マジョーラ

マジョーラについて

色変化のメカニズム
マジョーラに使用されているクロマフレア顔料のフレークは五層構造になっており、入射角度が異なれば発生する波長も変わり、この分光効果によって干渉波長(決まった色の波長)が発生し、視覚化されます。この原理によりマジョーラのダイナミックなカラーシフトが実現するのです。


スポンサーリンク

カラーラインナップ

さて、これを読んだだけで実装できるか。

参考:鍛えて全身マジョーラになった人
追記:構造色 – Wikipedia


スポンサーリンク

関連記事

Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
『社会人』を諦めました
選挙に「マイナス票」って無いのかな
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
HD画質の無駄遣い
2020年3月 振り返り
ZBrushでカスタムUIを設定する
ブログをWordpressに引っ越して1周年
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
透明標本
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
ガメラ生誕50周年
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
2019年12月 行動振り返り
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
ガンダムはALSOKによって守られている
オーバーロードとオーバーライド
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
プログラムによる景観の自動生成
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
6月の振り返り
GMKゴジラの爪の塗装
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ゴジラの造形
ZBrushのUV MasterでUV展開
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
Ambient Occlusionを解析的に求める

コメント