なりきり玩具と未来のガジェット

最近、iPhoneと連携するガジェットがいっぱい出てるのを見て、何となく思ったこと。



2003年放送の仮面ライダーファイズの変身ベルトみたいなことも意外と現実的な時代になってきているのではないかと。
ファイズは携帯電話をベルトにセットして変身してたけど、携帯電話を入力インターフェイス・演算機として利用する発想に時代が追いついて来たような気がする。


スポンサーリンク


当時はまだガラケー全盛の時代だったけど、ケータイにコードを入力すると機能が発動するのは、今見るとbluetooth連携ガジェットを制御するスマホアプリみたいな感じにも思えるのだ。

劇中のファイズは大企業「SMART BRAIN」の製品という位置づけだった。



ちなみにこの予告編、カッコ良すぎて映画館で観て鳥肌が立ちましたよ。ディレクターズカット版のDVDを買ったな。

仮面ライダー555(ファイズ) パラダイス・ロスト

仮面ライダーファイズには、ファイズ以外にコード入力の代わりに音声認識を使うサブライダー「デルタ」も登場していた。これってiPhoneのSiriみたいだ。

じゃあ、スマホをベルトに搭載するガジェットは無いのかというと、いわゆるガジェットという形ではまだ存在していない様子。
iPhoneをベルトのバックルにするアクセサリ的な工作をした人はいるみたいだけど。


スポンサーリンク

現代のカウボーイ向け「iPhoneベルト」



ファイズは約10年前の作品だが、ケータイを中心に機器を制御するという発想は、スマホが発達・普及した今の時代から見るとそれほど荒唐無稽には見えない。(登場した当時は「は?」って感じだったけど)
子供向けのなりきり玩具も、意外と未来を予見する手掛かりになるのかもしれない。ここ10年は特に、携帯端末周辺だけで技術革新が起こってきたとも言えるけど。
まだ二足歩行ロボットに変形するバイクは登場していないし、そもそも一瞬にして強化スーツを装着する技術がまだ登場していない。人間の知覚を強化する仮面はいつ登場するだろう。自律走行するバイクすらもまだ出てきてないな。呼べば勝手にやってくるバイクはよ。


スポンサーリンク

関連記事

HackerスペースとMakerスペース
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
サンライズの勇者シリーズ30周年
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
操演という仕事
ほっこり日常まんが
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
機械学習での「回帰」とは?
豆腐みたいな付箋
2016年 観に行った映画振り返り
映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』を観た
統計学に入門したい
ストレングス・ファインダー
仮面ライダーあつめ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
Optimus PrimeとJetfire
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
かっこいい大人にはなれなかったけど
ミニ四駆で電子工作
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
Arduinoで人感センサーを使う
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
透明標本
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
進撃のタカラトミー
甲虫の色とか
変形ロボットのデザイン
Virtual Network Computing
新幹線変形ロボ シンカリオン
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
インターフェイスは世界を規定する
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!

コメント