ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU MEDIA)

全日本バーベイタム選手権

記録せよ。
世界No.1※の記録メディア「Verbaitim(バーベイタム)」上陸!
これを記念して、「全日本バーベイタム選手権」を開催します。
「Verbaitim」は、日本語だと読みにくいけれど、ラテン語で「一語一句そのままに」という意味。
次々と現れる10問の読みにくい言葉たちを「一語一句そのままに」
記録して、メディアモンスターを完成させてください。
※2005-2008年 記録型CD、DVD世界シェアNo.1(出典:米国Santa Clara Consulting Group)


スポンサーリンク

これ面白い。もう、商品の質とかあんまり関係ないキャンペーンだけど。
出題される問題に答えると、この会社の商品を組み合わせて出来た3Dのロボットが完成。(ロボの動きが楽しい)
そのロボットを使って対戦もできる。(ボスと対戦とか)
対戦中は視点が自動的に移動して立体感抜群。
戦闘中にカメラボタンを押すと、戦闘が一時停止となり、視点を回転させて画像を撮影可能。
撮影した画像はダウンロードできるとか、凝り過ぎな仕様。
戦うとボディが大きくなる。(成長?)
Flashでこんなに遊べるもんなんだね。
これがオイラのロボ


スポンサーリンク

関連記事

Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
胡散臭いデザインの参考サイト
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
CGのためのディープラーニング
ubuntuでサーバー作るよ
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
アニゴジ関連情報
ZBrushで基本となるブラシ
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ゴジラ三昧
ZBrush 2018へのアップグレード
趣味でCEDECに来ている者だ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
BlenderのRigifyでリギング
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ゴジラの造形
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ミニ四駆ブーム?
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
東京オリンピックと案内表示
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Adobe Photoshop CS5の新機能
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
iPhoneをエレキギターのアンプにする
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
ジュラシック・パークのメイキング
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
韓国のヒーロー
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ポリ男からMetaHumanを作る
Studio One Prime:音楽制作ソフトの無償版
甲虫の色とか
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushCore

コメント