Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

立体視を試してみた
TVML (TV program Making language)
プログラムによる景観の自動生成
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ラクガキの立体化 目標設定
UnityのGlobal Illumination
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
CEDEC 3日目
ZScript
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
タダでRenderManを体験する方法
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
adskShaderSDK
Stanford Bunny
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Unityをレンダラとして活用する
映画『ゴジラ-1.0』 メイキング情報まとめ
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
MFnDataとMFnAttribute
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ポリゴン用各種イテレータと関数セット

コメント