エンジニア向けの転職サイトが凝っている件

学生の頃、新卒の就職活動で就活サイトを利用した経験から、転職サイトにも全く良いイメージがなかった。冗長な情報や、やたらエントリー数を煽る仕組みの社会人版ぐらいにしか思ってなかった。
【常見陽平直伝】就職ナビサイトへ徹底ツッコミをして企業理解をする方法

で、最近たまたま知ったんだけど、エンジニア向け転職サイトは割と凝った作りのものもあるのね。まあ、学生の頃はエンジニア向けのサイトなんて使ってなかったってのもあるんだけど。

このサイトは自分のコーディング力の腕試しができる。↓
@paiza

Screenshot of paiza.jp

paiza(パイザ)は自分のプログラミング力が他社で通用するか“こっそり”腕試しができる、IT/WEBエンジニアのための転職サービスです。
各言語(PHP,Ruby,Python,Perl,Java,C,C++,C#等)の求人はもちろん、フレームワークや、受託/自社サービスなどの業務内容等でも探せます。

キャリアトレックは人工知能を使ったレコメンド謳っている。(ホントか?)

Screenshot of www.careertrek.com

キャリアを考えはじめた20代のための、レコメンド型転職サイト
人工知能がベストな仕事をマッチング
キャリア診断に回答すれば、さらに高い精度でレコメンド!


スポンサーリンク

ここは仕事をレコメンドするにあたって、以下の4つのアルゴリズムを利用しているらしい。
1)会員基本情報:経験職種や業種、スキルなど
2)キャリア診断テスト:企業選びで大切にする基準20項目に回答
3)会員のサイト利用動向
4)会員の志向性に似た他の会員のサイト利用動向

それから、プログラマのための技術情報共有サービスQiitaに紐づいたQiita:Careerってのもある。

Screenshot of career.qiita.com

Qiita:Careerは、プログラマのための技術情報共有サービスQiitaが提供する、プログラマのためのキャリア構築支援サービスです。

それぞれの凝った造りはミスマッチを減らす工夫なのかもね。面接だけでエンジニアの実力測るのって難しそうだし、そもそもエンジニアのキャリアって不透明だよね。

生存戦略としてITエンジニアが35歳までに考えておくべき3つの事

ほとんど関係ないけど、最近これを見てちょっと笑ってしまった。↓
新人エンジニア必見!Webの研修でわかるあなたの会社の技術特性!

ネタなんだけど、あながち間違いでも無いような。


スポンサーリンク

関連記事

新たな修正箇所
7月の振り返り
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
かっこいい大人にはなれなかったけど
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
HDDの温度
3月の振り返り
「第一志望群」という謎の言葉よりも
リア充っぽくなりたいです。
2017年の振り返り
職場におけるセルフブランディング
調べものは得意なのかもしれない
ハードルの下げ方を学べば続けられる
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
最高にカッコイイガラス細工
to do listって結構大事だよね
まるで成長していない
世界で最も正確な性格テスト
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
スクラッチとマッシュアップ
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
ZigBee
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
エヴァのネタバレがこわい
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
読書は趣味か?
修正箇所の発見と対策
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
ゆるキャラ
感じたことを言語化する
必見!就活リサーチ
こんなところで身体を壊している場合じゃない
ブログをWordpressに引っ越して1周年
Google ブック検索
リクナビを使わない就職活動
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
趣味でCEDECに来ている者だ
2018年4月〜5月 振り返り

コメント