Amazon Web ServicesでWordPress

最近WordPressネタばかりだけど。
WordPress on Google App Engineだと、アプリケーションサーバ上へファイル書き込みできるのはデプロイコマンドからのみなので、WordPress自体のバージョンアップやプラグインを追加するにはローカル環境必須だった。お勉強にはなったけど、これはちょっと面倒。

ということで、Amazon Web ServicesでのWordPress環境構築について試してみた。
どうやら、Amazon EC2では、すでにセットアップされたマシン環境のイメージ「AMI(Amazon Machine Image)」を使って簡単にサーバ用マシンをセットアップできるらしい。そして、WordPress環境に関しては網元AMIというイメージが公開されているため、これを使えば一瞬でWordPress環境ができてしまうのだった。
網元AMIは徹底的にチューンナップされているらしく、応答も速い。もちろん管理画面上でテーマやプラグインの追加もできる。


スポンサーリンク

高速にWordPressを動作させる網元を使うべくAWSにブログを移転しました。その手順を備忘録として残します。

と、調子に乗ってWordPressをバージョンアップしたらログインできなくなったよ…
せっかくチューンナップされていたものを一瞬で破壊しちゃったよ。


スポンサーリンク

関連記事

Unityの薄い本
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
今年もSSII
Mayaのプラグイン開発
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
WordPressの表示を高速化する
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
ドットインストールのWordPress入門レッスン
仮想関数
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
機械学習手法『Random Forest』
Google App Engineのデプロイ失敗
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
3Dグラフィックスの入門書
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
HD画質の無駄遣い
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Raspberry Pi 2を買いました
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Unreal Engineの薄い本
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
html5のcanvasの可能性
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
タマムシっぽい質感
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Model View Controller
WordPressで数式を扱う
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
WordPressをAmazon EC2のt2microインスタンスで1週間運用してみて

コメント