PCの自作

もう10年以上、デスクトップPCは自作して使ってるんだけど、これも趣味と言うのだろうか。

初めてのPC自作は高校生の頃。
図書館でPC自作の入門書を借り、パーツ選びや組み立て方を調べた。当時の自分にとって、調べ物と言えば図書館か本屋での立ち読みで、インターネットなんて選択肢は無かった。
ちょうどPCのパーツが量販店でも買えるようになった頃で、パーツ選びはヨドバシカメラで。

PC自作の目的はビデオ編集だった。もともと、中学生の頃にPCでのビデオ編集に触れ、Adobe Premiereを使っていた。そういうわけで、PhotoshopよりもPremiere歴の方が長い。
当時はビデオをPCに取り込むためにキャプチャボードが必要だった。ビデオカメラの記録方式はミニDVテープで、i-LINK(IEEE1394)でPCへ動画を転送した。
カノープスのキャプチャーボードをPCに取り付け、メモリも1GBほど積んだ気がする。CPUはペンティアム4だったかな。

高校生の頃はPCをインターネットにつなぐわけでもなく、ひたすらビデオ編集で遊んだ。自分で撮った映像に簡単な合成処理を施したり、テレビ番組を録画したものを使って今で言うMADみたいなものも作った。
何か作るのに必要な道具も自分で作れるようになれば良いと思うようになった。


スポンサーリンク


自作PCは構成パーツを少しずつ換えながら使い続け、現在に至る。当時から継続して使っているのはキーボードとスピーカーぐらいだ。
ちなみに今使っているケースはコレ。

ANTEC 強力な冷却性能と拡張性能を備えたゲーミングPCケース  NINEHUNDREDTWO-V3

そしてこの「道具は自分で作れば良い」という感覚が、後に情報系の大学への進学につながるのである。



スポンサーリンク

関連記事

2017年の振り返り
4月の振り返り
こんなところで身体を壊している場合じゃない
フルカラー3Dプリンタ
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
シフトカーの改造
1週間のサイクル
2018年6月~7月 振り返り
自分を育てる技術
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
ミニ四駆のラジコン化情報
2020年12月 振り返り
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
CEDEC 3日目
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
ファンの力
ストレングス・ファインダー
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
Profilograph
『社会人』を諦めました
「うぶんちゅ!」
ubuntuでサーバー作るよ
2019年7月 行動振り返り
進撃のタカラトミー
社会人基礎力
2017年 観に行った映画振り返り
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
映像ビジネスの未来
手軽にRAID環境が構築できる高機能ストレージケース『Drobo(ドロボ)』
2020年2月 振り返り
CEDEC 2日目
そのアプローチは帰納的か演繹的か
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

コメント