重いコンテンツとゆるいコンテンツ

とうとう映画館でインターステラーを観れなかった。早く観に行かなかったのが悪いんだけどさ。

映画『インターステラー』スペシャル映像【HD】2014年11月22日公開

Blu-rayが出るまで待つから誰もネタバレしないでね。

ここ最近、お金のかかった超大作や、練り込まれた複雑なストーリーの、言わば「重いコンテンツ」から足が遠のいている気もする。


スポンサーリンク


以前は、どうせ同じぐらいの値段なら、すごく凝った、お金のかかった大作コンテンツにお金を払った方が得だ、と思っていたんだけど、今は観るのが疲れそうなコンテンツは身構えてしまう。(以前からロード・オブ・ザ・リングには抵抗あったけど。)
何というか、力の入った大作を鑑賞する忍耐力がなくなってきたのかもしれない。これが加齢というものか?

最近は、どちらかというとゆるいコンテンツにお金を使ってしまう。今のオイラには、寝そべって脱力したまま、あんまり頭を使わずに楽しめるコミックエッセイがドストライクなのである。
この前、ほっこり日常まんがまとめ(同人誌)を通販で買ってしまった。(今はもう売り切れ)
追記:今は書籍になってる。

ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた

何となく、個人発で書籍化に至ったような類のものが飾らない感じで安心する。適度にゆるい絵と世界観だけど、主要キャラクターがちょっと世間ズレしているテイストが好き。監督不行届もこの手のジャンルだな。

監督不行届 (Feelコミックス)

ちょっと前にアニメ化もされてた。


スポンサーリンク
監督不行届 第壱話 「花園タックル」

以前山手線の車内ディスプレイでアニメやってたダーリンは外国人もコミックエッセイだね。

この前Lineスタンプで話題になって書籍化されたこれも買ってみた。
まあ、これはエッセイじゃなくてフィクションらしいけど。↓

返事をくれない彼氏を追い込んでます。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

もっと私にかまってよ!

これはまだ書籍化されていないけど、そろそろ書籍になりそうなやつ。↓
http://ameblo.jp/hokuoujoshi/

追記:もうAmazonで予約できるようになってる。↓
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議


スポンサーリンク

関連記事

豚インフルエンザ
トランスフォーマー/リベンジ
8月の振り返り
マインドマップ作成ツール『MindNode』
Raspberry Pi
瞬発力の時代
ゴジラ(2014)のメイキング
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
シュールな光景
頭がいい人
ubuntuでサーバー作るよ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ディズニー映画『ズートピア』を観た
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
胡散臭いデザインの参考サイト
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
2015年10月21日
テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ『Oto-Latte(オトラテ)』
ZBrushのお勉強
2016年の振り返り
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
NHKのゴジラ特番
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
すてる英語学習本『ずるいえいご』
『スターウォーズ フォースの覚醒』の最新予告編
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
1週間のサイクル
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された!
クライマックスヒーローズ
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
ゆるキャラ
研究者のための英文校正業者比較サイト

コメント