なりきり玩具と未来のガジェット

最近、iPhoneと連携するガジェットがいっぱい出てるのを見て、何となく思ったこと。



2003年放送の仮面ライダーファイズの変身ベルトみたいなことも意外と現実的な時代になってきているのではないかと。
ファイズは携帯電話をベルトにセットして変身してたけど、携帯電話を入力インターフェイス・演算機として利用する発想に時代が追いついて来たような気がする。


スポンサーリンク


当時はまだガラケー全盛の時代だったけど、ケータイにコードを入力すると機能が発動するのは、今見るとbluetooth連携ガジェットを制御するスマホアプリみたいな感じにも思えるのだ。

劇中のファイズは大企業「SMART BRAIN」の製品という位置づけだった。



ちなみにこの予告編、カッコ良すぎて映画館で観て鳥肌が立ちましたよ。ディレクターズカット版のDVDを買ったな。

仮面ライダー555(ファイズ) パラダイス・ロスト

仮面ライダーファイズには、ファイズ以外にコード入力の代わりに音声認識を使うサブライダー「デルタ」も登場していた。これってiPhoneのSiriみたいだ。

じゃあ、スマホをベルトに搭載するガジェットは無いのかというと、いわゆるガジェットという形ではまだ存在していない様子。
iPhoneをベルトのバックルにするアクセサリ的な工作をした人はいるみたいだけど。


スポンサーリンク

現代のカウボーイ向け「iPhoneベルト」



ファイズは約10年前の作品だが、ケータイを中心に機器を制御するという発想は、スマホが発達・普及した今の時代から見るとそれほど荒唐無稽には見えない。(登場した当時は「は?」って感じだったけど)
子供向けのなりきり玩具も、意外と未来を予見する手掛かりになるのかもしれない。ここ10年は特に、携帯端末周辺だけで技術革新が起こってきたとも言えるけど。
まだ二足歩行ロボットに変形するバイクは登場していないし、そもそも一瞬にして強化スーツを装着する技術がまだ登場していない。人間の知覚を強化する仮面はいつ登場するだろう。自律走行するバイクすらもまだ出てきてないな。呼べば勝手にやってくるバイクはよ。


スポンサーリンク

関連記事

『特撮のDNA 仮面ライダーBLACK SUN 覚醒』を見てきた
プログラミングスキルとは何か?
ミニ四駆のラジコン化情報
仮面ライダーアマゾンズ
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
おのれディケイド
2015年の振り返り
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ウルトラセブン 55周年
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
副業の基本と常識
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た
ムービー・マジック:SFX技術のドキュメンタリー番組
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
クライマックスヒーローズ
Studio One Prime:音楽制作ソフトの無償版
ミニ四駆で電子工作
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
データサイエンティストって何だ?
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
『魂ネイション2015』に行ってきた
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
ブログをWordpressに引っ越して1周年
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
マイケル・ベイの動画の感覚
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
胡散臭いデザインの参考サイト
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
IBM Watsonで性格診断
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
ZBrushで人型クリーチャー

コメント