書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了

ここ最近の関心ごとである認知特性というやつの個人差について、たまたまこんな記事を読んだ。↓


この記事の中で紹介されていた「医師のつくった『頭のよさ』テスト 認知特性から見た6つのパターン」という書籍を買ってみた。面白かったのであっという間に読み終わってしまった。

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書)

この書籍の冒頭にある認知特性テストで大雑把に自分の認知特性を調べることができる。35個の質問に答えてスコアを集計するだけです。


スポンサーリンク



で、このテストで出たオイラの認知特性はこちら。(計算あってるかな?)

  1. <視覚優位者> 写真(カメラアイ)タイプ: 30
  2. <視覚優位者> 三次元映像タイプ: 30
  3. <言語優位者> 言語映像タイプ: 25
  4. <言語優位者> 言語抽象タイプ: 17
  5. <聴覚優位者> 聴覚言語タイプ: 10
  6. <聴覚優位者> 聴覚&音タイプ: 9

Excelで書籍と同じようなレーダーチャートを作ってみた。↓



スコアが14点以下は弱い認知特性、15~25は一般的、26以上なら強い認知特性と言えるらしい。
オイラの認知特性は視覚にやや偏ってる感がありますな。というか、聴覚系が弱いようですね。
ちなみに本書によると、いわゆる「頭がいい人」には優位性が異なる認知特性を2つ以上併せ持っている人が多いらしいです。(オイラはダメでしたね)

ただ、これらの認知特性は訓練で後天的に伸ばすこともできるらしく、本書ではその能力の伸ばし方についても解説されている。能力を伸ばす考え方としては、弱い部分を伸ばすというより、全体的に底上げするんだそうです。

また、上記の認知特性に関連して、ここ最近気になっていた「同時処理」や「継次処理」についての解説もあったので色々とスッキリした。

能力が高くても、その能力を発揮させるには段階的にクリアしておくべき要素があるらしく、「神経心理ピラミッド」という理論で説明できるとか。

認知特性の個人差があることを知っておけば、コミュニケーションでの失敗を減らせるし、自分自身の特性に自覚的であれば自分に合った勉強方法を選べるようになるはず。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.