なりきり玩具と未来のガジェット

最近、iPhoneと連携するガジェットがいっぱい出てるのを見て、何となく思ったこと。



2003年放送の仮面ライダーファイズの変身ベルトみたいなことも意外と現実的な時代になってきているのではないかと。
ファイズは携帯電話をベルトにセットして変身してたけど、携帯電話を入力インターフェイス・演算機として利用する発想に時代が追いついて来たような気がする。


スポンサーリンク


当時はまだガラケー全盛の時代だったけど、ケータイにコードを入力すると機能が発動するのは、今見るとbluetooth連携ガジェットを制御するスマホアプリみたいな感じにも思えるのだ。

劇中のファイズは大企業「SMART BRAIN」の製品という位置づけだった。

仮面ライダー555(ファイズ) パラダイス・ロスト(予告編)

ちなみにこの予告編、カッコ良すぎて映画館で観て鳥肌が立ちましたよ。ディレクターズカット版のDVDを買ったな。

仮面ライダー555(ファイズ) パラダイス・ロスト

仮面ライダーファイズには、ファイズ以外にコード入力の代わりに音声認識を使うサブライダー「デルタ」も登場していた。これってiPhoneのSiriみたいだ。

じゃあ、スマホをベルトに搭載するガジェットは無いのかというと、いわゆるガジェットという形ではまだ存在していない様子。
iPhoneをベルトのバックルにするアクセサリ的な工作をした人はいるみたいだけど。


スポンサーリンク

現代のカウボーイ向け「iPhoneベルト」

MAYAmake.How-To.iPhone-Buckle

ファイズは約10年前の作品だが、ケータイを中心に機器を制御するという発想は、スマホが発達・普及した今の時代から見るとそれほど荒唐無稽には見えない。(登場した当時は「は?」って感じだったけど)
子供向けのなりきり玩具も、意外と未来を予見する手掛かりになるのかもしれない。ここ10年は特に、携帯端末周辺だけで技術革新が起こってきたとも言えるけど。
まだ二足歩行ロボットに変形するバイクは登場していないし、そもそも一瞬にして強化スーツを装着する技術がまだ登場していない。人間の知覚を強化する仮面はいつ登場するだろう。自律走行するバイクすらもまだ出てきてないな。呼べば勝手にやってくるバイクはよ。


スポンサーリンク

関連記事

『魂ネイション2015』に行ってきた
シフトカーを改造してラジコン化する人達
バーガーキングのCM
豆腐みたいな付箋
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
2016年 観に行った映画振り返り
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
ゴジラ トレーディングバトル
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
2017年 観に行った映画振り返り
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
変身ベルト
成果を待てない長学歴化の時代
仮面ライダーアマゾンズの主題歌『Armour Zone(Full Version)』が6月17日先行...
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
ドットインストールのWordPress入門レッスン
ファンの力
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
ハイテクな暑さ対策グッズ
生物の骨格
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
PCの自作
副業の基本と常識
仮面ライダーアマゾンズ
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
ドリフトパッケージナノとシフトカー
甲虫の色とか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
キャリアの振り返り
あの頃で止まった時間
『ヒカリ展』に行ってきた
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
深海魚
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』

コメント