頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

また面白そうなの見つけた。

考古学の分野の話らしい。事前に用意したモデルを用いて、頭蓋骨の情報から顔の形状を復元する手法ってことかな。
Revealing faces from skulls with the help of MakeHuman.
MakeHuman – Tests with facial reconstruction and human evolution

私はDr. Paulo Miamotoと共同で、事前に構造化されたモデルに基づく顔の再構築手法を開発した。
我々は、3Dの顔の彫刻スキル習得のために何年も勉強しなくても、初心者が手軽に利用できることを目標に研究している。

そして、この再構築手法を使うと、猿人の頭蓋骨からも顔の形状を復元できるみたい。
デフォームアニメーションすると人類の進化過程が可視化できる。


スポンサーリンク

このDr. Paulo Miamotoって何者だろうと思って調べてみたけど、ポルトガル語分かんないや。

Dr. Paulo Miamoto – Curso de Introdução à Reconstrução Facial Forense com Software Livre

スポンサーリンク

関連記事

機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Mayaのシェーディングノードの区分
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
今年もSSII
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
デザインのリファイン再び
Pix2Pix:CGANによる画像変換
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZScript
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushの作業環境を見直す
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushCore
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrush 4R8 リリース!
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ジュラシック・パークのメイキング
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrush 4R7

コメント