Python2とPython3

何も知らずに「とりあえず最新バージョンだ」と思ってPython3を使い始めたけど、Python2とPython3で結構仕様が違うらしいね。

手元にある参考書に従ってたら、一番最初の「printしてみましょう」的なところで早速つまずいた。(参考書はPython2ベースで書かれてる)

Python2とPython3ではprintの書き方が違うらしい。(Python3には後方互換性が無いらしい)

Python2:

print “Hello world!”

Python3:

print(“Hello world!”)

もちろん実行結果は同じ。

その他Python2とPython3の違い

str型がPython2のunicode型になり、ユニコード文字列は廃止。

int型とlong int型の統合。

組み込み型の一部メソッド(辞書型のhas_key()など)の廃止、機能を変更。

int型同士の割り算「/」でfloat型を返す。int型を返すには「//」を使う。

例外の文法の変更。

Pythonの命名規則に沿わない標準ライブラリの名前の変更、モジュールの再配置。

触ってみると、基本的にPythonは実行までのステップが少ないから簡単な印象。(ビルドとか何とかって面倒だもん)

こんなに簡単なら、すぐに始めておけば良かったな。

みんなのPython 改訂版

みんなのPython 改訂版


スポンサーリンク

関連記事