iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

3D Systems、iPadを3Dスキャナにするアドオンカメラ~手のひらサイズから車サイズのものまで手軽に3Dスキャン

米3D Systemsが25日(現地時間)、iPadをハンディ3Dスキャナにするカメラ「iSense 3D Scanner」を発表。
米国価格:499ドル 予約受付中
出荷:7月下旬〜(日本への出荷対応は不明)
日本価格:55,900円


スポンサーリンク

iPadの背面に装着して使う外部カメラ形式。
専用アプリで被写体を取り囲むように全方位から撮影して被写体の3Dモデリングデータを生成。


スポンサーリンク

被写体と背景を自動的に区別し、対象物だけをスキャン可能。
スキャンデータは3Dプリンタに対応し、iPadの通信機能を使って、クラウド経由で3D印刷可能。
被写体のサイズは1辺0.2mから3mまでの立方体に対応。被写体までの距離は0.4~3.5m。0.5m離れた場合の読み取り解像度は、縦横が0.9mmで、奥行きが1mm。
靴などの小物から、自動車までスキャン可能。

iOS 7以降を搭載した、第4世代iPad Retina/Air/mini Retinaに対応。
本体サイズは119.2×27.9×29mm(幅×奥行き×高さ)、重量は99.2g。電源はiPad本体から取り、3~4時間の連続スキャンが可能。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Depthセンサーブームな感じ。
Depthセンサーの直近の動向についての所感


スポンサーリンク

関連記事

CEDEC 2日目
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
甲虫の色とか
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ストレングス・ファインダー
iPhone5S → iPhone6S
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
OpenGVの用語
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
PowerPointによるプレゼン
UnityでOpenCVを使うには?
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
サンプラー音源ツール『SampleTank』シリーズの最新フリー版『SampleTank 3 Fre...
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
バーガーキングのCM
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
趣味でCEDECに来ている者だ
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
副業の基本と常識
ミニ四駆で電子工作
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
機械学習手法『Random Forest』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
マイケル・ベイの動画の感覚
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014

コメント