Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

Unite 2014の動画
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Unreal Engineの薄い本
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
UnityでLight Shaftを表現する
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
デザインのリファイン再び
この本読むよ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Unityの薄い本
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
3DCGのモデルを立体化するサービス
Raytracing Wiki
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushの練習 手のモデリング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
MRenderUtil::raytrace
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
TVML (TV program Making language)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
CEDEC 3日目
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでPoint Cloudを表示する方法

コメント