iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。


スポンサーリンク

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
韓国のヒーロー
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
日米の働き方をコミカルに比較した動画
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
CM
タマムシ
AfterEffectsプラグイン開発
iPhoneをエレキギターのアンプにする
仮面ライダーあつめ
Photogrammetry (写真測量法)
全脳アーキテクチャ勉強会
データサイエンティストって何だ?
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
OpenGVのライブラリ構成
Raspberry Pi
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
消費の記録
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
バーガーキングのCM
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
PCの自作
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
OpenCV
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ツールの補助で効率的に研究論文を読む

コメント