機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
マイケル・ベイの動画の感覚
CEDEC 2日目
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
天体写真の3D動画
ニューラルネットワークで画像分類
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
東京オリンピックと案内表示
Arduinoで人感センサーを使う
甲虫の色とか
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
iPhoneをエレキギターのアンプにする
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
ほっこり日常まんが
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
エニアグラム
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
Raspberry Pi
ドットインストールのWordPress入門レッスン
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
PowerPointによるプレゼン
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
豆腐みたいな付箋
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント