HackerスペースとMakerスペース

何となくモヤモヤしてたところで、こんな記事を見つけた。↓

ハッカースペースか、Makerスペースか、TechShopか、FabLabか?

最初に言っておこう。「ハッカースペース」と「Makerスペース」を区別している人は、実情に詳しい人の間でも、ほとんどいない。実を言うと、その人たちは、たいていハッカースペースに属している。私がこの2つの区別を付けようと考えた理由は、これらの名前の背景にあるコンセプトと表していることが、私の中で大きく離れていったからだ。


スポンサーリンク


この記事によると、似ているようで指向が違うHackerスペースとMakerスペースというものがあるようだ。
2つのコンセプトをまとめると、

Hackerspace

プログラマー(ハッカー)の集まりから始まった。電子回路の設計製作など、興味の赴くままに物理的プロトタイプを行うようになり、「ハッカー」や「ハッキング」という言葉の定義が、物理的な物も対象にするようになった。ハードウェアの作り変え、電子部品の工作、プログラミングが主。既存のものを作りかえる(ハックする)場。
結果として、コミュニティが集産主義とつながる傾向にあり、意志決定に民主的方法をとるようになる。


スポンサーリンク

Makerspace

2011年の初頭にDaleとMAKE Magazineが「デザインや工作のために誰もが利用できる場所」という意味でmakerspace.comという言葉を使い始めた。誰でも、いつでも、ほぼあらゆる材料を使って、既存のものを作り変えるのではなく、なんでも一から作れる場。

今流行っているMakers的なものはやっぱりMakerspace寄りな話みたい。自分なりに解釈すると、Makerspaceは既存のもののカスタマイズ(延長)ではなく、新しい用途・価値を生み出す場という意味だと思う。Hackerspaceはあくまで既存のものの延長、あるいは手を加える手段そのものを楽しむ場なんじゃないかな。
そして、アメリカにはMakerspaceを運営する団体が存在する。有名なのはTechShopFabLab

TechShopは、2006年にカリフォルニア州メンローパークに創設された営利目的のスペースチェーン。有料会員にハイエンドな工作機械を提供している。木工、機械工作、溶接、切断、CNC加工などの設備が揃っている。

FabLabは、2005年頃にMIT Media LabのCenter for Bits and Atoms所長とNeil Gershenfeldが立ち上げたスペースのネットワーク。元はMITで開かれていたHow to Make (Almost) Anythingという講義。FabLabの原則は、初心者でも工作機械の使い方や工学、デザインの簡単なレクチャーを受ければ、作りたいものが作れるようになるというもの。
FabLabには規格が定められている。


スポンサーリンク

関連記事

2022年2月 振り返り
2022年5月 振り返り
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
こんなところで身体を壊している場合じゃない
2020年10月 振り返り
2023年9月 振り返り
感じたことを言語化する
企画とエンジニア 時間感覚の違い
豆腐みたいな付箋
Arduinoで人感センサーを使う
2019年1月~2月 振り返り
2020年9月 振り返り
2021年11月 振り返り
1週間のサイクル
2017年5月 振り返り
エニアグラム
2020年7月 振り返り
仮面ライダーバトライド・ウォー
ReadCube:文献管理ツール
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
PCの自作
機械学習での「回帰」とは?
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
言葉が支配する世界
2017年3月 振り返り
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
成果を待てない長学歴化の時代
2022年1月 振り返り
ミニ四駆で電子工作
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
2017年の振り返り
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
モータードライバ
ubuntuでサーバー作るよ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
瞬発力の時代

コメント