頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

また面白そうなの見つけた。

考古学の分野の話らしい。事前に用意したモデルを用いて、頭蓋骨の情報から顔の形状を復元する手法ってことかな。
Revealing faces from skulls with the help of MakeHuman.
MakeHuman – Tests with facial reconstruction and human evolution

私はDr. Paulo Miamotoと共同で、事前に構造化されたモデルに基づく顔の再構築手法を開発した。
我々は、3Dの顔の彫刻スキル習得のために何年も勉強しなくても、初心者が手軽に利用できることを目標に研究している。

そして、この再構築手法を使うと、猿人の頭蓋骨からも顔の形状を復元できるみたい。
デフォームアニメーションすると人類の進化過程が可視化できる。


スポンサーリンク

このDr. Paulo Miamotoって何者だろうと思って調べてみたけど、ポルトガル語分かんないや。

Dr. Paulo Miamoto – Curso de Introdução à Reconstrução Facial Forense com Software Livre

スポンサーリンク

関連記事

フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
Vancouver Film Schoolのデモリール
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
UnityでLight Shaftを表現する
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
ZBrushで基本となるブラシ
Maya API Reference
ラクガキの立体化 胴体の追加
タダでRenderManを体験する方法
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
海外ドラマのChromaKey
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
自前Shaderの件 解決しました
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
『ピクサー展』へ行ってきた
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushトレーニング
ジュラシック・パークのメイキング
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ゴジラ三昧
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
CreativeCOW.net
注文してた本が届いた
Maya 2015から標準搭載されたMILA
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ディープラーニング
UnityでPoint Cloudを表示する方法

コメント