Amazon Web ServicesでWordPress

最近WordPressネタばかりだけど。
WordPress on Google App Engineだと、アプリケーションサーバ上へファイル書き込みできるのはデプロイコマンドからのみなので、WordPress自体のバージョンアップやプラグインを追加するにはローカル環境必須だった。お勉強にはなったけど、これはちょっと面倒。

ということで、Amazon Web ServicesでのWordPress環境構築について試してみた。
どうやら、Amazon EC2では、すでにセットアップされたマシン環境のイメージ「AMI(Amazon Machine Image)」を使って簡単にサーバ用マシンをセットアップできるらしい。そして、WordPress環境に関しては網元AMIというイメージが公開されているため、これを使えば一瞬でWordPress環境ができてしまうのだった。
網元AMIは徹底的にチューンナップされているらしく、応答も速い。もちろん管理画面上でテーマやプラグインの追加もできる。


スポンサーリンク

高速にWordPressを動作させる網元を使うべくAWSにブログを移転しました。その手順を備忘録として残します。

と、調子に乗ってWordPressをバージョンアップしたらログインできなくなったよ…
せっかくチューンナップされていたものを一瞬で破壊しちゃったよ。


スポンサーリンク

関連記事

libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
機械学習で遊ぶ
Unreal Engineの薄い本
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
動的なメモリの扱い
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
AWSでシステムトレード
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
HD画質の無駄遣い
プログラムによる景観の自動生成
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
機械学習手法『Random Forest』
Mayaのプラグイン開発
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
ブログが3日間ほどダウンしてました
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
UnityのAR FoundationでARKit 3
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Quartus II
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
UnityでOpenCVを使うには?
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Google App Engineのデプロイ失敗
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
3DCG Meetup #4に行ってきた
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Unityで学ぶC#
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
konashiのサンプルコードを動かしてみた

コメント