Amazon Web ServicesでWordPress

最近WordPressネタばかりだけど。
WordPress on Google App Engineだと、アプリケーションサーバ上へファイル書き込みできるのはデプロイコマンドからのみなので、WordPress自体のバージョンアップやプラグインを追加するにはローカル環境必須だった。お勉強にはなったけど、これはちょっと面倒。

ということで、Amazon Web ServicesでのWordPress環境構築について試してみた。
どうやら、Amazon EC2では、すでにセットアップされたマシン環境のイメージ「AMI(Amazon Machine Image)」を使って簡単にサーバ用マシンをセットアップできるらしい。そして、WordPress環境に関しては網元AMIというイメージが公開されているため、これを使えば一瞬でWordPress環境ができてしまうのだった。
網元AMIは徹底的にチューンナップされているらしく、応答も速い。もちろん管理画面上でテーマやプラグインの追加もできる。


スポンサーリンク

高速にWordPressを動作させる網元を使うべくAWSにブログを移転しました。その手順を備忘録として残します。

と、調子に乗ってWordPressをバージョンアップしたらログインできなくなったよ…
せっかくチューンナップされていたものを一瞬で破壊しちゃったよ。


スポンサーリンク

関連記事

AWSでシステムトレード
Google App EngineでWordPress
iPhoneをSSHクライアントとして使う
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Mean Stack開発の最初の一歩
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
布のモデリング
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
ROMOハッカソンに行ってきた
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
UnityでLight Shaftを表現する
ZScript
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenGVの用語
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Unityで学ぶC#
Unityの薄い本
WordPress on Windows Azure
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Raspberry Pi
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ブログをAWSからwpXへ移行
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード

コメント