iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。


スポンサーリンク

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

Profilograph
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
最高にカッコイイガラス細工
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
偏愛マップ
マイケル・ベイの動画の感覚
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
3D復元技術の情報リンク集
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
OpenGVの用語
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ミニ四駆で電子工作
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
インターフェイスは世界を規定する
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
サンライズの勇者シリーズ30周年
Kinect for Windows v2の日本価格決定
機械学習手法『Random Forest』
統計的な顔モデル
研究者のための英文校正業者比較サイト
ミニ四駆のラジコン化情報
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
もちもち泡のネコ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』

コメント