重いコンテンツとゆるいコンテンツ

とうとう映画館でインターステラーを観れなかった。早く観に行かなかったのが悪いんだけどさ。



Blu-rayが出るまで待つから誰もネタバレしないでね。

ここ最近、お金のかかった超大作や、練り込まれた複雑なストーリーの、言わば「重いコンテンツ」から足が遠のいている気もする。


スポンサーリンク


以前は、どうせ同じぐらいの値段なら、すごく凝った、お金のかかった大作コンテンツにお金を払った方が得だ、と思っていたんだけど、今は観るのが疲れそうなコンテンツは身構えてしまう。(以前からロード・オブ・ザ・リングには抵抗あったけど。)
何というか、力の入った大作を鑑賞する忍耐力がなくなってきたのかもしれない。これが加齢というものか?

最近は、どちらかというとゆるいコンテンツにお金を使ってしまう。今のオイラには、寝そべって脱力したまま、あんまり頭を使わずに楽しめるコミックエッセイがドストライクなのである。
この前、ほっこり日常まんがまとめ(同人誌)を通販で買ってしまった。(今はもう売り切れ)
追記:今は書籍になってる↓

ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた

何となく、個人発で書籍化に至ったような類のものが飾らない感じで安心する。適度にゆるい絵と世界観だけど、主要キャラクターがちょっと世間ズレしているテイストが好き。監督不行届もこの手のジャンルだな。

監督不行届 (FEEL COMICS)

ちょっと前にアニメ化もされてた。



以前山手線の車内ディスプレイでアニメやってたダーリンは外国人もコミックエッセイだね。

この前Lineスタンプで話題になって書籍化されたこれも買ってみた。
まあ、これはエッセイじゃなくてフィクションらしいけど↓

返事をくれない彼氏を追い込んでます。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

もっと私にかまってよ!

これはまだ書籍化されていないけど、そろそろ書籍になりそうなやつ↓
http://ameblo.jp/hokuoujoshi/

追記:もうAmazonで予約できるようになってる↓
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議


スポンサーリンク

関連記事

瞬発力の時代
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
2019年11月 行動振り返り
『スターウォーズ フォースの覚醒』の最新予告編
人材輩出企業
Stanford Bunny
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
2022年3月 振り返り
読書は趣味か?
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された!
CM
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
サブリミナル効果って気付かないもんだよね?
あの頃で止まった時間
2022年4月 振り返り
2021年10月 振り返り
全脳アーキテクチャ勉強会
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
iPad ProとProcreateでラクガキ
ハイテクな暑さ対策グッズ
2020年7月 振り返り
自分への質問
日米の働き方をコミカルに比較した動画
大人の知識で玩具の改造
プログラマブルなドローン『Phenox』
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
2020年1月 振り返り
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
ハードルの下げ方を学べば続けられる
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
2016年 観に行った映画振り返り
夕刊ゴジラ
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ミニ四駆のラジコン化情報
映画『シン・ウルトラマン』の公開日が2022年5月13日(金)に決定

コメント