Python2とPython3

何も知らずに「とりあえず最新バージョンだ」と思ってPython3を使い始めたけど、Python2とPython3で結構仕様が違うらしいね。
手元にある参考書に従ってたら、一番最初の「printしてみましょう」的なところで早速つまずいた。(参考書はPython2ベースで書かれてる)
Python2とPython3ではprintの書き方が違うらしい。(Python3には後方互換性が無いらしい)

Python2:
print “Hello world!”

Python3:
print(“Hello world!”)

もちろん実行結果は同じ。

その他Python2とPython3の違い


スポンサーリンク

str型がPython2のunicode型になり、ユニコード文字列は廃止。
int型とlong int型の統合。
組み込み型の一部メソッド(辞書型のhas_key()など)の廃止、機能を変更。
int型同士の割り算「/」でfloat型を返す。int型を返すには「//」を使う。
例外の文法の変更。
Pythonの命名規則に沿わない標準ライブラリの名前の変更、モジュールの再配置。

触ってみると、基本的にPythonは実行までのステップが少ないから簡単な印象。(ビルドとか何とかって面倒だもん)
こんなに簡単なら、すぐに始めておけば良かったな。

みんなのPython 第4版


スポンサーリンク

関連記事

Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
PythonでBlenderのAdd-on開発
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
今年もSSII
Raspberry Pi 2を買いました
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
pythonもかじってみようかと
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
機械学習手法『Random Forest』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う

コメント