Amazon Web ServicesでWordPress

最近WordPressネタばかりだけど。
WordPress on Google App Engineだと、アプリケーションサーバ上へファイル書き込みできるのはデプロイコマンドからのみなので、WordPress自体のバージョンアップやプラグインを追加するにはローカル環境必須だった。お勉強にはなったけど、これはちょっと面倒。

ということで、Amazon Web ServicesでのWordPress環境構築について試してみた。
どうやら、Amazon EC2では、すでにセットアップされたマシン環境のイメージ「AMI(Amazon Machine Image)」を使って簡単にサーバ用マシンをセットアップできるらしい。そして、WordPress環境に関しては網元AMIというイメージが公開されているため、これを使えば一瞬でWordPress環境ができてしまうのだった。
網元AMIは徹底的にチューンナップされているらしく、応答も速い。もちろん管理画面上でテーマやプラグインの追加もできる。


スポンサーリンク

高速にWordPressを動作させる網元を使うべくAWSにブログを移転しました。その手順を備忘録として残します。

と、調子に乗ってWordPressをバージョンアップしたらログインできなくなったよ…
せっかくチューンナップされていたものを一瞬で破壊しちゃったよ。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
機械学習で遊ぶ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
WinSCP
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ニューラルネットワークで画像分類
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Raspberry Pi
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
HerokuでMEAN stack
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
UnityからROSを利用できる『ROS#』
adskShaderSDK
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCV
このブログのデザインに飽きてきた
Raspberry Pi 2を買いました
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
HD画質の無駄遣い
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
C++始めようと思うんだ
OANDAのfxTrade API
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
3D復元技術の情報リンク集
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Unityからkonashiをコントロールする
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
定数
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』

コメント