Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

syoyoさんのブログから→Investigation of the integration of Maya HyperShade and RenderMan SL


スポンサーリンク

1. plug-ins
Maya プラグイン全体の SDK. この中でいくつか lambert とか phong とかのシェーダコードサンプルがあります. ただこれは maya plugin 神によれば maya でデフォルトで HyperShade に表示されているものと対応するものではないらしい.
あと、ここにある SDK は HyperShade 上にカスタムシェーダノードを表示させるのにも使われるようです.
MRenderUtil とかの OpenMaya API を使っています(Maya SW render API も使っているのかな?)


スポンサーリンク

オイラが今いじってるのがこのplug-inのSDK。(だと思う)

2. adskShaderSDK
なんか新しめ? のシェーダ SDK.
内部で mental ray を使うことを想定しています.
(1) に比べると、コードは簡潔かつモダンな感じです.

3. mentalray shader source
maya に標準で付いてくる mental ray shader に対応している感じです(mi base shader とか).
シェーダが、ソース付きであります.

というわけで自分、無知でした。


スポンサーリンク

関連記事

参考書
タダでRenderManを体験する方法
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
MeshroomでPhotogrammetry
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Unreal Engineの薄い本
Blenderでよく使うaddon
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Raytracing Wiki
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
素敵なパーティクル
Subsurface scatteringの動画
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Open Shading Language (OSL)
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushCore
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushの練習 手のモデリング
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrushトレーニング
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
単純に遊びに行くのはだめなのか?
海外ドラマのChromaKey
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
iPhone欲しいなぁ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
顔のモデリング

コメント