なりきり玩具と未来のガジェット

最近、iPhoneと連携するガジェットがいっぱい出てるのを見て、何となく思ったこと。



2003年放送の仮面ライダーファイズの変身ベルトみたいなことも意外と現実的な時代になってきているのではないかと。
ファイズは携帯電話をベルトにセットして変身してたけど、携帯電話を入力インターフェイス・演算機として利用する発想に時代が追いついて来たような気がする。


スポンサーリンク


当時はまだガラケー全盛の時代だったけど、ケータイにコードを入力すると機能が発動するのは、今見るとbluetooth連携ガジェットを制御するスマホアプリみたいな感じにも思えるのだ。

劇中のファイズは大企業「SMART BRAIN」の製品という位置づけだった。

仮面ライダー555(ファイズ) パラダイス・ロスト(予告編)

ちなみにこの予告編、カッコ良すぎて映画館で観て鳥肌が立ちましたよ。ディレクターズカット版のDVDを買ったな。

仮面ライダー555(ファイズ) パラダイス・ロスト

仮面ライダーファイズには、ファイズ以外にコード入力の代わりに音声認識を使うサブライダー「デルタ」も登場していた。これってiPhoneのSiriみたいだ。

じゃあ、スマホをベルトに搭載するガジェットは無いのかというと、いわゆるガジェットという形ではまだ存在していない様子。
iPhoneをベルトのバックルにするアクセサリ的な工作をした人はいるみたいだけど。


スポンサーリンク

現代のカウボーイ向け「iPhoneベルト」

MAYAmake.How-To.iPhone-Buckle

ファイズは約10年前の作品だが、ケータイを中心に機器を制御するという発想は、スマホが発達・普及した今の時代から見るとそれほど荒唐無稽には見えない。(登場した当時は「は?」って感じだったけど)
子供向けのなりきり玩具も、意外と未来を予見する手掛かりになるのかもしれない。ここ10年は特に、携帯端末周辺だけで技術革新が起こってきたとも言えるけど。
まだ二足歩行ロボットに変形するバイクは登場していないし、そもそも一瞬にして強化スーツを装着する技術がまだ登場していない。人間の知覚を強化する仮面はいつ登場するだろう。自律走行するバイクすらもまだ出てきてないな。呼べば勝手にやってくるバイクはよ。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
ミニ四駆のラジコン化情報
2020年 観に行った映画振り返り
東京おもちゃショー2017
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
PCの自作
ZBrushのお勉強
iPhoneをエレキギターのアンプにする
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Web配信時代のコンテンツ構成
シフトカーを改造する人達
新幹線変形ロボ シンカリオン
仮面ライダーアマゾンズ
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
PowerPointによるプレゼン
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
『さらば あぶない刑事』を観た
服飾デザインツール『CLO』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Virtual Network Computing
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
研究者のための英文校正業者比較サイト
胡散臭いデザインの参考サイト
偏愛マップ
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
透明標本
ほっこり日常まんが
天体写真の3D動画
2018年 観に行った映画振り返り
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
エアブラシの思い出
サンライズの勇者シリーズ30周年
デザインのリファイン再び
仮面ライダーアギト 20周年
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
自分のスキルセット

コメント