromaKey
Open Shading Language (OSL)
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
今年もSSII
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Unite 2014の動画
ZScript
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
機械学習手法『Random Forest』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ポリ男をリファイン
この連休でZBrushの スキルアップを…
Mayaのプラグイン開発
ポリ男からMetaHumanを作る
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでカスタムUIを設定する
参考になりそうなサイト
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・Meshを扱うライブラリ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
BlenderのRigifyでリギング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し

コメント