Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
東京アメッシュ 東京ローカルな雨情報サイト
なんかすごいサイト
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3Dグラフィックスの入門書
ZBrush 2018へのアップグレード
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
螺鈿(らでん)
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
海外ドラマのChromaKey
天体写真の3D動画
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushでカスタムUIを設定する
Oculus Goを購入!
アニゴジ関連情報
MFnDataとMFnAttribute
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
生物の骨格
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
色んな三面図があるサイト
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
サンプルコードにも間違いはある?
顔のモデリング
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
皆声.jp
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
企業の強みが一目でわかる? 『就活SWOT』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
MFnMeshクラスのsplit関数
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

コメント