Python2とPython3

何も知らずに「とりあえず最新バージョンだ」と思ってPython3を使い始めたけど、Python2とPython3で結構仕様が違うらしいね。
手元にある参考書に従ってたら、一番最初の「printしてみましょう」的なところで早速つまずいた。(参考書はPython2ベースで書かれてる)
Python2とPython3ではprintの書き方が違うらしい。(Python3には後方互換性が無いらしい)

Python2:
print “Hello world!”

Python3:
print(“Hello world!”)

もちろん実行結果は同じ。

その他Python2とPython3の違い


スポンサーリンク

str型がPython2のunicode型になり、ユニコード文字列は廃止。
int型とlong int型の統合。
組み込み型の一部メソッド(辞書型のhas_key()など)の廃止、機能を変更。
int型同士の割り算「/」でfloat型を返す。int型を返すには「//」を使う。
例外の文法の変更。
Pythonの命名規則に沿わない標準ライブラリの名前の変更、モジュールの再配置。

触ってみると、基本的にPythonは実行までのステップが少ないから簡単な印象。(ビルドとか何とかって面倒だもん)
こんなに簡単なら、すぐに始めておけば良かったな。

みんなのPython 第4版


スポンサーリンク

関連記事

TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Google App Engineのデプロイ失敗
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OANDAのfxTrade API
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Blender 2.8がついに正式リリース!
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Raspberry PiでIoTごっこ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Google App EngineでWordPress
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ディープラーニング
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
今年もSSII
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
pythonもかじってみようかと
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』

コメント