偏愛マップ

まだモヤモヤしている段階なのでまとまりはない話。
このエントリ見て、「偏愛マップ」というものにすごく共感した。初対面の気まずさってホントこういうところ。
http://tamkaism.com/2014/06/henai-map/

ものすごく雑に説明すると、名前こそ仰々しいですが「自分の大好きなもの」を一枚の紙にぶわっと書く、ほんとにそれだけ。絵を使っても、文字だけでもOK。

本によると、これを最初に交換することで、一方通行で探り合いの自己紹介をすっ飛ばして、お互いの共通点や、気になるポイントから話ができるので仲良くなれますよ、とのこと。
そこには好きなものしか書かれていないわけですし、誰だって好きなものについて語る時は楽しいですよね、と。


スポンサーリンク

https://note.mu/nanakusa/n/ndeea43ab690d

ただ、共感はしたんだけど、たぶんオイラは上手く偏愛マップを作れないかもなぁ、なんて思う。自分の興味範囲がまだちゃんと自覚できてない。自分自身のことを良くわからないから、ブログやTwitterに手当たり次第放り投げて、後から眺められるようにしてみたりしている。


スポンサーリンク


たぶんこの「偏愛マップ」をサラサラ描ける人って、基本的に自己紹介が上手い人だと思う。「自分」をしっかり持っているからコミュニケーションもそれほどギクシャクしなさそう。
オイラみたいな人間には「ちゃんと偏愛マップを作れるようになる」っていうハードルが一段あったりするわけ。

そこで思いついたんだけど、こういうの、ある程度自動で生成できないだろうか。自分のブログなりSNSのログから偏愛要素を抽出してマップ化するの。
自分の過去ログから情報をいくつかのカテゴリにクラスタリングして、そのカテゴリごとのアイコンとなりそうなイメージを画像検索して、2次元平面上に配置する。自分を知るためのマッピング。

っていう考えを実装に落とし込むとしたら、手始めに「Twitterのお気に入りをクラスタリングする」ってところからかもしれない。
まず調べる分野としては、TwitterのAPIと、取得したテキストの構文解析・グルーピングかな。

偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド


スポンサーリンク

関連記事

なりきり玩具と未来のガジェット
ストレングス・ファインダー
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
2017年の振り返り
企画とエンジニア 時間感覚の違い
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
進撃のタカラトミー
最高にカッコイイガラス細工
マインドマップ作成ツール『MindNode』
かっこいい大人にはなれなかったけど
TOHOシネマズ新宿
ハードルの下げ方を学べば続けられる
文章を書く時の相手との距離感
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
研究者のための英文校正業者比較サイト
Profilograph
シフトカーを改造する人達
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
2019年8月 行動振り返り
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
CM
iPhoneをSSHクライアントとして使う
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
ファンの力
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
生物の骨格
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
天体写真の3D動画
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
素敵なパーティクル
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
パルクール(Parkour)
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
バーガーキングのCM
服飾デザインツール『CLO』
2019年1月~2月 振り返り
ミニ四駆のラジコン化情報
あの頃で止まった時間

コメント