HackerスペースとMakerスペース

何となくモヤモヤしてたところで、こんな記事を見つけた。↓

ハッカースペースか、Makerスペースか、TechShopか、FabLabか?

最初に言っておこう。「ハッカースペース」と「Makerスペース」を区別している人は、実情に詳しい人の間でも、ほとんどいない。実を言うと、その人たちは、たいていハッカースペースに属している。私がこの2つの区別を付けようと考えた理由は、これらの名前の背景にあるコンセプトと表していることが、私の中で大きく離れていったからだ。


スポンサーリンク


この記事によると、似ているようで指向が違うHackerスペースとMakerスペースというものがあるようだ。
2つのコンセプトをまとめると、

Hackerspace

プログラマー(ハッカー)の集まりから始まった。電子回路の設計製作など、興味の赴くままに物理的プロトタイプを行うようになり、「ハッカー」や「ハッキング」という言葉の定義が、物理的な物も対象にするようになった。ハードウェアの作り変え、電子部品の工作、プログラミングが主。既存のものを作りかえる(ハックする)場。
結果として、コミュニティが集産主義とつながる傾向にあり、意志決定に民主的方法をとるようになる。


スポンサーリンク

Makerspace

2011年の初頭にDaleとMAKE Magazineが「デザインや工作のために誰もが利用できる場所」という意味でmakerspace.comという言葉を使い始めた。誰でも、いつでも、ほぼあらゆる材料を使って、既存のものを作り変えるのではなく、なんでも一から作れる場。

今流行っているMakers的なものはやっぱりMakerspace寄りな話みたい。自分なりに解釈すると、Makerspaceは既存のもののカスタマイズ(延長)ではなく、新しい用途・価値を生み出す場という意味だと思う。Hackerspaceはあくまで既存のものの延長、あるいは手を加える手段そのものを楽しむ場なんじゃないかな。
そして、アメリカにはMakerspaceを運営する団体が存在する。有名なのはTechShopFabLab

TechShopは、2006年にカリフォルニア州メンローパークに創設された営利目的のスペースチェーン。有料会員にハイエンドな工作機械を提供している。木工、機械工作、溶接、切断、CNC加工などの設備が揃っている。

FabLabは、2005年頃にMIT Media LabのCenter for Bits and Atoms所長とNeil Gershenfeldが立ち上げたスペースのネットワーク。元はMITで開かれていたHow to Make (Almost) Anythingという講義。FabLabの原則は、初心者でも工作機械の使い方や工学、デザインの簡単なレクチャーを受ければ、作りたいものが作れるようになるというもの。
FabLabには規格が定められている。


スポンサーリンク

関連記事

Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
2021年2月 振り返り
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
2018年10月~11月 振り返り
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
インターフェイスは世界を規定する
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
映像ビジネスの未来
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
クライマックスヒーローズ
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
なりきり玩具と未来のガジェット
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
かっこいい大人にはなれなかったけど
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
ガメラ生誕50周年
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
研究者のための英文校正業者比較サイト
豆腐みたいな付箋
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
iPhone5S → iPhone6S
こんなところで身体を壊している場合じゃない
進撃のタカラトミー
2020年7月 振り返り
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
2017年 観に行った映画振り返り
マイケル・ベイの動画の感覚
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
「うぶんちゅ!」
ほっこり日常まんが
2015年の振り返り
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
カメラ付きの空飛ぶリストバンドで自撮りする発明(ウェアラブル・ドローン)
あの頃で止まった時間
エニアグラム

コメント