iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。


スポンサーリンク

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

副業の基本と常識
顔画像処理技術の過去の研究
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ストレングス・ファインダー
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
データサイエンティストって何だ?
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
PowerPointによるプレゼン
Profilograph
豆腐みたいな付箋
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
もちもち泡のネコ
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
タマムシ
ポイントクラウドコンソーシアム
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
胡散臭いデザインの参考サイト
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
深海魚
ディープラーニング
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
統計学に入門したい
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

コメント