Unityの各コンポーネント間でのやり取り

ただのメモ。

UnityのScriptは未だにどういう設計が良いのかよくわからない。変な挙動を起こさないためにMonobehaviorを継承しないでクラスを作ったりもしたんだけど、Monobehaviorの恩恵に与るとしたらどんな方法があるのか最近調べている。


スポンサーリンク

1つの制御クラスから他のクラスへ処理を伝搬させたい時、Unityの機能を駆使すると以下の4つ方法があるらしい。
コンポーネント間のメソッド呼び出しとパフォーマンス


スポンサーリンク

1. GetComponent() + TargetMethod()
2. SendMessage(“TargetMethod”)
3. BroadcastMessage(“TargetMethod”)
4. static TargetMethod() な感じで静的メソッドを使用する。

システム屋的な発想だと4しか思いつかないんだけど、ゲーム開発系の人はまた違う発想なのかな。1の処理が重そうなのはなんとなく分かるので、2,3を検証してきたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Unreal Engineの薄い本
Unite 2014の動画
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
3D復元技術の情報リンク集
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Konashiを買った
3Dグラフィックスの入門書
機械学習手法『Random Forest』
Google App EngineでWordPress
書籍『ROSプログラミング』
Google App Engineのデプロイ失敗
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
続・ディープラーニングの資料
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Quartus II
UnityのuGUIチュートリアル
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
タマムシっぽい質感
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
Model View Controller
Unityで360度ステレオVR動画を作る
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』

コメント