PCの自作

もう10年以上、デスクトップPCは自作して使ってるんだけど、これも趣味と言うのだろうか。

初めてのPC自作は高校生の頃。
図書館でPC自作の入門書を借り、パーツ選びや組み立て方を調べた。当時の自分にとって、調べ物と言えば図書館か本屋での立ち読みで、インターネットなんて選択肢は無かった。
ちょうどPCのパーツが量販店でも買えるようになった頃で、パーツ選びはヨドバシカメラで。

PC自作の目的はビデオ編集だった。もともと、中学生の頃にPCでのビデオ編集に触れ、Adobe Premiereを使っていた。そういうわけで、PhotoshopよりもPremiere歴の方が長い。
当時はビデオをPCに取り込むためにキャプチャボードが必要だった。ビデオカメラの記録方式はミニDVテープで、i-LINK(IEEE1394)でPCへ動画を転送した。
カノープスのキャプチャーボードをPCに取り付け、メモリも1GBほど積んだ気がする。CPUはペンティアム4だったかな。

高校生の頃はPCをインターネットにつなぐわけでもなく、ひたすらビデオ編集で遊んだ。自分で撮った映像に簡単な合成処理を施したり、テレビ番組を録画したものを使って今で言うMADみたいなものも作った。
何か作るのに必要な道具も自分で作れるようになれば良いと思うようになった。


スポンサーリンク


自作PCは構成パーツを少しずつ換えながら使い続け、現在に至る。当時から継続して使っているのはキーボードとスピーカーぐらいだ。
ちなみに今使っているケースはコレ。

ANTEC 強力な冷却性能と拡張性能を備えたゲーミングPCケース  NINEHUNDREDTWO-V3

そしてこの「道具は自分で作れば良い」という感覚が、後に情報系の大学への進学につながるのである。



スポンサーリンク

関連記事

ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
ミニ四駆ブーム?
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
オープンソースの取引プラットフォーム
書籍『転職の思考法』読了
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
マインドマップ作成ツール『MindNode』
他人に水面下の苦労は見えない
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
数学の学習支援ツール『Microsoft Mathematics』
研究者のための英文校正業者比較サイト
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
iPhone5S → iPhone6S
過程を晒す
TOHOシネマズ新宿
6月の振り返り
副業の基本と常識
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
ミニ四駆のラジコン化情報
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
クライマックスヒーローズ
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
CM
天体写真の3D動画
大人の知識で玩具の改造
趣味でCEDECに来ている者だ
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
企画とエンジニア 時間感覚の違い
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
そのアプローチは帰納的か演繹的か
プログラマブルなドローン『Phenox』
文献管理ツール『ReadCube』
情報の編集
タイミングとクオリティ
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
Profilograph
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン

コメント