HackerスペースとMakerスペース

何となくモヤモヤしてたところで、こんな記事を見つけた。↓

ハッカースペースか、Makerスペースか、TechShopか、FabLabか?

最初に言っておこう。「ハッカースペース」と「Makerスペース」を区別している人は、実情に詳しい人の間でも、ほとんどいない。実を言うと、その人たちは、たいていハッカースペースに属している。私がこの2つの区別を付けようと考えた理由は、これらの名前の背景にあるコンセプトと表していることが、私の中で大きく離れていったからだ。


スポンサーリンク


この記事によると、似ているようで指向が違うHackerスペースとMakerスペースというものがあるようだ。
2つのコンセプトをまとめると、

Hackerspace

プログラマー(ハッカー)の集まりから始まった。電子回路の設計製作など、興味の赴くままに物理的プロトタイプを行うようになり、「ハッカー」や「ハッキング」という言葉の定義が、物理的な物も対象にするようになった。ハードウェアの作り変え、電子部品の工作、プログラミングが主。既存のものを作りかえる(ハックする)場。
結果として、コミュニティが集産主義とつながる傾向にあり、意志決定に民主的方法をとるようになる。


スポンサーリンク

Makerspace

2011年の初頭にDaleとMAKE Magazineが「デザインや工作のために誰もが利用できる場所」という意味でmakerspace.comという言葉を使い始めた。誰でも、いつでも、ほぼあらゆる材料を使って、既存のものを作り変えるのではなく、なんでも一から作れる場。

今流行っているMakers的なものはやっぱりMakerspace寄りな話みたい。自分なりに解釈すると、Makerspaceは既存のもののカスタマイズ(延長)ではなく、新しい用途・価値を生み出す場という意味だと思う。Hackerspaceはあくまで既存のものの延長、あるいは手を加える手段そのものを楽しむ場なんじゃないかな。
そして、アメリカにはMakerspaceを運営する団体が存在する。有名なのはTechShopFabLab

TechShopは、2006年にカリフォルニア州メンローパークに創設された営利目的のスペースチェーン。有料会員にハイエンドな工作機械を提供している。木工、機械工作、溶接、切断、CNC加工などの設備が揃っている。

FabLabは、2005年頃にMIT Media LabのCenter for Bits and Atoms所長とNeil Gershenfeldが立ち上げたスペースのネットワーク。元はMITで開かれていたHow to Make (Almost) Anythingという講義。FabLabの原則は、初心者でも工作機械の使い方や工学、デザインの簡単なレクチャーを受ければ、作りたいものが作れるようになるというもの。
FabLabには規格が定められている。


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
仮面ライダーあつめ
2017年 観に行った映画振り返り
10月の振り返り
手を動かしながら学ぶデータマイニング
偏愛マップ
2018年の振り返り
ハードルの下げ方を学べば続けられる
3月の振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する
2018年10月~11月 振り返り
スクラッチとマッシュアップ
Arduinoで人感センサーを使う
2016年の振り返り
なりきり玩具と未来のガジェット
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
エニアグラム
PowerPointによるプレゼン
CEDEC 2日目
全脳アーキテクチャ勉強会
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
顔のモデリング
生物の骨格
韓国のヒーロー
PCの自作
ブログをWordpressに引っ越して1周年
大人の知識で玩具の改造
4月の振り返り
2018年4月〜5月 振り返り
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
7月の振り返り
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
過程を晒す
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
ミニ四駆で電子工作
11月の振り返り
趣味でCEDECに来ている者だ
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
文章を書く時の相手との距離感
動画配信ぐらい当たり前の時代

コメント