iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。


スポンサーリンク

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
趣味でCEDECに来ている者だ
統計学に入門したい
ディープラーニング
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
UnityでPoint Cloudを表示する方法
GoogleのDeep Learning論文
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
データサイエンティストって何だ?
ミニ四駆ブーム?
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ストレングス・ファインダー
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
天体写真の3D動画
手を動かしながら学ぶデータマイニング
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
CM
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ほっこり日常まんが
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
PowerPointによるプレゼン
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』

コメント