Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
Vancouver Film Schoolのデモリール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
立体視を試してみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
3D復元技術の情報リンク集
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
なんかすごいサイト
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ラクガキの立体化 反省
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
タマムシっぽい質感
clearcoat Shader
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenMayaのPhongShaderクラス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・メッシュを扱うライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加

コメント