Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

色んな三面図があるサイト
Unite 2014の動画
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
CreativeCOW.net
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ファンの力
タダでRenderManを体験する方法
ラクガキの立体化 目標設定
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ラクガキの立体化 反省
ZBrush 2018へのアップグレード
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushのお勉強
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ゴジラ三昧
参考になりそうなサイト
布地のシワの法則性
OpenMayaRender
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Mayaのプラグイン開発
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
UnityのTransformクラスについて調べてみた
素敵なパーティクル
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Maya API Reference
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ラクガキの立体化 胴体の追加
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Stanford Bunny
ZBrushのUV MasterでUV展開
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ゴジラの造形
日本でMakersは普及するだろうか?
ゴジラ(2014)のメイキング
シン・ゴジラのファンアート
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Open Shading Language (OSL)
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』

コメント