Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

フィーリングに基づくタマムシの質感表現
MRenderUtil::raytrace
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
WordPressプラグインの作り方
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
UnityでLight Shaftを表現する
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrushの練習 手のモデリング
Unreal Engine 5の情報が公開された!
UnityのGlobal Illumination
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
ZScript
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ジュラシック・パークのメイキング
布地のシワの法則性
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Houdiniのライセンスの種類
タダでRenderManを体験する方法
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
CreativeCOW.net
ゴジラ(2014)のメイキング
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...

コメント