重いコンテンツとゆるいコンテンツ

とうとう映画館でインターステラーを観れなかった。早く観に行かなかったのが悪いんだけどさ。

映画『インターステラー』スペシャル映像

Blu-rayが出るまで待つから誰もネタバレしないでね。

ここ最近、お金のかかった超大作や、練り込まれた複雑なストーリーの、言わば「重いコンテンツ」から足が遠のいている気もする。


スポンサーリンク


以前は、どうせ同じぐらいの値段なら、すごく凝った、お金のかかった大作コンテンツにお金を払った方が得だ、と思っていたんだけど、今は観るのが疲れそうなコンテンツは身構えてしまう。(以前からロード・オブ・ザ・リングには抵抗あったけど。)
何というか、力の入った大作を鑑賞する忍耐力がなくなってきたのかもしれない。これが加齢というものか?

最近は、どちらかというとゆるいコンテンツにお金を使ってしまう。今のオイラには、寝そべって脱力したまま、あんまり頭を使わずに楽しめるコミックエッセイがドストライクなのである。
この前、ほっこり日常まんがまとめ(同人誌)を通販で買ってしまった。(今はもう売り切れ)
追記:今は書籍になってる。

ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた

何となく、個人発で書籍化に至ったような類のものが飾らない感じで安心する。適度にゆるい絵と世界観だけど、主要キャラクターがちょっと世間ズレしているテイストが好き。監督不行届もこの手のジャンルだな。

監督不行届 (Feelコミックス)

ちょっと前にアニメ化もされてた。


スポンサーリンク
監督不行届 第壱話 「花園タックル」

以前山手線の車内ディスプレイでアニメやってたダーリンは外国人もコミックエッセイだね。

この前Lineスタンプで話題になって書籍化されたこれも買ってみた。
まあ、これはエッセイじゃなくてフィクションらしいけど。↓

返事をくれない彼氏を追い込んでます。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

もっと私にかまってよ!

これはまだ書籍化されていないけど、そろそろ書籍になりそうなやつ。↓
http://ameblo.jp/hokuoujoshi/

追記:もうAmazonで予約できるようになってる。↓
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議


スポンサーリンク

関連記事

ムービー・マジック:SFX技術のドキュメンタリー番組
2020年9月 振り返り
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
そのアプローチは帰納的か演繹的か
『ヒカリ展』に行ってきた
映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を観た (ネタバレ無し)
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
映画『メッセージ』を観た
2018年1月~3月 振り返り
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
マイケル・ベイの動画の感覚
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
6月の振り返り
PowerPointによるプレゼン
皆声.jp
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Raspberry Pi
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ディズニー映画『ズートピア』を観た
Unityの薄い本
ストレングス・ファインダー
ほっこり日常まんが
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
to do listって結構大事だよね
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
数学の学習支援ツール『Microsoft Mathematics』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
2020年5月 振り返り

コメント