Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材

ちょっと前に副業について考え始めた分けだけど、最近こんな記事を読んだのです。↓
https://blog.tinect.jp/?p=10204

副業をしたほうが良い理由は、「お金」ではない。もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。
(中略)
会社の寿命はますます短くなり、あなたが働く年数よりも、会社が存続する年数のほうがはるかに短いからだ。結局のところ、人生を勤め先に委ねることは、あなたの人生を会社の都合、上司の都合に合わせる、ということと同じなのだ。

それから脱却するには、どうすればよいか。

一つの方法は「稼ぐ力」を身に付けることだ。少額でもいい。「作って、告知して、売る」という商売の基本的な活動を自分でもやってみることが大事だ。そして、これからの企業はますます「作って、告知して、売る」という活動ができる人を求めるようになる。

この記事はさらに過去記事にリンクしていて、そこで出てくるのがスマート・クリエイティブという言葉。


スポンサーリンク


Googleの「優れたプロダクトをスピードを持って開発するのに必要な人材はどのようなものか?」という問いの答えがスマート・クリエイティブな人材ということらしい。


スポンサーリンク

スマート・クリエイティブ

スマートクリエイティブは、コンピューター科学者、医師、デザイナー、科学者、映画監督、エンジニア、シェフ、数学者など、高度な専門知識をもっており、実行力に優れ、単にコンセプトを考えるだけでなく、プロトタイプを創ることのできる人々だ。

また、ビジネスセンスがあり、専門知識をプロダクトの優位性にや事業の成功に結びつけて考えることができる。競争心も旺盛で、時には長時間労働に至る猛烈な努力も欠かさない。

従って、「スマート・クリエイティブ」、すなわち「創りだす人々」をどのように集めるか、惹きつけるかがもっとも重要な課題となる。マーケターや営業、企画屋、管理者は重要ではないのだ。

http://blog.tinect.jp/?p=10178

詳細はこちらの書籍に載っているそうで、ちょっと読んでみたくなってきた。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント


スポンサーリンク

関連記事

2019年9月 行動振り返り
趣味でCEDECに来ている者だ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
4月の振り返り
2020年8月 振り返り
自分のスキルセット
2018年10月~11月 振り返り
そのアプローチは帰納的か演繹的か
頭がいい人
プログラミングスキルとは何か?
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
すてる英語学習本『ずるいえいご』
6月の振り返り
2021年8月 振り返り
インターフェイスは世界を規定する
選挙に「マイナス票」って無いのかな
二次創作というやつ
タイミングとクオリティ
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
2020年2月 振り返り
ペーパーカンパニーを作ってみたい
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
あの頃で止まった時間
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
書籍『天才を殺す凡人』読了
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
ブログをWordpressに引っ越して1周年
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
3月の振り返り
10月の振り返り
ZBrushのお勉強
2019年10月 行動振り返り
HDDの温度
ハードルの下げ方を学べば続けられる
手軽な娯楽
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
企画とエンジニア 時間感覚の違い
8月の振り返り

コメント