Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
MRenderUtil::raytrace
Raytracing Wiki
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushでアマビエを作る その2
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushの練習 手のモデリング
AfterEffectsプラグイン開発
Mayaのシェーディングノードの区分
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushのUV MasterでUV展開
HD画質の無駄遣い
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
NICOGRAPHって有名?
OpenMayaRender
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
TVML (TV program Making language)
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
UnityのGlobal Illumination
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ラクガキの立体化 反省
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushで基本となるブラシ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Vancouver Film Schoolのデモリール
ZBrushCore
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTでFBIK(Full Body IK)

コメント