海外ドラマのChromaKey

ChromaKeyは3DCGじゃなくて、画像処理の分野だけどね。


スポンサーリンク

最近の海外ドラマではこれだけの合成が行われている



クロマキーってこんなにきれいに抜けるもんなの?(ひょっとして手作業で修正とかしてる?)
まあ、ライティング・抜け云々も凄いけど、画作りが自然過ぎるのが凄いよね。(一部を除く)
日本作品で同じぐらいきれいに合成しても、まず画作りでばれると思う。(典型的な特撮合成画作りが出来上がる気がする)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushの作業環境を見直す
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
OpenMayaのPhongShaderクラス
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
『ピクサー展』へ行ってきた
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
iPhone欲しいなぁ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrush 2018での作業環境を整える
機械学習について最近知った情報
PythonでBlenderのAdd-on開発
ベイズ推定とグラフィカルモデル
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ゴジラの造形
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Ambient Occlusionを解析的に求める
単純に遊びに行くのはだめなのか?
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
ZBrushでアマビエを作る その2
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
注文してた本が届いた
フルCGのウルトラマン!?
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ZBrush 4R8 リリース!
Maya 2015から標準搭載されたMILA

コメント