Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材

ちょっと前に副業について考え始めた分けだけど、最近こんな記事を読んだのです。↓
https://blog.tinect.jp/?p=10204

副業をしたほうが良い理由は、「お金」ではない。もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。
(中略)
会社の寿命はますます短くなり、あなたが働く年数よりも、会社が存続する年数のほうがはるかに短いからだ。結局のところ、人生を勤め先に委ねることは、あなたの人生を会社の都合、上司の都合に合わせる、ということと同じなのだ。

それから脱却するには、どうすればよいか。

一つの方法は「稼ぐ力」を身に付けることだ。少額でもいい。「作って、告知して、売る」という商売の基本的な活動を自分でもやってみることが大事だ。そして、これからの企業はますます「作って、告知して、売る」という活動ができる人を求めるようになる。

この記事はさらに過去記事にリンクしていて、そこで出てくるのがスマート・クリエイティブという言葉。


スポンサーリンク


Googleの「優れたプロダクトをスピードを持って開発するのに必要な人材はどのようなものか?」という問いの答えがスマート・クリエイティブな人材ということらしい。


スポンサーリンク

スマート・クリエイティブ

スマートクリエイティブは、コンピューター科学者、医師、デザイナー、科学者、映画監督、エンジニア、シェフ、数学者など、高度な専門知識をもっており、実行力に優れ、単にコンセプトを考えるだけでなく、プロトタイプを創ることのできる人々だ。

また、ビジネスセンスがあり、専門知識をプロダクトの優位性にや事業の成功に結びつけて考えることができる。競争心も旺盛で、時には長時間労働に至る猛烈な努力も欠かさない。

従って、「スマート・クリエイティブ」、すなわち「創りだす人々」をどのように集めるか、惹きつけるかがもっとも重要な課題となる。マーケターや営業、企画屋、管理者は重要ではないのだ。

http://blog.tinect.jp/?p=10178

詳細はこちらの書籍に載っているそうで、ちょっと読んでみたくなってきた。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント


スポンサーリンク

関連記事

読書は趣味か?
映像ビジネスの未来
NICOGRAPHって有名?
2016年の振り返り
BS-TBS 必見!就活リサーチ[再]「TBS編」
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
なりたい自分?
副業の基本と常識
感じたことを言語化する
2018年1月~3月 振り返り
瞬発力の時代
世界で最も正確な性格テスト
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Google ブック検索
日本でMakersは普及するだろうか?
2020年11月 振り返り
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
HDDの温度
to do listって結構大事だよね
2018年10月~11月 振り返り
2015年の振り返り
素敵な本を買いました
2017年 観に行った映画振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する
Web配信時代のコンテンツ構成
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
kotobankを使ってみた
2020年3月 振り返り
言葉が支配する世界
趣味でCEDECに来ている者だ
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
調べものは得意なのかもしれない
エヴァのネタバレがこわい
2019年9月 行動振り返り
手軽な娯楽
他人に水面下の苦労は見えない
マジョーラ
透明標本
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
ストレングス・ファインダー

コメント