iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。


スポンサーリンク

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

http://www.youtube.com/watch?v=pcXXFFEMWLg
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
フルカラー3Dプリンタ
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenGVの用語
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
MeshroomでPhotogrammetry
胡散臭いデザインの参考サイト
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
もちもち泡のネコ
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
海外ドラマのChromaKey
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
IBM Watsonで性格診断
シフトカーを改造する人達
ハイテクな暑さ対策グッズ
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
天体写真の3D動画
Raspberry Pi
消費の記録
『ヒカリ展』に行ってきた
CM
マインドマップ作成ツール『MindNode』
ミニ四駆で電子工作
機械学習について最近知った情報
シフトカーの改造
「うぶんちゅ!」

コメント