Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材

ちょっと前に副業について考え始めた分けだけど、最近こんな記事を読んだのです。↓
https://blog.tinect.jp/?p=10204

副業をしたほうが良い理由は、「お金」ではない。もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。
(中略)
会社の寿命はますます短くなり、あなたが働く年数よりも、会社が存続する年数のほうがはるかに短いからだ。結局のところ、人生を勤め先に委ねることは、あなたの人生を会社の都合、上司の都合に合わせる、ということと同じなのだ。

それから脱却するには、どうすればよいか。

一つの方法は「稼ぐ力」を身に付けることだ。少額でもいい。「作って、告知して、売る」という商売の基本的な活動を自分でもやってみることが大事だ。そして、これからの企業はますます「作って、告知して、売る」という活動ができる人を求めるようになる。

この記事はさらに過去記事にリンクしていて、そこで出てくるのがスマート・クリエイティブという言葉。


スポンサーリンク


Googleの「優れたプロダクトをスピードを持って開発するのに必要な人材はどのようなものか?」という問いの答えがスマート・クリエイティブな人材ということらしい。


スポンサーリンク

スマート・クリエイティブ

スマートクリエイティブは、コンピューター科学者、医師、デザイナー、科学者、映画監督、エンジニア、シェフ、数学者など、高度な専門知識をもっており、実行力に優れ、単にコンセプトを考えるだけでなく、プロトタイプを創ることのできる人々だ。

また、ビジネスセンスがあり、専門知識をプロダクトの優位性にや事業の成功に結びつけて考えることができる。競争心も旺盛で、時には長時間労働に至る猛烈な努力も欠かさない。

従って、「スマート・クリエイティブ」、すなわち「創りだす人々」をどのように集めるか、惹きつけるかがもっとも重要な課題となる。マーケターや営業、企画屋、管理者は重要ではないのだ。

http://blog.tinect.jp/?p=10178

詳細はこちらの書籍に載っているそうで、ちょっと読んでみたくなってきた。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント


スポンサーリンク

関連記事

シュールな光景
タマムシ
2019年12月 行動振り返り
無能の作り方
他人に水面下の苦労は見えない
スクラッチとマッシュアップ
豚インフルエンザ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
なりたい自分?
Windows←切替→Mac
Stanford Bunny
アメブロをしばらく放置してみた
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
進撃のタカラトミー
2019年6月 行動振り返り
草食男子必見だってさ
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
Windows Server 2008に触ってみた
映像ビジネスの未来
アスペルガー症候群 WEB自己診断
日本はアニメ大国(笑)
CEDEC 2日目
TOHOシネマズ新宿
2018年6月~7月 振り返り
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
8月の振り返り
エニアグラム
Structured Approach
Web配信時代のコンテンツ構成
ネタとしてはあり
2019年5月 行動振り返り
11月の振り返り
副業の基本と常識
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
自分を育てる技術
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
書籍『転職の思考法』読了
日本でMakersは普及するだろうか?
世界で最も正確な性格テスト
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
動画配信ぐらい当たり前の時代

コメント