Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

Pix2Pix:CGANによる画像変換
WebGL開発に関する情報が充実してきている
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushのお勉強
ラクガキの立体化
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
デザインのリファイン再び
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Open Shading Language (OSL)
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrush 2018へのアップグレード
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
UnityでLight Shaftを表現する
アニゴジ関連情報
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushのUV MasterでUV展開
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
MFnMeshクラスのsplit関数
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
CEDEC 3日目
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ラクガキの立体化 進捗
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Stanford Bunny
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
3DCG Meetup #4に行ってきた
Unityをレンダラとして活用する
Ambient Occlusionを解析的に求める
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
HD画質の無駄遣い その2
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す

コメント