Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

テスト
Ambient Occlusionを解析的に求める
タマムシっぽい質感
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
マジョーラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
アニゴジ関連情報
Unityの薄い本
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
ラクガキの立体化
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
HD画質の無駄遣い
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrush 4R8 リリース!
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
顔モデリングのチュートリアル
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Unreal Engineの薄い本
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
3Dグラフィックスの入門書
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Blenderでよく使うaddon
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された

コメント