iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。


スポンサーリンク

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

YouTube

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
データサイエンティストって何だ?
新年の衝動買い
ミニ四駆ブーム?
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
『ヒカリ展』に行ってきた
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
CM
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
コンピュータビジョンの技術マップ
「うぶんちゅ!」
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
iPhone5S → iPhone6S
HackerスペースとMakerスペース
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Photogrammetry (写真測量法)
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
エニアグラム
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Kinect for Windows v2の日本価格決定
海外ドラマのChromaKey
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
続・ディープラーニングの資料
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
SSII2014 チュートリアル講演会の資料

コメント