Amazon Web ServicesでWordPress

最近WordPressネタばかりだけど。
WordPress on Google App Engineだと、アプリケーションサーバ上へファイル書き込みできるのはデプロイコマンドからのみなので、WordPress自体のバージョンアップやプラグインを追加するにはローカル環境必須だった。お勉強にはなったけど、これはちょっと面倒。

ということで、Amazon Web ServicesでのWordPress環境構築について試してみた。
どうやら、Amazon EC2では、すでにセットアップされたマシン環境のイメージ「AMI(Amazon Machine Image)」を使って簡単にサーバ用マシンをセットアップできるらしい。そして、WordPress環境に関しては網元AMIというイメージが公開されているため、これを使えば一瞬でWordPress環境ができてしまうのだった。
網元AMIは徹底的にチューンナップされているらしく、応答も速い。もちろん管理画面上でテーマやプラグインの追加もできる。


スポンサーリンク

高速にWordPressを動作させる網元を使うべくAWSにブログを移転しました。その手順を備忘録として残します。

と、調子に乗ってWordPressをバージョンアップしたらログインできなくなったよ…
せっかくチューンナップされていたものを一瞬で破壊しちゃったよ。


スポンサーリンク

関連記事

ROSの薄い本
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ブログのデザイン変えました
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
ブログが1日ダウンしてました
Unityからkonashiをコントロールする
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
UnityでOpenCVを使うには?
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
スクレイピング
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Raspberry PiでIoTごっこ
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
AWSでシステムトレード
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
SVM (Support Vector Machine)
Mean Stack開発の最初の一歩
今年もSSII
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Unreal Engineの薄い本
ドットインストールのWordPress入門レッスン
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Unityで学ぶC#
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
PythonでBlenderのAdd-on開発
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』

コメント