重いコンテンツとゆるいコンテンツ

とうとう映画館でインターステラーを観れなかった。早く観に行かなかったのが悪いんだけどさ。

映画『インターステラー』スペシャル映像

Blu-rayが出るまで待つから誰もネタバレしないでね。

ここ最近、お金のかかった超大作や、練り込まれた複雑なストーリーの、言わば「重いコンテンツ」から足が遠のいている気もする。


スポンサーリンク


以前は、どうせ同じぐらいの値段なら、すごく凝った、お金のかかった大作コンテンツにお金を払った方が得だ、と思っていたんだけど、今は観るのが疲れそうなコンテンツは身構えてしまう。(以前からロード・オブ・ザ・リングには抵抗あったけど。)
何というか、力の入った大作を鑑賞する忍耐力がなくなってきたのかもしれない。これが加齢というものか?

最近は、どちらかというとゆるいコンテンツにお金を使ってしまう。今のオイラには、寝そべって脱力したまま、あんまり頭を使わずに楽しめるコミックエッセイがドストライクなのである。
この前、ほっこり日常まんがまとめ(同人誌)を通販で買ってしまった。(今はもう売り切れ)
追記:今は書籍になってる。

ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた

何となく、個人発で書籍化に至ったような類のものが飾らない感じで安心する。適度にゆるい絵と世界観だけど、主要キャラクターがちょっと世間ズレしているテイストが好き。監督不行届もこの手のジャンルだな。

監督不行届 (Feelコミックス)

ちょっと前にアニメ化もされてた。


スポンサーリンク
監督不行届 第壱話 「花園タックル」

以前山手線の車内ディスプレイでアニメやってたダーリンは外国人もコミックエッセイだね。

この前Lineスタンプで話題になって書籍化されたこれも買ってみた。
まあ、これはエッセイじゃなくてフィクションらしいけど。↓

返事をくれない彼氏を追い込んでます。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

もっと私にかまってよ!

これはまだ書籍化されていないけど、そろそろ書籍になりそうなやつ。↓
http://ameblo.jp/hokuoujoshi/

追記:もうAmazonで予約できるようになってる。↓
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議


スポンサーリンク

関連記事

7月の振り返り
2020年10月 振り返り
映像ビジネスの未来
8月の振り返り
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
7月にNHK BSプレミアムでゴジラ映画が放送されるぞ
動画配信ぐらい当たり前の時代
ミニ四駆で電子工作
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
Transformers: Revenge of the Fallen
統計学に入門したい
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
文章を書く時の相手との距離感
映画『パワーレンジャー』を観た (ややネタバレ)
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
文献管理ツール『ReadCube』
トランスフォーマー/リベンジ
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
Web配信時代のコンテンツ構成
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
2020年12月 振り返り
ハードルの下げ方を学べば続けられる
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
マイケル・ベイの動画の感覚
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』を観てきた
ほっこり日常まんが
最近思ったこと
偏愛マップ
まだまだ続く空想科学読本
文系・理系・それ以外
2019年の振り返り
新年の衝動買い
2019年8月 行動振り返り
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
ubuntuでサーバー作るよ
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
タイトルが記事の見出しみたい
Arduinoで人感センサーを使う
消費の記録
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた

コメント