Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材

ちょっと前に副業について考え始めた分けだけど、最近こんな記事を読んだのです。↓
https://blog.tinect.jp/?p=10204

副業をしたほうが良い理由は、「お金」ではない。もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。
(中略)
会社の寿命はますます短くなり、あなたが働く年数よりも、会社が存続する年数のほうがはるかに短いからだ。結局のところ、人生を勤め先に委ねることは、あなたの人生を会社の都合、上司の都合に合わせる、ということと同じなのだ。

それから脱却するには、どうすればよいか。

一つの方法は「稼ぐ力」を身に付けることだ。少額でもいい。「作って、告知して、売る」という商売の基本的な活動を自分でもやってみることが大事だ。そして、これからの企業はますます「作って、告知して、売る」という活動ができる人を求めるようになる。

この記事はさらに過去記事にリンクしていて、そこで出てくるのがスマート・クリエイティブという言葉。


スポンサーリンク


Googleの「優れたプロダクトをスピードを持って開発するのに必要な人材はどのようなものか?」という問いの答えがスマート・クリエイティブな人材ということらしい。


スポンサーリンク

スマート・クリエイティブ

スマートクリエイティブは、コンピューター科学者、医師、デザイナー、科学者、映画監督、エンジニア、シェフ、数学者など、高度な専門知識をもっており、実行力に優れ、単にコンセプトを考えるだけでなく、プロトタイプを創ることのできる人々だ。

また、ビジネスセンスがあり、専門知識をプロダクトの優位性にや事業の成功に結びつけて考えることができる。競争心も旺盛で、時には長時間労働に至る猛烈な努力も欠かさない。

従って、「スマート・クリエイティブ」、すなわち「創りだす人々」をどのように集めるか、惹きつけるかがもっとも重要な課題となる。マーケターや営業、企画屋、管理者は重要ではないのだ。

http://blog.tinect.jp/?p=10178

詳細はこちらの書籍に載っているそうで、ちょっと読んでみたくなってきた。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント


スポンサーリンク

関連記事

2012 昨日のクローズアップ現代を見た
書籍『グラビアアイドルの仕事論』読了
すてる英語学習本『ずるいえいご』
皆声.jp
なりたい自分?
世界で最も正確な性格テスト
2019年7月 行動振り返り
2021年2月 振り返り
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
2022年6月 振り返り
職場におけるセルフブランディング
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
昨日これ見てきた 東京ゲームショウ2009
進撃のタカラトミー
CEDEC 3日目
趣味でCEDECに来ている者だ
素敵な本を買いました
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
Mr.ビーン
2019年9月 行動振り返り
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
エニアグラム
豚インフルエンザ
書籍『伝わる イラスト思考』読了
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
2017年9月 振り返り
ネタとしてはあり
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
企画とエンジニア 時間感覚の違い
2017年 観に行った映画振り返り
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
偏愛マップ
最高にカッコイイガラス細工
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
透明標本
瞬発力の時代
HackerスペースとMakerスペース
ZBrushのお勉強
書籍『天才を殺す凡人』読了
ZigBee
2019年3月~4月 行動の振り返り

コメント