偏愛マップ

まだモヤモヤしている段階なのでまとまりはない話。
このエントリ見て、「偏愛マップ」というものにすごく共感した。初対面の気まずさってホントこういうところ。
http://tamkaism.com/2014/06/henai-map/

ものすごく雑に説明すると、名前こそ仰々しいですが「自分の大好きなもの」を一枚の紙にぶわっと書く、ほんとにそれだけ。絵を使っても、文字だけでもOK。

本によると、これを最初に交換することで、一方通行で探り合いの自己紹介をすっ飛ばして、お互いの共通点や、気になるポイントから話ができるので仲良くなれますよ、とのこと。
そこには好きなものしか書かれていないわけですし、誰だって好きなものについて語る時は楽しいですよね、と。


スポンサーリンク

https://note.mu/nanakusa/n/ndeea43ab690d

ただ、共感はしたんだけど、たぶんオイラは上手く偏愛マップを作れないかもなぁ、なんて思う。自分の興味範囲がまだちゃんと自覚できてない。自分自身のことを良くわからないから、ブログやTwitterに手当たり次第放り投げて、後から眺められるようにしてみたりしている。


スポンサーリンク


たぶんこの「偏愛マップ」をサラサラ描ける人って、基本的に自己紹介が上手い人だと思う。「自分」をしっかり持っているからコミュニケーションもそれほどギクシャクしなさそう。
オイラみたいな人間には「ちゃんと偏愛マップを作れるようになる」っていうハードルが一段あったりするわけ。

そこで思いついたんだけど、こういうの、ある程度自動で生成できないだろうか。自分のブログなりSNSのログから偏愛要素を抽出してマップ化するの。
自分の過去ログから情報をいくつかのカテゴリにクラスタリングして、そのカテゴリごとのアイコンとなりそうなイメージを画像検索して、2次元平面上に配置する。自分を知るためのマッピング。

っていう考えを実装に落とし込むとしたら、手始めに「Twitterのお気に入りをクラスタリングする」ってところからかもしれない。
まず調べる分野としては、TwitterのAPIと、取得したテキストの構文解析・グルーピングかな。

偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド


スポンサーリンク

関連記事

書籍『コンテンツの秘密』読了
2020年2月 振り返り
天体写真の3D動画
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
FFS理論
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
CEDEC 2日目
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
職場におけるセルフブランディング
2019年12月 行動振り返り
2020年12月 振り返り
マインドマップ作成ツール『MindNode』
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
2022年7月 振り返り
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
Arduinoで人感センサーを使う
趣味でCEDECに来ている者だ
キャリアの振り返り
『ヒカリ展』に行ってきた
まだまだ続く空想科学読本
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ドットインストールのWordPress入門レッスン
CLO:服飾デザインツール
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
2022年6月 振り返り
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
なりたい自分?
現在公開されているWeb API一覧
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
あの頃で止まった時間
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
全脳アーキテクチャ勉強会
東京オリンピックと案内表示
2017年の振り返り
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
マイケル・ベイの動画の感覚
書籍『天才を殺す凡人』読了
2020年8月 振り返り

コメント