頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

また面白そうなの見つけた。

考古学の分野の話らしい。事前に用意したモデルを用いて、頭蓋骨の情報から顔の形状を復元する手法ってことかな。
Revealing faces from skulls with the help of MakeHuman.
MakeHuman – Tests with facial reconstruction and human evolution

私はDr. Paulo Miamotoと共同で、事前に構造化されたモデルに基づく顔の再構築手法を開発した。
我々は、3Dの顔の彫刻スキル習得のために何年も勉強しなくても、初心者が手軽に利用できることを目標に研究している。


スポンサーリンク

そして、この再構築手法を使うと、猿人の頭蓋骨からも顔の形状を復元できるみたい。
デフォームアニメーションすると人類の進化過程が可視化できる。

このDr. Paulo Miamotoって何者だろうと思って調べてみたけど、ポルトガル語分かんないや。


スポンサーリンク

関連記事

複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
線画を遠近法で描く
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
MFnDataとMFnAttribute
Vancouver Film Schoolのデモリール
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Open Shading Language (OSL)
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Unityで360度ステレオVR動画を作る
立体視を試してみた
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Raspberry Pi 2を買いました
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Stanford Bunny
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
Mayaのレンダリング アトリビュート
ゴジラ(2014)のメイキング
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
UnityでARKit2.0
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Ambient Occlusionを解析的に求める
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング

コメント