iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。


スポンサーリンク

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
マインドマップ作成ツール『MindNode』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
仮面ライダーあつめ
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
エニアグラム
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Adobe MAX 2015
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ミニ四駆のラジコン化情報
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
CM
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
シフトカーの改造
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
機械学習について最近知った情報
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
透明標本
服飾デザインツール『CLO』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
CEDEC 2日目

コメント