マジョーラ

マジョーラについて

色変化のメカニズム
マジョーラに使用されているクロマフレア顔料のフレークは五層構造になっており、入射角度が異なれば発生する波長も変わり、この分光効果によって干渉波長(決まった色の波長)が発生し、視覚化されます。この原理によりマジョーラのダイナミックなカラーシフトが実現するのです。


スポンサーリンク

カラーラインナップ

さて、これを読んだだけで実装できるか。

参考:鍛えて全身マジョーラになった人
追記:構造色 – Wikipedia


スポンサーリンク

関連記事

ゆるキャラ
文系・理系・それ以外
シフトカーを改造する人達
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ガワコス
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
to do listって結構大事だよね
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
PolyPaint
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Adobe Photoshop CS5の新機能
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
3Dグラフィックスの入門書
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
立体視を試してみた
複屈折
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
トランスフォーマー:リベンジ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
まだまだ積んでるキット達
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
Unreal Engineの薄い本
Webページ制作のためのメモ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
透明標本
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
ゴジラのプラモデルの組立動画
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
必見!就活リサーチ
なんかすごいサイト

コメント