iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。


スポンサーリンク

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

YouTube

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
コンピュータビジョンの技術マップ
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
3D復元技術の情報リンク集
Paul Debevec
ミニ四駆ブーム?
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
Active Appearance Models(AAM)
副業の基本と常識
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
ニューラルネットワークと深層学習
Photogrammetry (写真測量法)
『ヒカリ展』に行ってきた
仮面ライダーバトライド・ウォー
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
深海魚
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
なりきり玩具と未来のガジェット
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
マイケル・ベイの動画の感覚

コメント