重いコンテンツとゆるいコンテンツ

とうとう映画館でインターステラーを観れなかった。早く観に行かなかったのが悪いんだけどさ。

映画『インターステラー』スペシャル映像

Blu-rayが出るまで待つから誰もネタバレしないでね。

ここ最近、お金のかかった超大作や、練り込まれた複雑なストーリーの、言わば「重いコンテンツ」から足が遠のいている気もする。


スポンサーリンク


以前は、どうせ同じぐらいの値段なら、すごく凝った、お金のかかった大作コンテンツにお金を払った方が得だ、と思っていたんだけど、今は観るのが疲れそうなコンテンツは身構えてしまう。(以前からロード・オブ・ザ・リングには抵抗あったけど。)
何というか、力の入った大作を鑑賞する忍耐力がなくなってきたのかもしれない。これが加齢というものか?

最近は、どちらかというとゆるいコンテンツにお金を使ってしまう。今のオイラには、寝そべって脱力したまま、あんまり頭を使わずに楽しめるコミックエッセイがドストライクなのである。
この前、ほっこり日常まんがまとめ(同人誌)を通販で買ってしまった。(今はもう売り切れ)
追記:今は書籍になってる。

ほっこりできない根暗オタク女の日常をまんがにしてみた

何となく、個人発で書籍化に至ったような類のものが飾らない感じで安心する。適度にゆるい絵と世界観だけど、主要キャラクターがちょっと世間ズレしているテイストが好き。監督不行届もこの手のジャンルだな。

監督不行届 (Feelコミックス)

ちょっと前にアニメ化もされてた。


スポンサーリンク
監督不行届 第壱話 「花園タックル」

以前山手線の車内ディスプレイでアニメやってたダーリンは外国人もコミックエッセイだね。

この前Lineスタンプで話題になって書籍化されたこれも買ってみた。
まあ、これはエッセイじゃなくてフィクションらしいけど。↓

返事をくれない彼氏を追い込んでます。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

もっと私にかまってよ!

これはまだ書籍化されていないけど、そろそろ書籍になりそうなやつ。↓
http://ameblo.jp/hokuoujoshi/

追記:もうAmazonで予約できるようになってる。↓
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議


スポンサーリンク

関連記事

「うぶんちゅ!」
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
2020年2月 振り返り
NHKのゴジラ特番
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
読書は趣味か?
8月の振り返り
Windows Server 2008に触ってみた
アスペルガー症候群 WEB自己診断
10月の振り返り
すてる英語学習本『ずるいえいご』
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
ミニ四駆で電子工作
あの頃で止まった時間
進撃のタカラトミー
草食男子必見だってさ
2019年9月 行動振り返り
iPhoneをエレキギターのアンプにする
2018年4月〜5月 振り返り
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
IBM Watsonで性格診断
エヴァのネタバレがこわい
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
Windows←切替→Mac
2019年11月 行動振り返り
PS4用ソフト『スター・ウォーズ バトルフロント』を購入
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
仮面ライダーバトライド・ウォー
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
エニアグラム
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
2019年1月~2月 振り返り

コメント