WordPressで数式を扱う

最近、自分の数式の読めなさにちょっと悲しくなってきた。

論文とかに書いてある数式を理解して、プログラムに落とし込むとかしてみたいんだけど、出てくる数式がなかなか理解できない。
論文に数式を載せるのは、最も抽象化された無駄のない表現方法なんだけど、数学の素養が欠けている人間にとっては行間を読むのが大変。

という愚痴からスタートして、じゃあブログで数式の読み方をちょっとずつメモしながら勉強しようかと思い始めた。


スポンサーリンク

WordPressで数式を扱うプラグインはいくつかあって、Latex記法で書くのが定番みたい。そんで、数ある数式プラグインの中でも日本語の文字にも対応しているのがMathjax Latexというプラグイン。


スポンサーリンク

 

Mathjax Latexで数式を挿入するには

  • 数式を挿入したいエントリの冒頭にショートコード[mathjax]を記入。
  • 書きたい場所に、Latex記法で数式を書く。

 

例えばこんな風にLatexで書くと、
$$(三角形の面積)=\frac{(底辺)\times(高さ)}{2}$$

数式になって表示される。

[mathjax]$$(三角形の面積)=\frac{(底辺)\times(高さ)}{2}$$

 
日本語OKなWordPress数式プラグイン「Mathjax Latex」


スポンサーリンク

関連記事

動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ブログの復旧が難航してた話
WordPressのテーマを自作する
Two Minute Papers:最新の研究論文を数分間で紹介するYouTubeチャンネル
represent
ブログがダウンしてました
WordPressの表示を高速化する
WordPress on Windows Azure
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ブログが3日間ほどダウンしてました
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
ブログをSSL化
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
実は頻発しているブログの不具合
ドットインストールのWordPress入門レッスン
WordPressをAmazon EC2のt2microインスタンスで1週間運用してみて
このブログのデザインに飽きてきた
まだ続くブログの不調
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Google App EngineでWordPress
Amazon Web ServicesでWordPress
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
WordPressプラグインの作り方
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ブログのデザイン変えました
ブログをAWSからwpXへ移行
ブログが1日ダウンしてました
ネームサーバとDNSレコードの話
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて

コメント